- トップメニュー|検索

医師コラム vol.2

vol.2「我慢をしなくて良い生活習慣改善方法」

西区医師会
川村 昌嗣医師(川村内科診療所 所長)

体重計に乗る犬


 現在の自分の体型や検査の結果は、現在の生活習慣や自分自身の価値観に基づいた行動です。

 この行動を変えるためには、我慢をしたり努力を継続する必要があるのですが、この継続が困難であるために、元に戻ってしまったり、以前よりも悪化してしまうのです。 より簡単に、効果的に、生活習慣を改善し、それを持続するためには、努力と我慢をしなくて良い方法を見つけて実践することです。
 


    そんなことができるのでしょうか?


 日々の生活の中で努力と我慢をしなくて生活習慣が変わった出来事はないかを考えてみましょう。
 
 いつも通勤途中にある自販機で130円で買っている缶コーヒーを、少し先の路地裏の自販機で同じ商品を100円で売っているのを見つけた時、どうされますか? おそらく明日から100円の自販機の方で買うことになるでしょう。場合によっては、なぜもっと早く気が付かなかったんだろうと、自分を責めたりする人もいるかもしれません。
 ここの気づきにより、努力も我慢もなく、今までの生活習慣が変わったのです。
 その原動力は、『30円の損を継続したくない』という気持ちなのです。 現在自分自身が行っている生活習慣や、自分の中の価値観が、『損をしている』、『勘違いをして価値のないものを、価値があるものと勘違いをしていた』ということに気付くことができれば、それまでの生活習慣は努力も我慢もせずに変更できるはずです。 

 1.節煙:タバコをおいしく吸わなければ損!
       食後のタバコをおいしく吸うために、食事の一時間前から
       吸わないようにしてみましょう。
 
       惰性で吸うたばこがもったいない!
       手持無沙汰でついつい手に持つタバコをなくすだけでも、
       節煙になるし小遣いも増えます。
       禁煙パイプをタバコのケースに入れ、まずはこれで遊びましょう。
       ここでタバコを吸うと美味しいと思えるときに、禁煙パイプに
       持ち替えて吸うという方法を、試してみてください。 
喫煙するじいじ
2.節酒:美味しいお酒を飲まなければ損!   
      2日に一回にすれば、二倍の金額をお酒に
      使えます。 高いから手が出ないのではなく、
      飲む頻度を落として、 自分好みの高価な
      おいしいお酒を楽しみましょう。        
 飲酒しているおじいさん
3.減塩:刺身の両面に醤油をつけていませんか? 
      大間産の本マグロ、一切れ1000円もする刺身と思って
      食べてみましょう。醤油の味ではなく、刺身の味を楽しみましょう。
調味料の絵
 4.30回噛みましょう!
      30回噛もうと頑張ってみても、気が付くと直ぐに口から食べ物が
      消えてしまうのは、噛んでいるうちに舌が食べ物をのどの奥の方へ
      運んでしまうからであり、よっぽど意識して、それこそ数を数えながら
      食べないと、30回噛むことは困難です。
      
      しかし、数を数えていると、食べ物の味がわからなくなったり、
      おいしくなくなります。 一切れ1万円の肉と考え、口に入れる何時もの
      大きさの1/4に切って食べましょう。一口分を1/4にすれば、
      食べ物はいつもの四倍歯と歯の間に来るので、いつもの食べ方で
      4倍噛むことができます。高価な希少価値のものと思い込むことが
      でき、いつも口に運ぶ大きさの1/4に切って食べれば、30回噛む
      ことは、困難ではないはずです。
よく噛んで食べる人
5.運動:意識して筋力を使いましょう!
      運動のために時間を割いてやろうとしてみても、疲れているから、
      時間がないからとつい言い訳をして、運動が継続できない人は、
      自分を含め多いはず。けれど、日常生活で使わない筋肉を少し
      意識して使うことができれば、今の生活よりも運動量が確実に
      増えます。歩く際にお腹を出したり引込めたりすれば、
      腹凹ウォーキングができます。歩くときに胸を張り、脇を締めて
      歩けば、大胸筋の筋肉量が自然と増えます。 座るときや立ち上が
      るときに、スクワット的に上半身を前後に振らずに膝の屈伸だけで
      椅子に座ったり椅子から立ち上がれば、下半身の強化が日々の
      生活でできます。   
歩く女性

現在の自分の日常生活の動作が、損をしている、もったいない行動だと意識し続けることができれば、太りにくい行動が自然とできるようになるはずです。  
  
次回のコラムは、2月頃の予定です。


健康ファリミーが運動する画像
医師コラム目次へ戻る

横浜市西区健康づくりポータルサイトトップへ戻る