- トップメニュー|検索

横浜市資源循環局

  1. ホーム
  2. 事業者の方へ
  3. 産業廃棄物
  4. 排出事業者

 【事業者の皆様へ】(注意喚起)スプレー缶の処理方法について

 先般、スプレー缶等の廃エアゾール製品の処理に伴い放出された可燃性ガスが原因と思われる爆発及び火災事故が発生しました。
 
廃棄物処理法では、産業廃棄物は、事業者が種類ごとに収集運搬業者や処分業者と契約を締結して、責任を持って処理・処分を行うものと定められています。
 
スプレー缶等の廃エアゾール製品の処理については、()日本エアゾール協会等関係十団体からなる「エアゾール製品処理対策協議会」が、事故の発生を防止するための留意事項として「事業者によるエアゾール製品の安全廃棄処理指針」を取りまとめていますので、参考にしてください。
 
また、契約している処理業者に排出方法等をご確認いただき、事前にガス抜き等の処理が必要であれば、上記指針をご参考のうえ、安全に配慮して作業を進めていただきますよう、お願いいたします。

【参考】

廃棄物処理事業における爆発事故防止対策の徹底について(環境省通知・処理指針)

●ご家庭からスプレー缶を排出する場合は、こちらをご覧ください。