- トップメニュー|検索
読み上げ・拡大  
トップ >>分野別ガイド >>まちづくり >>さかえの魅力発見

さかえの魅力発見ツアープランニング





 


 栄区では、豊かな自然をはじめとした栄区の魅力資源を発掘・活用し、区民の皆様や企業の皆様とともに、賑わいのあるまちづくりを目指す事業に取り組んできました。

 

■公開プレゼンテーションを開催しました

 12月から3回のワークショップを通して市民の皆様が作り上げた、「栄区で幸せになれる人のツアープラン」公開プレゼンテーションを開催しました。

 ◆日   時:平成30年2月3日(土)13:00〜15:00

 ◆発表者数:18名

 ◆一般観覧者数:18名

 ◆会   場:栄区役所新館4階・8号会議室

  • プレゼンテーションについて

 プレゼンテーションはポスターセッション形式で実施。5グループそれぞれが、栄区の魅力がつまった、個性あふれるツアーを提案してくださいました。
 会場は和気あいあい、各地で拍手や笑い声があがりました。

 発表の様子1 発表の様子1 いいね!付箋

 左:発表の様子(皆さん夢中で説明してくださいました)

 中:発表の様子(小山内区長も前のめりで聴いています)

 右:プレゼンテーションの感想や「いいね!」の気持ちは付箋で

 

チーム名 イーフォー チームバンブー チームパイスケ
ツアー名 再チャレンジ元気回復空き家見学ツアー
〜地域で活動したい人が一歩踏み出せるようなまち 栄区〜
インクルーシブツアー in 栄
〜バッハと蛍と栄区民音頭と〜
蛍と都会を結ぶ街
〜仕事・子育て・自然を楽しみライフワークバランスを保つことが出来る町、栄〜
ポスター
チーム名 TRIPLE☆太郎  ふわふわイタッチー
ツアー名 栄の「しごと」の種(シーズ)、発見・探索ツアー  いつかはここに住みたい栄区
ほっこり・つながり・ものがたり
自然を感じ 人のぬくもりに ふれる旅
ポスター
  • アンケート結果
  よかった
5

4
ふ つ う
3

2
よくなかった
1
ワークショップ参加者 9 6 0 0 0
一般観覧者 6 2 0 0 0

 ワークショップ参加者コメント
  今まで栄区に住んでいたけれど、日々の生活では見つけられなかった小さな、けれどすてきな栄区の魅力を発見することができました!
  今回考えたツアーも自分達で実施していきたいと思います!

 一般観覧者コメント
  栄区に越してきて5年。なんとなく住みやすいまちと感じていたが、今回栄区の魅力を知ることができて楽しかったです。
  ありがとうございました。

 

■栄の魅力アンケートの集計結果

  11月の栄区民まつりで、来場者の皆様に「栄の魅力」について、アンケートを実施しました。ヒト、モノ、場所、未来の可能性など、さまざまなご意見が寄せられました。
  その集計結果をお知らせします。


  ■調査実施年月日:平成29年11月11日(土)10:00〜15:00

  ■調査実施場所  :栄区民まつり(本郷中学校)

  ■来場者数    :50,000人

  ■アンケート回答者数:168人

 

1 栄区の魅力資源(意見総数:673件)

栄の魅力グラフ

 ≪その他意見(主なもの)≫

  ◆既存の魅力資源

   ・鎌倉に近い(11件)       ・あーすぷらざ(9件)        ・住みやすい(6件)

   ・イベントが多い(10件)     ・ボランティア活動が盛ん(7件) ・区長(6件)

   ・セーフコミュニティ(9件)   ・上郷・森の家(7件)

   ・元気な高齢者が多い(9件) ・学校の先生(7件)

  ◆未来に期待すること

   ・本郷台駅前の開発(11件)    ・横浜環状南線(5件) ・大船駅周辺再開発(3件)

   ・自然・緑を残す、増やす(11件) ・中学校給食(4件)   ・世代間交流(3件)

 

2 回答者 ※グラフは無回答のものを除いて作成しました。

回答者グラフ

集計結果の印刷用ダウンロード(PDF:97KB)

 

■ワークショップを開催しました

  • 第3回ワークショップ

  日   時:平成30年1月13日(土)10時〜15時00分

  参加人数:17名

  内   容:栄区で「幸せになれる人」の物語を辿るツアー企画

 

 ツアーを考えるグループワークの様子 中間発表の様子 ポスター作成の様子

 左:栄区で「幸せになれる人」の物語を辿るツアーのタイトルや巡るスポットの紹介、タイムスケジュールを考えました

 中:ツアーの内容を中間発表

 右:「公開プレゼンテーションに向けてポスターを作成

 

  • 第2回ワークショップ

  日   時:平成29年12月17日(日)10時〜14時30分

  講   師:河井 孝仁氏(東海大学 広報メディア学科教授)

  参加人数:17名

  内   容:栄区で「幸せになれる人」とは、栄区で「幸せになれる人」の物語を辿るツアー企画

 

 発表の様子 グループワークで物語を修正

 左:前回考えた「栄区で幸せになれる人」をグループごとに発表

 右:説明して気づいた、矛盾や足りないところは、物語を修正。発表・修正を繰り返して物語をブラッシュアップ!

 

 ツアーを考えるグループワークの様子 グラフィックレコーディングの様子

 左:「栄区の魅力で幸せになれる人」の物語を辿るツアーを企画

 右:今回もワークショップの様子を「グラフィックレコーディング」で記録

 

  • 第1回ワークショップ

  日   時:平成29年12月3日(日)10時〜14時30分

  講   師:河井 孝仁氏(東海大学 広報メディア学科教授)

  参加人数:18名

  内   容:「シティプロモーション」とは、「栄区の魅力」とは、栄区で「幸せになれる人」とは

 

 河井先生の講義の様子 グラフィックレコーディングの様子 参加者の様子

 左:まずは河井先生の講義

 中:ワークショップの様子は「グラフィックレコーディング」で記録

 右:20代〜80代の幅広い世代の方が参加してくださいました

 

■ ワークショップ参加者募集(申込み終了)


 栄区に愛着を持つ方、住み続けたい価値を発信したい方・・・
 ぜひこのワークショップを通じて思いを形にしませんか。ご応募お待ちしています!!

  • 開催概要 ※詳細はチラシをご覧ください。
  日時 場所 内容
 第1回 

平成29年12月3日(日) 
10時〜14時30分

栄区役所
新館4階8号会議室  

・チームビルディング
・ストーリー設定
 「栄区を知って・栄区を訪れて幸せになれる人とは」
・さかえの魅力50 連発

 第2回 

平成29年12月17日(日) 
10時〜14時30分

・オリジナルツアープラン設計
・ダメ出し&深堀り
・発信方法の検討

 第3回 

平成30年1月13日(土) 
10時〜14時30分

・フィールドワーク
・資料作成

 第4回 

平成30年2月3日(土) 
13時〜15時

公開プレゼンテーション

 

  • こんなことができるようになります!

 ・まちの新たな魅力に気づく
 ・まちの「見え方」が変わる
 ・まちを「語りやすく」なる
 ・まちの中にある隠れた物語を見つけられる
 ・公共的なマーケティングを学び、実践できる

  • 参加申込方法

次のいずれかの方法によりお申し込みください。

(1)  専用フォーム

  ・パソコンから申込み

  ・スマートフォンから申込み

  ・携帯電話から申込み

(2) 氏名、住所、勤務先所在地、所属(活動団体)※任意、電話番号、ファックス番号、年齢、「あなたが発信したい栄区のモノとコト」(200字程度)、参加可能日程をご記入の上、区政推進課企画調整係あて、FAX・郵便送付、またはご持参ください。

  〈申込先〉
     あて先 〒247-0005 横浜市栄区桂町303-19 栄区役所区政推進課企画調整係
     FAX 045-894-9127

  • 申込期限

平成29年11月17日(金)17時

  • ファシリテーター

河井 孝仁 氏(東海大学広報メディア学科教授)

地域プロモーション・地域ブランディングの第一人者。
静岡県職員、静岡総合研究機構研究員を経て現職。専門は行政広報論、シティプロモーション、地域情報論。公共コミュニケーション学会会長理事、日本広報学会常任理事、社会情報学会理事、総務省地域情報化アドバイザー。

 



※このワークショップは、栄区版リビングラボ導入に向けた検討事業における試行プロジェクトとして実施します。

リビングラボとは…
 住民や企業、自治体、大学など様々な主体が協働し、暮らしを豊かにするためのモノやサービスを生み出したり、より良いものにしていくための活動のことです。様々な人が対等に議論しながらアイデアを出し合ったり、実生活の中でモノやサービスを使ってみることで新たな価値の創造が期待できるとされています。


【このページの先頭にもどる】

横浜市 栄区 総務部区政推進課 企画調整係
Eメール:sa-kikaku@city.yokohama.jp - 電話:045-894-8161  Fax045-894-9127


2017.10.20作成 2018.05.02更新
©2010-2011 City of Yokohama, Sakae Ward Office. All rights reserved.