本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 温暖化対策統括本部 > 横浜カーボンオフセットプロジェクト

取組紹介パンフレット

パンフレット「環境未来都市横浜のまちづくり」

Twitter(ツイッター)

横浜カーボンオフセットプロジェクト参加者募集

YOKOHAMA Carbon Offset Project

(C)(公財)横浜市体育協会

横浜市で行われるラグビーワールドカップ2019TM
東京2020オリンピック・パラリンピック等に
エコで参加しよう!

 横浜市で開催されるラグビーワールドカップ2019TM東京2020オリンピック・パラリンピック等の大規模国際スポーツイベントへ向けて、省エネ等の取組による二酸化炭素(CO2)削減活動に取り組む市民の方・事業者を募集しています!
集まったCO2削減分は、いったんとりまとめたあと、カーボンオフセットに役立てます。
皆さんひとりひとりの取組で減らせた二酸化炭素をあわせると、環境にやさしい大会にすることができます。
これをきっかけに、みんなで省エネ行動に取り組んでみましょう!

※本取組は、公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が行う「東京2020大会のカーボンオフセット等に関する取組」のうち、「東京2020大会における市民によるCO2削減・吸収活動」に該当する取組の第1号です。

カーボンオフセットってなに?

 地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)は、スポーツイベントでも、会場の照明を使ったり、選手や観客が交通機関で移動したりするときに、どうしても出てしまいます。
 カーボンオフセットとは、自らのCO2排出量を把握し、できるだけ排出量の削減を行ったうえで、どうしても削減できない量の全部又は一部を他の場所での排出削減量で相殺(オフセット)することをいいます。

1イベントのときに出る二酸化炭素の量を把握して、減らす努力(※1)をします。

どうしても減らせない分は、

2ほかの場所で二酸化炭素を減らす活動をします。

3その減らせた分をまとめて、イベントで出る二酸化炭素の量にうめあわせ(オフセット)します。

※1 横浜市内の競技場では、ナイター照明のLED化を進めています。

1
努力して
減らした分の
CO2

どうしても
減らせない
CO2

2
みんなで
減らした分の
CO2

3

参加部門(1)一般部門

参加方法

省エネ行動部門

家族みんなで省エネ行動リストに取り組んで、月ごとの取組日数を数えてみましょう。

洗濯、照明、電化製品、シャワー、おでかけ…普段の生活の中の何気ない行動は、どのくらいCO2を排出しているのでしょうか?
健康に気を付けて、まずは無理なくできる行動から取り組んでみよう!

やりかた
(1)省エネ行動リストに取り組む月を決めよう。
(2)省エネ行動リストのうち、自分の家で取り組めそうな項目を決めよう。
(3)(1)で決めた月には、(2)を心がけて生活してみよう。月末になったら、「できた日数」の欄に、自分で決めた項目に取り組めた日数を記入しよう。
(4)応募フォームにアクセスして、「できた日数」などの必要事項を記入して応募しよう。

STEP UP
「できた日数」と「1日あたりのCO2削減量」をかけ算して合計すると、自分の家の1か月のCO2削減量を計算できます。

LED部門

既存の電球をLEDに変えてみましょう。

LEDに交換することで、CO2排出量が減り、月々の電気代も減ります。初期費用は9か月で回収できます。
(54Wの白熱電球を9Wの電球型LEDランプに交換した場合。出典:資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド」)

省エネ機器等部門

高効率給湯器や太陽光発電等を導入し、CO2を大幅削減しましょう。

2016年以降に下記対象機器を導入された場合、応募できます!
<応募対象機器:ヒートポンプ給湯器、高効率給湯器、太陽光発電設備>(2018.7現在)

ウォーキング部門
<期間限定>

ウォーキングで健康&エコに!あなたの一歩がエコにつながります!

ウォーキング部門の平成30年度の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。削減量は集計後このページで公表します。

(1)ウォーキングのために外出することで、自宅での電気使用に伴うCO2排出量の削減につながります。
※削減量の目安=1時間あたり120g-CO2(自室の照明と暖房(エアコン)を1時間使用しなかった場合)
(2)さらに、自家用車やバス、電車を利用する代わりにウォーキングすることで、交通手段を利用することに伴うCO2排出量の削減につながります。
※削減量の目安=1人1キロあたり145g-CO2(自家用車)、66g-CO2(バス)、20g-CO2(電車)

※ウォーキング部門では、ウォーキングだけでなく、ランニングも含みます。
取組期間:2018年12月29日(土)〜2019年1月5日(土)
応募締切:1月14日(月・祝)

それぞれの部門に該当する取組を行った後、下記の応募フォームから応募してください。

取組期間・応募締切

平成30年度 取組期間:平成30年7月20日〜平成31年3月29日
平成30年度 応募締切:平成31年3月29日

プレゼント

横浜カーボンオフセットプロジェクトに参加してくださった方には、抽選でプレゼントを贈呈いたします。

<一般部門>
オリジナルタオル 抽選で200名様
<ウォーキング部門>
オリジナルタオル 抽選で20名様
オリジナルリフレクター 抽選で30名様

プレゼントの最新情報は随時更新します!

応募フォームおよび注意事項

<注意事項>

  • 本事業に提供された個人情報は、本事業の実施の目的でのみ利用されます。提供された省エネ取組に関する情報は、個人を特定しない形で公表されることがあります。また、本事業の実施の目的で、横浜市から受託した第三者の委託事業者が利用することがあります。
  • 重複応募または不正とみなされたものは無効となる場合があります。
  • 省エネ機器部門(太陽光発電)に応募された場合、他の部門に応募すると重複応募になる可能性があります。
  • @city.yokohama.jpからのメールを受信できるメールアドレスでご応募ください。

以上についてご了解いただける方は、応募フォームへお進みください。

参加部門(2)学生部門



平成30年度の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。削減量は集計後このページで公表します。


「省エネ行動リスト」の取組を家族みんなで実施して、できた日数をカウントして応募しましょう!
CO2をたくさん削減してくれた学校を発表・表彰します!

省エネ行動リスト(学生部門チラシの裏面に掲載)(PDF)

取組を行った後、下記の応募フォームから応募してください。

取組期間・応募締切

取組期間:平成30年10月〜11月
応募締切:平成30年12月17日

プレゼント

横浜カーボンオフセットプロジェクトに参加してくださった方には、抽選でプレゼントを贈呈いたします。

<一般部門>
1.横浜国際総合競技場スタジアムツアー 抽選で50組100名様
2.オリジナルタオル 抽選で300名様

応募フォームおよび注意事項

<注意事項>

  • 本事業に提供された個人情報は、本事業の実施の目的でのみ利用されます。提供された省エネ取組に関する情報は、個人を特定しない形で公表されることがあります。また、本事業の実施の目的で、横浜市から受託した第三者の委託事業者が利用することがあります。
  • 重複応募または不正とみなされたものは無効となる場合があります。
  • @city.yokohama.jpからのメールを受信できるメールアドレスでご応募ください。

以上についてご了解いただける方は、応募フォームへお進みください。

参加部門(3)事業者部門

あなたの事業所の環境取組で、大規模国際スポーツイベントを応援しませんか?
事業者部門では、
(1)本事業にCO2削減分を提供していただける事業者(参加事業者) 及び
(2)市民等に対して市民部門への参加を呼びかけ、応募の支援をしていただける事業者(サポーター)
を募集しています。


資料



横浜カーボンオフセットプロジェクト事業者募集案内パンフレット(PDF)


横浜カーボンオフセットプロジェクト実施要領(PDF)
【様式1-1】横浜カーボンオフセットプロジェクト参加申請書(Word)
【様式2-1】横浜カーボンオフセットプロジェクトサポーター登録申請書兼活動計画書(Word)
【様式2-2】横浜カーボンオフセットプロジェクトサポーター活動実績報告書(Word)
横浜カーボンオフセットプロジェクトロゴマーク使用に関する基本原則(PDF)
【様式1】横浜カーボンオフセットプロジェクトロゴマーク使用申請書(Word)


また、応募に際しては次のウェブサイトをご一読ください。
横浜市共創フロントテーマ型募集ウェブサイト
No.77 横浜カーボンオフセットプロジェクト

本事業参加のメリット

✔「横浜カーボンオフセットプロジェクト」参加証またはサポーター登録証をお渡しします!
✔「横浜カーボンオフセットプロジェクト」ロゴがご使用いただけます!
✔ 横浜市ウェブサイトに事業者名及び取組内容を掲載します!
✔ 横浜市が行う本プロジェクトの広報に際し事業者名等を掲載します!

皆様の事業所の環境取組をPRする機会の一つとして、ぜひご活用ください!

参加の流れ(参加事業者の場合)

横浜市

1.募集(共創フロント)

2.参加申込

3.取組内容確認

4.参加申請書等提出

5.参加受付
・参加証の交付
・横浜市ウェブサイトに企業名等掲載など

6.カーボンオフセット実施報告書公表

企業

連絡先

横浜カーボンオフセットプロジェクト マーク

温暖化対策統括本部プロジェクト推進課
横浜カーボンオフセットプロジェクト担当
TEL: 045-664-2525(横浜市コールセンター)
FAX: 045-663-5110
E-mail: on-carbonoff@city.yokohama.jp

リンク