- トップメニュー|検索

新しい食品表示のルールがスタートしました!!

新しい食品表示のルールができた背景について

 食品の表示ルールについて、ルールを定めている法律は、「食品衛生法」、「JAS法」、「健康増進法」の3つありました。
 この3つの法律は目的も異なるほか、各々に表示のルールを定めていたため、複雑で分かりづらいものとなっていました。
 平成27年4月1日から、消費者・事業者の双方にとって分かりやすい表示ルールを実現しようと、3つの法律を統合した「食品表示法」の制度がスタートしました。
 ここでは、新たな食品表示のルールの概要について、ご紹介します。

<制度改正のイメージ図>
食品表示法制定のイメージ図

新基準での具体的な表示の記載例について

 ここでは、食品表示法に基づく表示の具体例を確認しながら、主な基準の変更点について、解説します。
 なお、新基準で表示する場合は、全て新基準に対応した表示を記載します。旧基準と新基準が混在する表示は認められません。

<食品の表示イラスト>
食品表示法に基づく表示の具体例

表示作成の際の7つのポイント

(1) 一般的な「名称」を記載

 上記のように、誰にでもわかりやすい広く用いられている名称を記載します。

(2) 「原材料」、「添加物」を区分して記載 【変更点】

 原材料由来の添加物や製造中に使用した添加物を確認し、記載します。また、「添加物」と「添加物以外の原材料」は明確に区分して表示するほか、原材料と同様に添加物も重量順に記載します。
 
 <原材料・添加物の表示イメージ図>

原材料と添加物の区分














(3) アレルゲンを記載 【変更点】

 「卵、乳、小麦、落花生、そば、えび、かに」は特定原材料として、表示が義務付けられています。原則として、個々の原材料の直後にカッコ書きする方法(個別表示)で特定原材料を記載します。但し、表示面積に限りがあり、個別に記載が出来ない場合は、例外として原材料と添加物の直後にまとめてカッコ書きする方法(一括表示)が可能です。

 ア. アレルギー表示の要点

   〇 新基準では、一括表示する場合、「一部に〇〇を含む」と表示します。
   〇 「乳」の表示のみ「乳成分を含む」と表示します。(個別表示・一括表示ともに)
   〇 添加物のアレルギー表示(個別表示)は「添加物名(〇〇由来)」と表示します。
     ※ 乳の個別表示は、「添加物名(乳由来)」となります。乳成分由来と記載はしません。
   〇 添加物のアレルギー表示(一括表示)は、原材料と同様、「一部に〇〇を含む」と表示します。

 <アレルゲンの表示方法のイメージ図>
アレルギー表示の記載方法

 イ. 代替表記の方法について

  旧基準では、「マヨネーズ」は卵が入っている事が明らかであり、「特定加工食品」として、特定原材料の個別表示が省略できました。
  新基準では、表示の分かりやすさ等の観点から、これら特定加工食品の表示制度が廃止されました。
  新基準上、あらためて特定原材料の個別表示を必要としない原材料は次のリストのとおりです。
   ※ 一括表示の場合は、特定原材料を全て表示するため、リストの原材料であっても、あらためて特定原材料の表示が必要です。
   ※ 乳の代替表記(下線)については、乳の言葉を含まない為、可能な限り「乳成分を含む」旨を表示する事が望ましいです。

  <代替表記リスト>
特定原材料 代替表記 拡大表記(表記例)
表記方法等が違うが特定原材料と同一であるという事が理解できる表記 特定原材料名か代替表記を含んでおり、これらを用いた食品であると理解できる表記例
えび 海老、エビ えび天ぷら、サクラエビ
かに 蟹、カニ 上海がに、カニシューマイ、マツバガニ
小麦 こむぎ、コムギ 小麦粉、こむぎ胚芽
そば ソバ そばがき、そば粉
玉子、たまご、タマゴ、エッグ、鶏卵、あひる卵、うずら卵 厚焼玉子、ハムエッグ
ミルクバターバターオイルチーズアイスクリーム アイスミルク、生乳、ガーリックバター、牛乳、プロセスチーズ
濃縮乳、乳糖、加藤れん乳、乳たんぱく、調製粉乳
落花生 ピーナッツ ピーナッツバター、ピーナッツクリーム

(4) 賞味期限・消費期限を記載

 年月日で記載します。弁当などの消費期限で表示する劣化の早い食品は「時間」も記載します。
 また、期限は微生物試験などの科学的根拠をもって設定してください。

(5) 具体的な保存方法を記載

 「要冷蔵(10℃以下)」など、具体的な温度も記載します。また、食品衛生法上、保存基準が定められている食品については、保存基準に基づき、保存方法を記載します。

(6) 製造者氏名等の記載 【変更点】

 原則、「製造者」として製造者氏名製造所所在地を記載します。
 「加工者」、「輸入者」にあってはそれぞれ加工者(輸入者)氏名、加工所(輸入者)所在地を記載します。
 製造者等を表示する場合、法人であれば法人名、個人であれば個人名を記載することとなります。屋号での表示は認められていません。

〇製造所固有記号について

 例外として、「同一製品」「2つ以上の工場」で製造する場合は、消費者庁へ「製造所固有記号の届出」を行うこと及び届け出た固有記号を表示に記載することをもって、「販売者」で表示する事が認められています。
 新基準に基づいた固有記号を使用する場合、次のいずれかを商品に表示する必要があります。
  ・製造所所在地等の情報を求められたときに回答する者の連絡先
  ・製造所所在地等を表示したウェブサイトのアドレス 等
  ・当該商品の製造を行っている全ての製造所所在地 等

 <固有記号の表示方法のイメージ図>
固有記号の表示方法
 ※ 新基準に基づく製造所固有記号の運用が消費者庁で開始されるのは平成28年4月1日を予定しています。
   それまでの間、固有記号以外の表示事項を新基準で記載した場合でも、固有記号のみ、旧基準の届出に基づく記号の使用が認められます。(固有記号のみ、新基準運用が開始されるまで、旧基準と混在していても認められます。)
   また、業務用食品のみ、これまでと同様に旧基準での固有記号が使用できます。

(7) 栄養成分表示の義務化 【変更点】

 原則として、栄養成分表示が義務付けられました。
 記載事項は、「熱量(カロリー)」、「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」、「食塩相当量」です。
 ナトリウムの量は食塩相当量として表示することとなりました。

(8) その他

 その他、食品ごとに様々な基準が定められています。個別具体的な相談やご不明な点は次の相談窓口へご相談ください。

表示に関する相談窓口について

相談分野 所管地域 部署名 電話番号
食品表示の全般的な内容
<機能性表示食品・製造所固有記号 等>
全国 消費者庁 食品表示企画課 03-3507-8800(代)
品質事項の内容
<名称・原材料・内容量・原産国・遺伝子組換え・原料原産地・表示責任者 等>
横浜市内 横浜市 健康福祉局 食品衛生課 食品監視係 045-671-3378
衛生事項の内容
<名称・添加物・アレルギー・遺伝子組換え・賞味(消費)期限・保存方法・製造者 等>
西区内 西区 生活衛生課 食品衛生係 043-320-8442〜3
保健事項の内容
<栄養成分表示 等>
西区内 西区 福祉保健課 健康づくり係 045-320-8439
その他(西区外の事業者向け)
 (1) 衛生事項に関する内容
 (2) 保健事項に関する内容
横浜市内
 所管区
(1) 所管区 生活衛生課 食品衛生担当
(2) 所管区 福祉保健課 健康づくり係
 ※リンク先をクリックすると連絡先一覧のページに移動します。

旧基準の表示が認められる期間について

旧基準での表示が認められる期間は下表のとおりです。事業者の方々にあっては、当該期間内に新基準に対応した表示を作成するよう準備をお願いします。
食品の区分 旧基準の表示が認められる期間
加工食品(一般用・業務用) 平成32年3月31日まで
 一般用:製造(加工・輸入)される食品
 業務用:販売される食品
添加物(一般用・業務用)
生鮮食品(一般用) 平成28年9月30日まで
 販売される食品
生鮮食品(業務用) 平成27年4月1日から新基準に基づく表示が必要

参考

 消費者庁 食品表示法関連ページ (関係法令、食品表示基準、Q&Aなどが掲載されています。)
 神奈川県 農業振興課のページ   (主に品質事項に関する食品表示法関連の情報が掲載されています。)