- トップメニュー|検索

岩亀横丁・岩亀稲荷

路地の奥にひっそりとたたずむ岩亀稲荷

路地の奥にひっそりと たたずむ岩亀稲荷

目立たない岩亀稲荷入口

目立たない岩亀稲荷入口

今も賑わう岩亀横丁

今も賑わう岩亀横丁

幕末安政のころ、現在の中区横浜公園のあたりにあった「岩亀楼」という遊廓(ゆうかく)の遊女が、静養のため利用した寮がここにあったことから岩亀横丁と呼ばれるようになったという。この横丁のなかほどに、静養に訪れた遊女がお参りしたといわれる稲荷がある。岩亀稲荷と呼ばれ、例祭が行われるなど、今も大切に守られている。

散策コース目次へ戻る