- トップメニュー|検索

広報よこはま西区版

温故知新!西区てくてくスケッチ:第七回 霞橋

温故知新!西区てくてくスケッチ イラスト

坂道を上り切った久保山バス停留所から、見上げる陸橋の霞橋はドッシリとして風格がある。関東大震災後の昭和3年に、現在のアーチ型鉄筋コンクリート造りの橋が再建された。大正2年に初めに建てられた時の赤レンガ壁と門柱が残っている。橋の上からは、境之谷や黄金町の街並みが見えて展望が良い。お盆とお彼岸には久保山墓地へ向かう、お墓参りの人々でとても賑わう。かつて、橋の下を八幡橋行きの7系統と浦舟町行きの9系統の市電が通っていた。横浜西口の繁華街がまだ無かった当時は、繁華街は伊勢佐木町だった。大人気のチャップリンやディズニーアニメ映画を見るために、ワクワク気分で市電に乗って、この橋をくぐって行ったものだった。

題字・絵・文:鈴木太郎(西区文化協会)