- トップメニュー|検索
横浜市選挙管理委員会マスコットキャラクター「イコットちゃん」
選挙のしくみを調べに行こう
選挙の基本・選挙の原則
選挙の種類
選挙権と被選挙権
投票の方法
その他の投票
開票の仕組み
さあ、投票に行こう
  
ホーム 選挙へ行こう U-18 投票日に投票所へ行けない場合 事業紹介 選挙の図書館
キッズページ 明るい選挙 選管事務局 各区問い合わせ一覧 サイトマップ リンク集
ホーム > 選挙へ行こう > 選挙のしくみを調べに行こう

選挙のしくみを調べに行こう
こんにちは、横浜市選挙管理委員会です。

選挙管理委員会をご存知でしたか?
 選挙が公正かつ適正におこなわれるように事務を管理をしているところです。選挙のときにだけでなく、普段から選挙人名簿を管理したり、政治意識を高め、選挙の重要性をPRしたりしています。
 選挙期間中は、立候補者の受付事務をはじめ、投票所を管理・運営し、投票事務、開票事務をおこなうなどの仕事をしています。
シンボルマーク・コピー
選挙をイメージするとどうなるだろう? どんなコピーで呼びかけたら有権者のハートに届くだろう?
 こんな想いから、昭和59(1984)年、横浜市選挙管理委員会はシンボルマークとコピーの募集をおこないました。
 バス、地下鉄の車内にポスターを張り出し、「広報よこはま」選挙特集を作って全世帯に配布しました。その結果、シンボルマークには512点・364人、コピーには1,541点・1,109人の応募がありました。
  シンボルマークは専門家による第1次審査を経て優秀作6点を選び、最優秀作品を市民の投票で決定することにしました。市内の駅、デパート、スーパー、銀行、郵便局などに投票箱を設置し、投票を呼びかけました。そして、投票総数7万票以上の市民参加を得て、選定されたのがこのマークです。
せんきょにイコット!「イコットちゃん」
 昭和63(1988)年、選挙を親しみのあるものにするために、啓発用マスコットを制作し、これにふさわしい愛称を広く市民から募集しました。公募に対して約2,000点の案が寄せられ「イコットちゃん」が最優秀として選ばれました。
 「イコットちゃん」は灯台。港町・横浜の明日を明るく照らす、選挙と民主主義のマスコットです。
  お披露目は平成元(1989)年1月の中区市議補欠選挙でした。以後、「イコットちゃん」は、ぬいぐるみ、ビニール製の大型人形、印刷物へのイラストなどにより市民の前に登場しています。

前のページへ TOPページへ 次のページへ


横浜市選挙管理委員会
ホーム選挙へ行こう!U-18投票日に投票所へ行けない場合事業紹介選挙の図書館
キッズページ明るい選挙選管事務局各区問い合わせ一覧サイトマップリンク集
横浜市トップメニュー

横浜市選挙管理委員会 - 2003年7月8日作成 - 2003年7月8日更新
ご意見・問合せ: sk-web@city.yokohama.jp  電話: 045-671-3335〜7  FAX: 045-681-6479
©2000-2012 City of Yokohama. All rights reserved.