- トップメニュー|検索


       「明治150年」関連の取組

 平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年に当たります。
 政府では、「明治150年」のロゴマークを作成するとともに、関連施策として、
地方自治体や民間も含めて、全国で取組を
行っています。


  明治150年ロゴ    

 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/meiji150/portal/


 


 横浜市においても、横浜発展の「原点」とも言える明治期をあらためて振り返るため、
以下のような関連事業を実施する予定です。

 

●岩倉使節団記念説明板の設置

 ・岩倉使節団の出発を記念する説明板を象の鼻地区に設置。

 

●横浜市歴史博物館での関連企画展(平成30721() 99日(日))

 ・第一会場である横浜市歴史博物館において、「戊辰期の横浜の村・地域」(仮)

  を明治維新150周年記念連携企画展「戊辰期の横浜」(仮)として開催。

 

●横浜開港資料館での関連企画展(平成30 721() 1028日(日)(仮))

 ・第二会場である横浜開港資料館において、「戊辰期の横浜居留地」(仮)を

  明治維新150周年記念連携企画展「戊辰期の横浜」(仮)として開催。

 

●旧伊藤博文金沢別邸での関連歴史講座

 ・旧伊藤博文金沢別邸において、歴史講座「『大橋新太郎と金沢』

  明治が生みはぐくんだ大実業家の史跡」を開催。(平成291016日開催済)

 ・旧伊藤博文金沢別邸において、関連歴史講座を計1〜2回開催する。

  詳細について検討中。

 

●川崎・鶴見旧東海道ウォーク

 ・川崎・鶴見 旧東海道ウォーキングイベントマップにおいて、

  明治維新関連史跡(生麦事件碑など)を紹介。

 

【民間実施】

●シンポジウム「日記からみる戊辰戦争と地域ー明治維新150年ー」
  (平成2910
14日実施済)

 ・東海大学(湘南校舎)において、戊辰戦争という歴史的事件を地域の視点から捉え直し、

  あわせて現代における地域社会のありかたを展望するシンポジウムを実施する。

  公益財団法人横浜市ふるさと歴史財団共催。

政策局政策課 - 2017年11月28日作成 - 2017年12月6日更新
ご意見・お問合せ - ss-seisaku@city.yokohama.jp - 電話 : 045-671-2197 - FAX : 045-663-4613
©2008-2015 City of Yokohama. All rights reserved.