- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル

市税の納付

市税の納期限   納付方法   滞納処分                   


市税の納期限

<納期限>
税金にはそれぞれ納期限が定められています。各納期限までに必ずご納付ください。
未納状態が続くと、納期限の約1か月後に、法律にしたがって督促状が発布されます。
なお、納期限を過ぎると延滞金が発生しますのでご注意ください。
 ※ 参考:市税納期カレンダー(よこはま市税のページ)
       延滞金の計算方法について

<納付書の再発行>
納付書を紛失したなど、新たに納付書が必要な場合には、区役所税務課収納担当までご連絡ください。


<納期限後の納付>
納税通知書に同封の納付書は、納期限が過ぎていても、翌年の5月末(コンビニエンスストアでは翌年の4月末)まで使用可能です。詳しくは納付書の裏面をご覧ください。
お持ちの納付書で納付ができない場合は区役所税務課収納担当にご連絡ください。
なお、延滞金が発生する場合は、同時に納付していただくか、後日あらためて納付していただく必要があります。



納付方法

<納付書>
すでに送付している納付書を使い、金融機関(銀行、ゆうちょ銀行など)やコンビニエンスストアで納めていただく方法です。
具体的な納付場所は、納付書裏面に記載の金融機関一覧をご覧ください。

<口座振替>
金融機関(銀行、ゆうちょ銀行)であらかじめ登録をしていただき、納期限の日に自動振替で納めていただく方法です。
手続方法については、各金融機関か、横浜市財政局納税管理課口座振替担当へおたずねください。
 財政局納税管理課口座振替担当  電話番号 045-671-3747

<ペイジー納付(Pay-easy)>
横浜市では納税者の利便性向上を図るため、平成25年4月から、金融機関のATM(コンビニエンスストアのATMは除く)や、インターネットを利用して市税の納付が可能になる「ペイジー納付」を開始しました。
詳しくはこちら(よこはま市税のページ)をご覧ください。
なお、24年度以前の市税につきましてはペイジー納付に対応しておりません。



滞納処分

<市税の滞納>
納期限を過ぎると、納期限内に納税された方との公平性を保つためにも、納期限の翌日から納付日までの期間に応じて延滞金が計算されます。
また、市税を滞納した状態で、督促状発布後も納付が確認できない場合は、法律に則って財産の差押えなどの滞納処分を執行します。

延滞金の計算方法について>
1 平成22年1月1日から平成25年12月31日までの利率

 納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間    年4.3%
 その翌日から納付までの期間                 年14.6%

2 平成26年1月1日以降の利率
 納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間    年2.9%
 その翌日から納付までの期間                年9.2%

3 平成27年1月1日以降の利率
 納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間    年2.8%
 その翌日から納付までの期間                年9.1%


4 平成29年1月1日以降の利率
 納期限の翌日から1か月を経過する日までの期間    年2.7%
 その翌日から納付までの期間                年9.0%




ただし、計算された延滞金の金額が1,000円未満であるときは、全額切り捨てになります。
詳しくはよこはま市税のページをご覧ください。

<納付困難時には>
被災、病気や失業など、納税が困難な状況の場合には、納税の猶予、減額または免除を受けられる場合があります。
納付相談も行っていますので、お早めに区役所税務課収納担当へご相談ください。


担当課:税務課収納担当
窓口の場所:区役所4階42番
電話番号:045-224-8225~8237
FAX番号:045-224-8217


一覧へ戻る ページトップへ