- トップメニュー|検索
読み上げ・拡大  
トップ >>サイドメニュー >>尾仲区長の「栄区なう」 >>第249回長野県栄村紀行記(まとめ)

長野県栄村紀行記(まとめ)

  

平成24年11月2日 尾仲 富士夫   


 

 今回、栄村を訪問し、栄区と栄村のつながりを深めていくことについて、考えてみました。まず、改めてですが、栄村の誇る魅力ですが、栄区では絶対に味わえない自然の壮大さ、また、山々が育んだ水によるおいしい食べ物、肌に優しい温泉、そして、何よりも口数は少ないのですが、心温かい村民の皆様です。

 こうした、魅力を、栄区が交流の中で享受し、結果として栄村の発展につなげられれば、こんなにうれしいことはありません。

 村民の皆様とこんなお話しをしました。

 「栄村の特産品、例えば、お米などを通信販売で全国から購入できるようにしたらどうですか?」に対し、「農家の方々は、作れる量に限界があるので、売り切れたり、お買い求め分を作れなかったら、迷惑をかけてしまう。」。また、ペットと泊まれる宿がほとんどないため「ペットと一緒に来られるよう、ペットと宿泊可能な施設を増やしたら?」に対し、「ペットを家の中に入れる習慣がほとんどない。」。

 また、以前の合併ブームでも、栄村は、周りと一緒になりませんでした。決して、独立心旺盛という感じはしないのですが。

 この穏やかな保守的気質が、栄村の風土だと思います。この風土が、私たちにぬくもりや心のふるさとを感じさせてくれます。そして、栄村のファンを生んでいるのでしょう。マーケティング、販路拡大など商業主義に走らず、いつまでも、栄村らしさを守っていくことが何よりも大切なのだと思います。

 何か、人として、地域としての暮らしの原点を学んだような感じがします。

 栄区民の皆様へ。ぜひ、栄村へ観光で訪ねて行って下さい。また、特産品など購入してください。道の駅などの店舗へ連絡すれば、宅配便で購入も可能です。そして、栄村のファンとして、自分たちでできることをやっていきましょう。それが、栄村らしく、栄区らしい交流かもしれません。

 これからも、交流を深めていきたいと思っています。区民の皆様、そして、栄村の村民の皆様、どうぞよろしくお願いします。


栄村交流通信の発行を始めました。(こちら

 

  

 

 

 

Eメール:sa-kocho@city.yokohama.jp


【このページの先頭にもどる】
横浜市 栄区 総務部区政推進課 広報相談係
Eメール:sa-kusei@city.yokohama.jp  - 電話:045-894-8335  Fax:045-894-9127 
2012.10.24作成 2012.11.2更新
©2010-2011 City of Yokohama, Sakae Ward Office. All rights reserved.