- トップメニュー|検索
政策局

男女共同参画社会とは

男女共同参画社会とは?

 男性も女性もすべての個人が、互いにその人権を尊重し、喜びも責任も分かち合い、性別にかかわりなく、その個性を発揮できる社会が男女共同参画社会です。
 「女だから」「男だから」という固定化された意識や慣行にとらわれることなく、自分の意思によって職域、学校に参加でき、男女が共に協力しあう男女共同参画社会の実現は、21世紀の我が国、社会を決定する最重要課題と言われています。

男女共同参画社会基本法(平成11年制定)

 第2条では、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会にあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」としています。

まず、身近なことから始めてみませんか。

 「女だから」、「男だから」という理由だけで、自分がしたいことができなかったり、生き方が決め付けられたりすることはありませんか?誰もが、自分の意思でやりたいことができ、男性も女性もその持てる個性と能力が発揮でき、充実した生活を送りたいものです。
 男女共同参画社会を実現するためには、市民一人ひとりが、このことについて考え、実際に行動に移していくことが大切です。男女がいきいきと暮らせる街“横浜”について、身近なことから見直してみませんか。