- トップメニュー|検索

区の町名とそのあゆみ〜あ行の町名〜


赤門町(あかもんちょう)

 昭和10年の町界町名地番整理事業の施行にともない、霞町字一丁目および清水町、南太田町の字谷原耕地、霞耕地の各一部から新設した町。昭和19年4月1日の西区新設にともない、中区赤門町から編入。町名は町内にある真言宗東福寺の山門が赤く塗られているところから「赤門」と呼ばれて、有名であったことに由来する。昭和19年4月1日に中区の一部から西区を新設した時、赤門町を分割して一丁目の字区域は中区に、二丁目の字区域は西区に属することにした。南側を藤棚浦船通りが通る。(昭和10年7月1日設置)

東ケ丘(あずまがおか)

 昭和10年の町界町名地番整理事業の施行にともない、南太田町の字東耕地と谷原耕地の一部から新設した町。昭和19年4月1日の西区新設にともない、中区から編入。古くは南太田町の一部で、町名は東耕地の字名にちなむ佳名により東ケ丘とした。「横浜市町名沿革誌」によれば、この地に東神社があったことから字名を東耕地と呼んだという。(昭和10年7月1日設置)

伊勢町(いせちょう)

 明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。昭和19年4月1日の西区新設にともない、中区から編入。古くは久良岐郡戸部村に属し、明治3年に伊勢山皇大神宮をこの地に遷座(せんざ)したことから、明治5年5月に伊勢町と命名した。昭和3年9月の町界町名地番整理事業の施行にともない、町区域の変更をし、西戸部町の反目(たんめ)、御所、宮ノ前の各一部を取り入れて、西平沼橋交差点まで延長した。町名は伊勢山皇大神宮にちなむ。町に一丁目から三丁目の字区域がある。中央を横浜駅根岸道路が通る。(明治22年4月1日設置)

老松町(おいまつちょう)

 明治22年の市町村制施行の際、横浜市に編入した町。昭和19年4月1日の西区新設にともない、中区から編入。古くは久良岐郡戸部村に属し、明治9年2月に町並みが整ったことから町名を付けた。「横浜市町名沿革誌」によると、この地には老松が多く景勝の地であったことから佳名を採って町名にしたという。中央を京急本線の野毛山トンネルが通り、北東側を横浜駅根岸道路が通る。町内に野毛山公園、野毛山動物園、横浜市長公舎(歴史的建造物)、横浜市中央図書館がある。野毛山は、老松の繁る景勝の地として明治中期ごろから生糸貿易商などの邸宅がおかれた。関東大震災後に、原善三郎(亀屋)・茂木惣兵衛(野沢屋)の邸宅跡地を市が購入し、大正15年に野毛山公園として整備した。その後、昭和26年に野毛山動物公園が開園した。横浜の開港をいち早く江戸幕府へ訴えた開明派として知られる佐久間象山の顕彰碑が、開港百周年を記念して、ここ野毛山公園内に建立されている。(明治22年4月1日設置)

岡野一丁目・二丁目(おかのいっちょうめ・にちょうめ)

 昭和40年の住居表示施行にともない、岡野町、西平沼町の一部から新設した町。この地は天保4年(1833)に保土ケ谷の岡野勘四郎良親(1797-1836)とその子、勘四郎良哉が海面を埋め立てて岡野新田と名付けた。安政6年(1859)の横浜開港に際して岡野新田の縁を横浜道が通り、道筋に町並みが続くようになって、明治6年1月に町並みの整った所に千歳町、新玉町、岡野町を設けたが、そのほかの区域は、まだ岡野新田といった。明治22年の市町村制施行の際、神戸町、保土ケ谷町、岩間町、帷子町と合併して、保土ケ谷町大字岡野新田となる。明治34年の横浜市編入の際、保土ケ谷町から分離して岡野町となる。南東側を帷子川が、北西側を新田間川が流れ、北東側を新横浜通りが通る。一丁目に西公会堂、二丁目に岡野公園があり、一丁目の西地区センター前には西区政50周年を記念したタイムカプセルが収納されており、区政100周年に開封することになっている。(昭和40年7月1日設置、住居表示)


出典:横浜市市民局「横浜の町名」平成8年