本文へジャンプ - トップメニュー|検索
共創推進室

政策局 > 共創推進室 > 00 共創フォーラム > 共創オープンフォーラム 「ICT利活用と、公民連携による課題解決、地域活性化の可能性」(3/24)

共創フォーラム

共創オープンフォーラム 「ICT利活用と、公民連携による課題解決、地域活性化の可能性」(3/24)

ICT利活用と、公民連携による課題解決、地域活性化の可能性


 ※※※本フォーラムは、終了いたしました。ありがとうございました。※※※


【開催主旨】

 横浜市では、市民や企業など、公民連携の様々な担い手の皆様との対話を進め、それぞれが持つ資源やノウハウを活用し、社会的課題、行政課題の解決を目指す「共創(公民連携)」の取組を進めており、そうした対話の具体的な場として「共創オープンフォーラム」を開催しています。

 特に最近は、ICTを活用し、行政課題や地域課題の解決につなげる連携事例が出てきたり(救命処置ゴミ分別啓発のアプリ開発など)、地域課題解決のサポートをICTプラットフォームを通じて行う事例(LOCAL GOOD YOKOHAMAなど)も出てきています。

 横浜市は、オープンデータ推進の取組みの中で、市が公開したデータを活用し、多様な主体が参加して実施するアイデアソン、ハッカソンなどの場で、課題の発見・解決につなげようと図っていますが、今回のフォーラムでは、ICTの活用を通じ、公民連携による行政課題や地域課題の解決、地域活性化の可能性について議論し、今後のさらなる発展の方向性について議論します。

 なお、同日、アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!(ヨコハマアップス)」の表彰式も行います。

 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

◎参加申込はこちら
 【※インターネットによる事前申込は、3/23(月)12:00をもって終了しました。】【※事前申込なしで、当日参加可能です。お名刺をご用意ください。】

 ※※※本フォーラムは、終了いたしました。ありがとうございました。※※※


≪共創オープンフォーラム概要≫
■日時
 2015年3月24日(火)
  13:30-17:30(開場:13:00)
■場所
 ランドマークホール ランドマークプラザ5F
 http://www.yokohama-landmark.jp/web/access/
■テーマ
 ICT利活用と、公民連携による課題解決、地域活性化の可能性
■参加費
 無料(定員:200名)

■プログラム
13:00〜 開場・受付
13:30〜 
 主催者挨拶・説明 
14:00〜 基調講演1「シビックテックで、共に考え、共に創る社会
 Code for Japan代表理事
 合同会社Georepublic Japan代表社員
 関 治之 氏 (略歴はこちら
14:40〜 基調講演2「LOCAL GOOD YOKOHAMA(仮題)」
 NPO法人横浜コミュニテイデザイン・ラボ代表理事
 ヨコハマ経済新聞編集長
 杉浦 裕樹 氏 (略歴はこちら
15:15〜 YOKOHAMA Ups!表彰式
15:55〜 パネルディスカッション
 <モデレータ>
 杉浦 裕樹 氏
 <パネリスト(順不同)>
 (1)関 治之 氏
 (2)廻 健二郎 氏
   デジタルハリウッド(株)取締役COO
 (3)吉永 隆一 氏
   (株)パソナテック代表取締役社長
 (4)長谷川 孝
   横浜市政策局担当理事
17:30 閉会

※閉会後、同会場にて交流会(希望制・有料、1,000円/人)を行います。


===
■登壇者プロフィール

関 治之 氏

Code for Japan代表理事
合同会社Georepublic Japan代表社員

大手ソフトハウスでの金融系システム構築などを経て、2009年に「Georepublic Japan」社を設立。2011年の東日本大震災の後、震災復興を支援するために立ち上げられた復興支援サイト「sinsai.info」の総責任者に。米国でエンジニアが自治体の効率化に協力する「Code for America」の活動に触発され、2013年に「Code for Japan」を設立。
---
Code for Japan
市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するためのアイディアを考え、テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営を支援していく非営利団体です。


杉浦 裕樹 氏

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事
ヨコハマ経済新聞編集長

2003年にまちづくり・地域情報化に取り組むNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」を設立。2004年に「ヨコハマ経済新聞」創刊。2013年にアクセンチュア社のCSRによる支援を受けてクラウドファンディング・スキルマッチング機能を備えた地域課題解決WEBプラットフォーム「LOCALGOOD YOKOHAMA」を開設。ICTを活用し地域資源を”つなぐ”活動に取り組んでいる。



===
○問合せ
 横浜市政策局共創推進室フォーラム担当
 E-mail ss-forum@city.yokohama.jp
 TEL045-671-4397



<画像クリックでチラシがご覧いただけます(PDF)>

共創フロント

共創フォーラム

アカウント運用ポリシー

共創フォーラムの概要

行政と民間の交流の場を創出することで
1. 異なる視点、異なる価値観から革新的なアイデアを生みだします。

2. 相互理解の上で社会的課題を 議論し、解決策を導き出します。

このマークがついているコンテンツはAdobe Readerに最適化されています。

ご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。
Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。以下のサイトにてご用意ください。
 最新版をダウンロード(無償)
共創推進室共創推進課  -  2015年3月12日 作成 -  2015年3月25日 更新
ご意見・お問い合わせ -  ss-forum@city.yokohama.jp -  電話 : 045-671-4397 -  FAX : 045-664-3501
©2006-2015 City of Yokohama. All rights reserved.