本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 温暖化対策統括本部 > 環境未来都市 > SDGs > 「持続可能な開発目標(SDGs)検討WG」平成28年度1回会合

取組紹介パンフレット

パンフレット「環境未来都市横浜のまちづくり」

Twitter(ツイッター)

「持続可能な開発目標(SDGs)検討WG」平成28年度1回会合

「環境未来都市」構想の更なる推進に向けて、2015年の持続可能な開発サミットで採択されたSDGsの動きを捉え、都市が主体となって企業・市民等と連携しグローバルな取組を推進していくことが求められています。そこで、「SDGs」とは何かについて、3名の有識者の方々それぞれの専門の立場からの講演と、自治体・企業・関連団体からの参加者間でワークショップを実施し、「SDGs」に関する都市の取組やその可能性について、議論を行ないました。

・主催:「環境未来都市」構想推進協議会(事務局:内閣府)/WGコーディネート・運営:北九州市・横浜市
   /ワークショップグループリーダー:北九州市・横浜市・北海道下川町・宮城県東松島市・岩手県釜石市・富山県富山市
・開催日時:平成29年1月16日(月) 13時〜17時45分
・会場:TKPガーデンシティプレミアム横浜(横浜ランドマークタワー25F)
・参加者:95人(有識者等含む)


●第1回会合を通じて
当日は自治体だけではなく、企業からも多数の参加者がありました。10年20年後の将来も見据え、子どもたちが住み続けられるまちづくり、都市づくりがどうあるべきかなど、環境未来都市の今後、SDGsへの自治体レベルでどのように取り組んでいくか等について、参加者同士で活発な意見交換が交わされました。有識者の方からは、今回のワーキングを契機に、引き続きこうした場などを活用し、SDGsに自治体レベルで取り組むことについて、研究・発信していこうと発言があり、また、参加者それぞれが、自分の所属等での議論を進めていこうといった声も出るなど、今後に広がりのある場となりました。


●プログラム内容
 【基調講演】

 「自治体とSDGsガイドライン『私たちのまちにとってのSDGs』策定に向けた検討」 環境未来都市推進委員会座長 村上周三氏
 「SDGs達成に向けた都市の役割」 国連大学サスティナビリティ高等研究所所長 竹本和彦氏
 「持続可能な社会の実現とSDGs」 (独法)国際協力機構(JICA)社会基盤・平和構築部部長 中村 明氏
基調講演1  基調講演2
[村上周三氏]                       [竹本和彦氏]
基調講演3  基調講演4
[中村 明氏]                       [会場の様子]

 【ワークショップ】

 アドバイザー(有識者)等からの助言を受けながら、次の点について議論しました。
 1.都市レベルでSDGsに取り組む意義・課題等
 2.各グループごとに次のテーマ一つを議論(各2グループずつ)
 ・国際連携の今後
 ・国内連携の今後
 ・防災力(レジリエンス)の向上

 [ワークショップ進行のアドバイザー等(有識者)]
 ・全体コーディネーター
  ◆(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)上席研究員/IBEC自治体SDGs検討小委員会委員(幹事) 藤野純一氏
 ・アドバイザー(ワークショップでの助言)
  ◆東京大学高齢社会総合研究機構特任教授 秋山 弘子氏
  ◆トランズパシフィックエンタープライズ代表取締役会長 J. マイケル・オーエン氏
  ◆法政大学 デザイン工学部 建築学科専任講師 川久保 俊氏

 都市レベルでSDGsを推進することについて、「興味・疑問」「意義・課題」「できること・そのために必要なサポート」という視点で、それぞれのグループでテーマごとに議論を行いました。

       ワークショップ1  ワークショップ2

[ワークショップで出された意見(例示・順不同)]

協力体制が大切/市民・企業経営者等を巻き込む/企業の責任と役割は何か/ビジネスモデルの構築が必要/ファイナンスの確保が重要/縦割りの排除が必要/子どもへの普及と参画を図る仕掛けが必要/普及啓発と推進母体(SDGs盛上げ隊など)が結成できるとよい/自治体が推進することについて、市民への理解浸透が大切/ターゲットには日本に馴染まないものも多い(全てのゴールに取り組むのか)/複数課題に同時に対応できることはメリット/各地域の独自性・得意分野を活かすのが良い/ITを活用した多言語化やSDGsを共通言語として活用できるとよい/選ばれる都市となるため必要な取組/ベストプラクティスの海外輸出が可能/ゴールとそのスケジュールはどうなるのか/持続可能性というテーマは市民から縁遠い/既存計画や施策との関係性の整理はどうなるのか/事例の共有(成功と失敗)が大切


 【アドバイザー(有識者)等によるコメント・総括】

総括1  総括2
「SDGsは自治体レベルの取組がカギ」(藤野純一氏)  「市民とともにイノベーションを」(秋山弘子氏)   
総括3  総括4
「ビジネスとして捉えて考える」(J. マイケル・オーエン氏) 「それぞれの地元で何ができるかが大切」(川久保俊氏)

※都市が中心になった「持続可能な開発目標(SDGs)」検討WGとは、「環境未来都市」構想推進協議会に設置されているワーキンググループ(WG)のひとつで、平成28年に北九州市と横浜市の提案により設置されました。