- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル

17.神奈川県電気発祥の地

1890(明治23)年に横浜共同電灯会社がこの地に石炭火力発電所を建設し、初めて市内700軒に電力の供給を始めた。
碑には当時のエジソン式直流発電機が描かれている。

碑文

明治23年10月 (1890年)横浜共同電燈會社が、 この地に火力発電所を建設し、神奈川県で初めての電力供給を開始いたしま した。
 当時の発電所は出力100キロワットの石炭火力で、 お客様は約700軒でした。




前の碑へ戻る | 次の碑へ進む

  • コースインデックスへもどる
  • 碑もとく絵地図トップページへもどる