- トップメニュー|検索

提案競争型公共サービス改革制度 (市場化テストの考え方の導入)

横浜市では、行政と民間が提案を競い合い、より良い公共サービスの提供を目指していくために、「提案競争型公共サービス改革制度」を導入します。

ガイドラインについて

横浜市では、市場化テスト(官民競争入札等)の考え方を導入し、行政と民間が提案を競い合い、より良い公共サービスの提供を目指していくために、「提案競争型公共サービス改革制度」を導入します。
このガイドラインは、提案競争型公共サービス改革制度の基本的な考え方を定めるものです。


【参考】市場化テストとは

 市場化テストとは、一般的に「従来は行政機関が行っていた業務について,官民双方による競争入札を実施する制度であり、競争原理を導入して、コスト削減やサービス向上を図るもの。」とされています。

 市場化テストの実施効果は、
1.公共サービスの質の向上(民間の自由な創意工夫により、きめ細やかな優れた公共サービスが提供されるようになること)、
2.公共サービスのコストの削減(民間の自由な創意工夫により、公共サービスの質を維持・向上しつつも、そのコストが削減できること)、
3.新たなビジネスチャンスの拡大、
 とされています。

 イギリスやアメリカでは、1980年代から導入され、様々な改善が行われていますが、日本でも、公共サービスの質の維持向上とコスト削減を目的として、「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律(公共サービス改革法)」が施行され、「官民競争入札」又は「民間競争入札」の仕組みが整備されました。


(一般的な市場化テストの概念図)


市場化テスト概念図

ページトップへ

共創推進室共創推進課 - 2008年4月1日作成 - 2012年1月4日更新
ご意見・お問合せ - ss-kyoso@city.yokohama.jp - 電話 : 045-671-4397 - FAX : 045-664-3501
©2006-2011 City of Yokohama. All rights reserved.