- トップメニュー|検索
 


 
〜羽田空港の機能強化・国際化に向けた取組〜

 羽田空港の国際線発着枠は、平成22年の国際化の時点では年間6万回でしたが、現在では年間9万回に拡大されています。
 横浜市では、国際ビジネス拠点の形成・海外からの観光客の誘致のために、更なる機能強化に向けた取組が必要と考えており、あらゆる機会を通じて国に働きかけています。(平成27年6月 国の制度及び予算に関する提案・要望) 



国の取組

 首都圏の国際競争力の強化や、より多くの外国人観光客を迎えることなどを目指し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、羽田空港の更なる国際化について検討を進めています。
羽田空港のこれから(外部リンク:国土交通省)

【羽田空港機能強化に関する説明会(第2フェーズ)の結果概要及び環境影響に配慮した方策の検討内容が示されました】
報道発表資料(28.4.19)(外部リンク:国土交通省)

《特設電話窓口》
 国土交通省「羽田空港のこれから」に関するご意見窓口
  
0570-00-1160
  IP電話からは03-5908-2420
  平日9:30〜18:00(土・日・祝休み)


県・横浜・川崎・相模原空港対策研究協議会

 本市は神奈川県・川崎市・相模原市とともに協議会を設置し、空港対策についての調査研究を行っています。その成果を国への要望活動や各自治体の取組などに活用しています。
県・横浜・川崎・相模原空港対策研究協議会(外部リンク:神奈川県)

 

政策局 政策部 政策課 - 2005年10月24日作成 - 2016年4月19日更新
ご意見・お問合せ - ss-seisaku@city.yokohama.jp - 電話 : 045-671-3206 - FAX : 045-663-4613
©2008-2015 City of Yokohama. All rights reserved.