- トップメニュー|検索


海洋都市横浜


▽イベントのお知らせ ▽記者発表資料

■2/20・21 海と産業革新コンベンション(うみコン2019) 参加登録受付中


 最新の技術や情報を共有・融合し、海洋産業の振興・活性化につなげるため、研究やビジネスに携わる人が、一堂に会する場を目指し産官学の連携組織「海洋都市横浜うみ協議会」によって開催された新しいコンベンションです。2回目となる今回は、前回以上に内容を充実し、海洋に関する企業・研究機関・大学などが集積する横浜に、技術・研究成果・情報・製品が集結します。様々な関係者との交流やビジネスのきっかけづくりに、ぜひご来場ください。

シーズの最前線と対話・交流によるイノベーション
「うみコン2019」公式Webサイト http://umi-con.com
参加登録は公式Webサイトから

日程:平成31年2月20日(水)〜21日(木)
場所:大さん橋ホール(横浜港大さん橋国際客船ターミナル内)
記者発表資料

【うみコン2018開催結果】
開催結果概要
「うみコン2018」Webサイト http://umi-con.com/2018/


■海洋に関する活動拠点「海洋都市横浜」

開港以来、港で世界と通じ、海とのつながりで発展してきた横浜。

海洋分野に関係する企業・教育機関・研究機関などが様々な活動を展開しています。

このような皆様とともに、海洋に関する活動の拠点「海洋都市横浜」を目指して取組を進めています。

海洋都市横浜リーフレットリーフレットダウンロード A hub of ocean-related activitiesリーフレット(英語版)

広報よこはま平成27年10月号で「海洋都市横浜」を特集しています


■海洋都市横浜うみ協議会

横浜市は、「中期4か年計画」において、「海洋都市横浜」として、海洋に関し、様々な分野で横断的に取り組むことを位置付けています。横浜は「海洋」に関する多くの企業・大学・研究機関・官公庁が立地する特徴があります。この特徴を生かして、教育・研究・産業など様々な活動の拠点となり、海の可能性を身近に感じることができる「海洋都市横浜」の実現を目指しています。


平成27年9月28日、産官学がこれまで以上に連携して海洋に関する取組を展開できるよう、「海洋都市横浜うみ協議会」を設立しました。
この協議会を中心に、横浜から海洋に関する活動や情報発信を進めています。
平成27年9月25日 記者発表資料

海洋都市横浜うみ協議会規約


■協議会メンバーによるイベントのお知らせ

 

過去のお知らせ

■記者発表資料

平成30年度

2018年12月3日 〜「海洋都市横浜」を目指し、企業・研究機関・大学等の対話と交流を拡大!〜うみコン2019「海と産業革新コンベンション」事前登録開始!
2018年11月8日 国の制度及び予算に関する提案・要望について(大都市制度推進課)
         横浜市から海洋政策の推進について国への提案・要望を行いました。
2018年6月1日 海の魅力を発信!「海洋都市横浜うみ博2018」開催!


平成29年度

2017年6月7日 〜〜海の魅力が満載 4隻の船が共演〜〜 「海洋都市横浜うみ博2017」開催!

2017年6月9日 〜「海洋都市横浜」を目指し、海洋に関する企業や大学等の交流を拡大!〜 「スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナーin Yokohama」を初開催します。

2017年8月7日 "「横浜うみ博」に21,000人が来場!〜子どもから大人まで、海の多彩な魅力を体感〜"

2017年9月14日 国立研究開発法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)と横浜市が「地域活性化に関する包括連携協定」を締結

平成28年度

2016年6月15日 〜海を知り・触れ・学び・楽しむ〜 「海洋都市横浜うみ博」初開催!

2016年7月25日 「横浜うみ博」初開催で12,000人が来場! 〜「海洋都市横浜うみ協議会」が大きく船出〜

2016年11月30日 “海洋都市”を目指す横浜で北太平洋海洋科学機関(PICES)2018年 年次会合が開催

平成27年度

2015年9月25日 〜「海洋都市横浜」をめざして〜 「海洋都市横浜うみ協議会」を設立します


■海洋分野を中心に幅広い分野の市内企業の皆様にアンケートを実施しています

このアンケートは
 ◆海洋分野に関わりを持っている(製品・部品の納入、サービスの提供含む)市内企業の把握
 ◆海洋分野に興味を持つ(今後参入したいと考えている)市内企業の把握
 ◆海洋分野で求められている技術を持つ市内企業の把握
のために行うものです。

(※市内企業とは、横浜市内に本社・営業所・工場・研究所などのいづれかが立地する企業)

お持ちの技術やサービスが海洋分野で求められているかもしれません。
海洋産業の活性化に向けて幅広く情報収集していますので、ぜひご協力ください。


<アンケートはこちら>


■海洋都市横浜うみ博2018を開催しました

海洋都市横浜うみ博2018
海洋都市横浜うみ博2018 公式Webサイト
http://umihaku.jp


将来を担う子どもたちをはじめ、多くの市民の皆様に、横浜の魅力である「海」の多様な世界に触れていただく、「海洋都市横浜うみ博2018」を7 月21 日(土)・22(日)の2 日間にわたって開催しました。
3 回目となる今回は、深海調査の最前線で活躍する研究船や、昨年大好評いただいた、約7,000台の自動車を積載可能な巨大な自動車専用船など、普段見ることができない4隻の船の見学会に加え、海について楽しく学べるワークショップや、生き物に触れられるブース展示等、海の多様な魅力を満載し、2日間でおよそ23,000人のお客様にお越しいただきました。

日本財団 海と日本PROJECT イベントレポート

平成30年6月1日 記者発表資料 海の魅力を発信!「海洋都市横浜うみ博2018」開催!


■スコットランドとの交流

■海洋産業に関する交流ミーティング
平成30年7月4日(水)にスコットランド自治政府のフィオナ・ヒスロップ文化・観光・対外関係大臣が来日され、横浜市との間で共同声明を発表しました。共同声明の内容としては、4 つのテーマ(文化・観光、海洋産業、スポーツ、大学間交流)を掲げ、今後交流の促進と相互協力について確認しました。
共同声明の発表を受けて、当日の夕方、テーマの一つである「海洋産業」について、フィオナ・ヒスロップ大臣、小林副市長も列席する中、うみ協議会の企業、研究機関、大学を中心に、交流ミーティングを開催し、関係者間で積極的な交流が行われました。
平成30年7月4日 国際局記者発表資料 スコットランド自治政府フィオナ・ヒスロップ大臣と交流協力共同声明を行いました!

■スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナー
北海油田開発の拠点として海洋産業が盛んなイギリス・スコットランドの企業・大学が来日することに合わせて、横浜にて「ビジネス交流セミナー」を開催しました。
日時 平成29年6月27日(火) 13:30〜
場所 横浜開港記念会館

参加スコットランド企業・大学

:大学の他、電磁波探索技術、超音波可視化技術、ROVサービス、海中構造の検査やリペアー、メカパーツの設計製造などの技術を保有する企業等

セミナー詳細は チラシをご参照ください

平成29年6月9日 記者発表資料 「スコットランド企業・大学とのビジネス交流セミナーin Yokohama」を初開催します。

 


■「海に関わる仕事セミナー in 海洋都市横浜」を開催しました

日時 平成30年2月22日(木)10:30〜16:30

場所 横浜市開港記念会館

主な対象 就職希望の大学生・大学院生

現場見学会(希望制)
   <Aコース:2月27日(火)13:00〜17:00>水産研究・教育機構、JAMSTEC横須賀研究所
   <Bコース:2月27日(火)10:00〜17:00>東亜建設工業 港湾工事現場・技術研究開発センター

参加企業 海洋研究開発機構、水産研究・教育機構、IHI、横浜港埠頭、東亜建設工業、横浜八景島、三菱重工業

詳細は案内チラシをご覧ください

政策局 政策部 政策課 - 2015年9月28日作成 - 2018年12月3日更新
ご意見・お問合せ - ss-kaiyotoshi@city.yokohama.jp - 電話 : 045-671-3206 - FAX : 045-663-4613
©2008-2018 City of Yokohama. All rights reserved.