- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル

15.鉄(かね)の橋、ブラントンと横浜

1869(明治2)年に架け替えられた吉田橋は「かねのはし」と呼ばれた日本最初のトラス構造の鉄橋だ。これを設計したリチャード・ヘンリー・ブラントンは、1868(明治元)年、政府の招きにより来日した英国人土木技師。
ほかにも横浜公園、日本大通りの設計など、横浜の近代的なまちづくりに大きな足跡を残した。横浜公園には彼の胸像(左)がある。

碑文

鉄の橋
明治2年(1869年)、英国人土木技師R・H・ブラントン(RICHARD HENRY BRUNTON 1841〜1901)により架け替えられた吉田橋は、橋長24m、幅員6mの日本最初のトラス鉄橋であり、「鉄の橋」として市民に親しまれるとともに、文明開化のシンボルとして錦絵に描かれるなど大変人気を集めました。現在の高欄は「鉄の橋」をイメージして復元したものです。

ブラントンと横浜
明治元年(1868年)政府の招聘により来日したブラントンは、開国にともない、日本沿岸各地に灯台を建設する一方、8年間にわたり活動の拠点としていた横浜では、日本大通りや横浜公園の設計を行うなど、近代的なまちづくりに大きな足跡をのこしました。
  横浜居留地測量 1867〜70
  電信敷設 1869
  新橋・横浜間の鉄道意見書 1869
  吉田橋(鉄の橋)架設 1869
  居留地、下水道整備・マカダム式道路舗装・街路照明計画 1869-71
  水道計画 1870
  築港計画 1870, 73, 74
  新埋立居留地造成設計・施工 1871
  中村川拡幅等設計・施工 1871
  日本大通り設計・施工 1871
  修技校解説 1871
  横浜公園設計・施工 1871, 72

ブラントンと横浜(胸像) 


前の碑へ戻る | 次の碑へ進む

  • コースインデックスへもどる
  • 碑もとく絵地図トップページへもどる