- トップメニュー|検索

瀬谷区

  • ホーム
  • サイトマップ

瀬谷区の民話と昔話 第一話:石になったお比丘(びく)さん


第一話:石になったお比丘(びく)さんのタイトル民話と昔話の目次へもどる

イラスト

今からおよそ千三百年くらいむかし。武蔵(むさし)と相模(さがみ)の国境(くにざかい) にある上瀬谷(かみせや)は、あちらの山すそにぽつんと一軒、こちらの川のほとりにぽ つんと一軒と家もまばらな所でした。
あるとき、この里へひとりの尼さんがやってきました。
尼さんは名を明光比丘尼(みょうこうびくに)といい、小さな庵(いおり)に住んで毎日仏さま にお仕えしていました。里の人が仕事に疲れたり、 悩みごとがあると、いつも仏さまの教えをといて聞かせては人々をなぐさめていました。
里の人たちからお比丘(びく)さんと親しまれている明光比丘尼は、病があるのか、話しながらよく苦しそうに咳きこんでいました。ほっそりと色の白いお比丘さんのそんなようすを心配して、人々は食べ物を届けたり、好きなお茶を煎(せん)じてあげたりしました。
そのころは、お茶がまだ珍しく、薬として用いられていたのです。
ある日のこと、いつものように里の人たちが庵(いおり)を訪ねると、お比丘さんの姿が見えません。 庵の中にはお比丘さんが朝夕、仏さまにお経をあげる時に座っていた敷物 があり、その上に、墨染(すみぞめ)の衣をかけた大きな石が一つあるだけでした。いったいこれはどうしたことかと驚いた里の人たちも、やがて、お比丘さんは石になってしまったのだ、と悟りました。それからはいつとなく、この石に願をかけると咳(せき)の病がなおるといわれ、多くの人々がお詣(まい)りするようになりました。病がなおるとお礼に竹筒にお茶を入れてお供えしたということです。

今でも妙光寺には、明光比丘尼の小さい祠(ほこら)があり、お茶の入った竹筒を見かけることがあります。
お比丘さんの石は、長津田の大石神社のご神体。大和市深見の要石(かなめいし)とともに三奇石といわれています。


↑このページの先頭へ

瀬谷区防災情報

区役所や市役所の手続き、イベント、施設等に関するお問合せや市政情報、生活情報のご案内は
横浜市コールセンター (毎日午前8時〜午後9時。
Tel 045-664-2525
Fax 045-664-2828
Eメールcallcenter@city.yokohama.jp

電話のかけ間違いにご注意ください!

瀬谷区役所の代表電話は367−5656です
資源循環局瀬谷事務所の代表電話は364−0561です



〒246-0021 横浜市瀬谷区二ツ橋町190
瀬谷区 区政推進課 - 2010年12月20日更新
問合せ - se-homepage@city.yokohama.jp - 電話: 045-367-5656(代表電話番号)
©1999-2010 City of Yokohama. All rights reserved.