本文へジャンプ - トップメニュー|検索

共創フロント

民間事業者の皆様から公民連携に関する相談・提案をいただく窓口として、
「共創フロント」を開設しています。
いただいたご提案は、共創推進室が皆様と市役所各部署との橋渡し役となり、
実現に向けた検討や調整を行います。

共創フロント発、多くの事例が生まれています

ゼンリン事例
レジリエンスな都市を目指して
株式会社ゼンリン /
環境創造局下水道事業調整課
ポケモン事例
キャラクターの魅力で街に賑わいを
株式会社ポケモン /
文化観光局企画課
©2017 Pokemon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokemonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
イケア港北事例
サスティナブルな社会の実現に向けた協働
イケア港北 /
温暖化対策統括本部調整課・文化観光局観光振興課
共創フロントには、次の2種類の形式があります。
共創フロントの形式

提案方法は2種類あります

テーマ型共創フロント

横浜市から民間の皆様へテーマを示し、
そのテーマに対する公民連携事業の提案やアイデア等を募集する仕組みです。
募集中のテーマ

テーマ型共創フロント募集テーマについて

1)公民連携の提案及び連携事業者の募集
⇒テーマに関する公民連携の提案・アイデア及び連携事業者の両者を募集するものです。

2)公民連携の提案のみの募集
⇒横浜市が今後の事業等の方針や仕様を定めるために、テーマに関する公民連携の提案・アイデア等のみを募集するものであり、連携事業者を募集するものではありません。

上記、2種類のパターンがありますのでご注意ください。

ご提案の流れ

ご提案後は、ご提案者と共創推進課及びテーマを提示した所管部局とで対話をさせていただきます。
対話の結果、実現性があると判断させていただいたものについて、実現化・事業実施に向けた調整を進めさせていただきます。
なお、実現化にあたっては、ご提案内容や対話の結果によって、

1)ご提案に基づき、ご提案者と連携させていただく場合

2)ご提案に対して、審査・選定等を行い、連携者を選定・絞り込む場合

3)ご提案を参考にして、あらためて事業実施者を定めるために再度公募等の手続きをさせていただく場合

などの複数のパターンがありますのでご了承ください。

ご提案の方法

提案シート」に必要事項を記載のうえ、下記メールアドレスに添付ファイルでお送りください。
なお、別途企画書・資料等があれば添付してください。
送付先: ss-kyoso@city.yokohama.jp

提案シートをダウンロード

フリー型共創フロント

民間の皆様が、横浜市との公民連携を希望する事業等や
アイデア等を、テーマを問わず自由にご提案できる仕組みです。

ご提案の流れ

ご提案後は、ご提案者と共創推進課及びテーマを提示した所管部局とで対話をさせていただきます。
対話の結果、実現性があると判断させていただいたものについて、実現化・事業実施に向けた調整を進めさせていただきます。
なお、実現化にあたっては、ご提案内容や対話の結果によって、

1)ご提案に基づき、ご提案者と連携させていただく場合

2)ご提案に対して、審査・選定等を行い、連携者を選定・絞り込む場合

3)ご提案を参考にして、あらためて事業実施者を定めるために再度公募等の手続きをさせていただく場合

などの複数のパターンがありますのでご了承ください。

ご提案の方法

エントリーフォームより必要事項を記入の上送信してください。
後日担当者からご連絡いたします。

エントリーフォーム

ご提案にあたっての留意点

ご提案にあたっては、上記添付の「ご提案にあたっての留意点」の事項につきご了承頂いたものとみなしますので、ご提案者の責任のもと、必ずご確認ください。
※ 上記留意点は、一般的なものです。よって、案件によって不都合な点がある場合 は、検討をいたしますので、ご相談ください。




包括連携協定

包括連携とは、企業と横浜市が相互の連携を強化し、
特定の事業分野に限らない広範囲の分野について様々な事業を行うことを通じて、
地域の活性化や市民サービスの向上を目指す取組です。
こちらでは、共創フロントを通じて連携の提案をいただき、
包括的な協力関係を構築している企業との取組をご紹介します。

損害保険ジャパン日本興亜株式会社との連携協定(平成29年10月)

損害保険ジャパン日本興亜株式会社、横浜市は相互に連携を強化し、地域活性化に関する包括連携協定を締結しました。
⇒ 横浜市と損害保険ジャパン日本興亜株式会社との連携協定のページ

ディー・エヌ・エー、横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムとの連携協定(平成29年3月)

株式会社ディー・エヌ・エー、株式会社横浜DeNAベイスターズ、株式会社横浜スタジアム(以下「DeNAグループ」)、横浜市は相互の連携を強化し、スポーツの振興と地域経済活性化等に関する包括連携協定を締結しました。
⇒ 横浜市とディー・エヌ・エー、横浜DeNAベイスターズ、横浜スタジアムとの連携協定の資料

日本KFCホールディングス株式会社との連携協定(平成29年3月)

横浜市と日本KFCホールディングス株式会社は、観光振興や食育、こども・青少年育成等の分野において、相互に連携を強化し、横浜における市民サービスの向上を目的として、「地域活性化に関する包括連携協定」を平成29年3月7日に締結しました。
⇒ 横浜市と日本KFCホールディングス株式会社との連携協定のページ

佐川急便株式会社との連携協定(平成28年8月)

横浜市と佐川急便株式会社は、障害者支援や地域防災等の分野において、相互に連携を強化し、横浜における市民サービスの向上を目的として、「地域活性化に関する包括連携協定」を平成28年8月22日に締結しました。
⇒ 横浜市と佐川急便株式会社との連携協定のページ

株式会社JVCケンウッドとの連携協定(平成26年8月)

横浜市と株式会社JVCケンウッドは、子育て支援や教育、シティプロモーションなどの分野において、相互に連携を強化し、横浜における市民サービスの向上を目的として、「地域活性化に関する包括連携協定」を平成26年8月20日に締結しました。
⇒ 横浜市と株式会社JVCケンウッドとの連携協定のページ

株式会社日立製作所との連携協定(平成25年7月)

横浜市と、株式会社日立製作所は、国際技術協力と地域貢献活動の両分野を柱とした、「連携協定」を平成25年7月31日に締結しました。
⇒ 横浜市と株式会社日立製作所との連携協定の資料

株式会社伊藤園との連携協定(平成24年11月)

横浜市と、株式会社伊藤園は、キャリア支援や環境保全、防災、食育などの分野において、相互に連携を強化し、横浜における市民サービスの向上を目的として、「地域活性化に関する包括連携協定」を平成24年11月28日に締結しました。
⇒ 横浜市と株式会社伊藤園との連携協定のページ

セブン&アイグループ3社との連携協定(平成24年6月)

横浜市と、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社イトーヨーカ堂、株式会社そごう・西武は、地産地消や食育、安全で安心な地域社会の実現、観光振興、地域環境の保全などの分野において、相互の連携を強化し、横浜における市民サービスの向上を目的として、「地域活性化包括連携協定」を平成24年6月14日に締結しました。
※本市とセブン・イレブン-ジャパンは平成21年2月19日に包括連携協定を締結後、協力関係を積み重ねてきましたが、さらなる関係強化を図るため、協定の主体や内容を拡大し、新たに協定を締結しました。
⇒ 横浜市とセブン&アイグループ3社との連携協定のページ

イオン株式会社との連携協定(平成24年5月)

横浜市と、イオン株式会社は、環境保全、子育て支援、健康づくりなど10分野において、相互の連携を強化し、横浜における市民サービスの向上と地域の一層の活性化に資する「包括連携協定」を平成24年5月9日に締結しました。
⇒ 横浜市とイオン株式会社との連携協定のページ

市内読売会、株式会社読売新聞東京本社販売局との協力協定(平成22年11月)

横浜市と、市内の読売新聞販売店の集合体である横浜北部読売会、横浜東部読売会、横浜西部読売会と、株式会社読売新聞東京本社販売局は、横浜市読売会が行う福祉、環境、教育等の地域貢献活動についての協力協定を平成22年11月1日に締結しました。
⇒ 横浜市と市内読売会、株式会社読売新聞東京本社販売局との協力協定のページ

株式会社ローソンとの協力協定(平成21年5月)

横浜市と、株式会社ローソンは、環境保全、地球温暖化対策の取組、子ども、青少年の育成支援、地域の安全・安心の確保に関する取組などにおいて相互の連携を強化し、横浜市内における地域の一層の活性化に資する「包括連携協定」を、平成21年5月21日に締結しました。
⇒ 横浜市と株式会社ローソンとの協力協定のページ
共創メールニュース 横浜市共創推進室 公式twitter
共創推進室  -  2017年08月24日 作成 -  2017年12月14日 更新
ご意見・お問い合わせ -  ss-kyoso@city.yokohama.jp -  電話 : 045-671-4391 -  FAX : 045-664-3501
©2006-2017 City of Yokohama. All rights reserved.