本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 温暖化対策統括本部 > 横浜スマートシティプロジェクト

取組紹介パンフレット

パンフレット「環境未来都市横浜のまちづくり」

Twitter(ツイッター)

横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)

 横浜市は、2010年に経済産業省から「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に選定され、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)実証事業を推進してきました。家庭や業務ビルをはじめ、既成市街地でのエネルギー需給バランスの最適化に向けたシステムの導入などを、日本を代表するエネルギー関連事業者や電気メーカー、建設会社等34社と横浜市が連携して取り組んできました。
 2015年からは、YSCPで培った技術やノウハウを生かし、「実証から実装」へと展開するため、新たな公民連携組織である横浜スマートビジネス協議会(YSBA)を設立し、防災性・環境性・経済性に優れたエネルギー循環都市を目指しています。

新着情報

2017年04月14日
【記者発表】「おうちde省エネのその後」配信開始!

過去の新着情報はこちら

横浜スマートビジネス協議会(YSBA)

 YSCPの実証成果を生かし、エネルギー循環都市を実現させるため、横浜スマートビジネス協議会を設立し、エネルギー管理システムの運用や、エネルギー連携に関連した新たな取組の推進、これまで培った技術・システムの国内外への展開を図っています。

横浜スマートビジネス協議会

横浜スマートシティプロジェクト実証実験

 2010年に経済産業省から「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に選定され、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)実証事業を推進してきました。このプロジェクトを通じ、HEMSや太陽光パネル、電気自動車の導入目標を掲げ、2013年度までに達成しました。

導入実績  HEMS:4,200件(4,000件) ※2、太陽光パネル:37MW(27MW)、電気自動車:2,300台(2,000台)

横浜スマートシティプロジェクト実証実験

関連情報

「横浜市低炭素な街づくりに向けたエネルギーの分析・評価を活用した事業化可能性調査」成果報告書(マスタープラン)について

「仮想の発電所」(バーチャルパワープラント)を公民連携で構築します!

出川哲朗さんが登場します!「おうちde省エネ〜ヤバイよ!地球温暖化〜」動画配信中!

お問合せ先


  〒231-0017 横浜市中区港町1丁目1番地   温暖化対策統括本部 プロジェクト推進課
  電話:045-671-4155
  FAX:045-663-5110
  E-mail:on-project@city.yokohama.jp