- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル
 
懐中時計 横濱もののはじめ探訪
その2

西洋時計の輸入

 

横浜の外国商館の商標が刻印されている懐中時計
右上がファヴルブラントの販売したもの 

 

江戸時代の日本では、かなり精巧な時計が作られていた。しかし、開港後もたらされた西洋時計、とりわけ懐中時計の精密さに日本人は目を見張ったことだろう。記録によって確かな、横浜最初の時計修理の技術者は、日本人から「トケイヤ フヲルコ」と呼ばれたアメリカ人フォークで、1859(安政6)年末にはすでに横浜にいたことが知られる。

西洋時計が本格的に輸入されるようになったのは、1864(文久4)年にスイス人ファヴルブラントが現在の山下町84番地に商館を開いてからである(のち175番地に移転)。彼はその前年に、スイスの時計業組合会長を務めていたアンベールを団長とする使節団の一員として来日している。1866(慶応2)年には、やはり団員の一人だったブレンワルトが53番地にジーベル&ブレンワルトという商社を設立し、時計の輸入と生糸の輸出に乗り出した(翌年90番地に移転)。

ファヴルブラントは明治時代の初期に、横浜の町会所や郵便局をはじめ日本各地に時計塔を設置するとともに、『時計心得草』という啓蒙書を発行。また日本人時計師のスイス留学を斡旋するなど、時計産業の功労者として知られている。1923(大正12)年8月に死去し,山手の横浜外国人墓地に埋葬された。

横浜開港資料館調査研究員 斎藤多喜夫