- トップメニュー|検索
イメージ
長期ビジョンの策定

基本構想イメージ図

横浜市基本構想(長期ビジョン)全文

横浜市基本構想(長期ビジョン)概要版(PDF形式4.72MB)

ペーパークラフト【飛行機】(PDF形式277KB)

 〜横浜市基本構想(長期ビジョン)とは〜
  • 市民全体で共有する横浜市の将来像であり、その実現に向けて、横浜市を支えるすべての個人や団体、企業、行政などが、課題を共有しながら取り組んでいくための基本的な指針となるものです。
  • 横浜市が人口減少時代に突入する21世紀最初の四半世紀(概ね2025年頃、現在から約20年間)を展望し、横浜市の目指すべき都市像や、それを実現するための施策の基本方向などを規定します。
  • 横浜市の行政計画は、この長期ビジョンの理念に基づき策定されます。横浜市の様々な計画の最上位に位置づけられ、横浜国際港都建設法の理念である「横浜市が日本の代表的国際港都として十分に機能を発揮する」ことに寄与する指針です。

 〜なぜ今、新しい基本構想(長期ビジョン)を策定したのか〜
  • 現在、本格的な少子高齢社会の到来社会経済の急速なグローバル化とともに、これまでの社会システムの弱体化など、大きな転換期に直面しています。
  • このように市民生活を取り巻く環境が大きく変化する中で、市民が希望を持って生活できる新しい仕組みを作り上げる必要があります。
  • また、2009年に開港150周年・市政120周年を迎えるにあたり、新しい横浜の魅力や活力を創造し、世界に広く発信するとともに、次世代の横浜が夢や希望にあふれるまちであるための礎をつくる必要があります。
    中期計画 都市経営の基本方針 運営方針 分野別方針等
ページの最初に戻る

政策局 政策部 政策課 - 2005.02.18作成 - 2014.11.28更新
ご意見・お問合せ - ss-seisaku@city.yokohama.jp - 電話 : 045-671-4326 - FAX : 
©2008-2015 City of Yokohama. All rights reserved.