- トップメニュー|検索

よき名なりけり 願成寺

 ここで紹介している内容は、現在とは異なる場合がありますのでご注意ください。

11. よき名なりけり願成寺 (西戸部町3丁目290の2付近)

願成寺

だいぶ前のことだが、ひところ、願成寺坂の上に住んだ。ちょっと気取って、土龍庵(どりゅうあん)という門札を掲げたのだが、お蕎麦屋と間違えられたのであわてて撤去した。そのころ、遊びに来られた作家のK先生に「願成寺、よき名なりけり萩の坂」ではじまる詩一篇を賜ったのもなつかしい思い出だ。

この寺、創建は天文のころ、戦国時代の末とされるが、寺伝によれば奈良時代。行基菩薩が当地巡錫(じゅんしゃく)のみぎり、亀の導きでこんこんと湧く泉を見つけたことから法亀山と名づけた、とあり、山号として今に伝わる。西区屈指の名刹であり、開港の歴史に名をとどめる人たちの墓所のあることでも知られる。

門前の桜の大樹は、満開になると見事だ。

文・絵 長谷川 泰 (西区文化協会 騎虎の会主宰)