本文へジャンプ - トップメニュー|検索

温暖化対策統括本部

トップページ > 温暖化対策統括本部 > 環境未来都市 > 環境未来都市・横浜の魅力を発信するショートフィルム「一粒の麦」

環境未来都市・横浜の魅力を発信するショートフィルム「一粒の麦」

 環境未来都市※1にふさわしいまちづくりを進める横浜の魅力について広く発信するため、ショートショート実行委員会※2(代表:別所哲也)と横浜市の連携により、ショートフィルム『一粒の麦』を制作いたしました。下記の公式サイトにて、作品の本編やメイキング映像を公開しておりますので、ぜひご覧ください。


<公式サイト>
http://www.shortshorts.org/yokohamamirai/

作品概要

【タイトル】   一粒の麦

監督】    鈴木勉

【出演】    シャーロット・ケイト・フォックス  樋井明日香  鈴木夢奈  シリル・コピーニ(声の出演) 柄本明

【作品時間】 1759

【公開表記】 平成29210日(金)より 公式サイトにて全編配信スタート

【公開表記】 平成29216日(木)よりみなとみらいブリリア ショートショート シアターにて上映

【公開表記】 平成296月ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2017

【あらすじ】

横浜の歴史あるパン屋に、突然やって来たフランスのパン職人、絵里子。「このパン、泣いてる」と店主の本多に詰め寄る。年老いて頑固な本多と自由奔放な絵里子は相容れない。反発しながらも、パン作りを通して少しずつお互いを認め合うふたり。そして「日本で最初のパンのレシピ」を探すという、絵里子が横浜を訪れた真の目的は、ふたりの人生を思わぬ方向へと導いていく。時間と国境を越えた、横浜ならではの物語がここに。


スチール写真 スチール写真

※1 環境未来都市について…  
環境問題や超高齢化への対応などの様々な社会的課題に総合的に取り組んで活力ある都市をつくる、国家的なプロジェクトのひとつ。
横浜市は、平成23年12月、国から「環境未来都市」に選定された。

※2 ショートショート実行委員会について…  
米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭である、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)を東京と横浜で開催している。映画祭のグランプリ受賞作品は、米国アカデミー賞短編部門ノミネート選考対象となる。
横浜では、みなとみらいにショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショート シアターが2008年に設立し、SSFF & ASIAの横浜開催は昨年6月で9回目となった。http://www.shortshorts.org/

サイトマップリンクについてプライバシーポリシー