- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル

中区フォト通信の一覧はこちら

「第68回社会を明るくする運動」啓発キャンペーン

平成30年7月21日

 今年も「社会を明るくする運動」啓発キャンペーンが実施されました。
 「社会を明るくする運動」は、すべての国民が犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。毎年7月を強調月間として活動を展開し、今年で68回目を迎えました。

受付の様子

中区安全安心推進協会構成団体のみなさまはじめ、多くの参加者が集まりました。

今年も伊勢佐木モールのクロスストリート前からパレードがスタートします。

 

出発準備

タスキを巻いて、さぁ準備OKです。

カラーカード隊がパレードを先導します

神奈川県警のカラーカード隊の先導で華やかなパレードの始まりです。

警察音楽隊が続きます

神奈川県警察音楽隊が続き、華麗な演奏でパレードに彩を添えていました。

横断幕の行進です

続いて社会を明るくする運動の大横断幕の行進です。
伊勢佐木モールを行き交う人も、足を止めて見入っていました。

 

暑さ対策をしてパレードします

今年は猛暑! 熱中症対策をしっかりして歩きます。

パレードが続きます

 

 炎天下にも関わらず、200人以上の方がタスキや幟旗でPRしながらパレードしました。

 

啓発物品も配ります

啓発物品のうちわやポケットティッシュ、チラシなどを配りながら歩きました。

多くの方が関心を示してくださり、中区の安全は地域の力に支えられていることを実感しました。

カトレヤプラザ前のセレモニー

パレード到着地点のカトレヤプラザ前でセレモニーを行いました。
竹前区長、平山連合町内会長、三本松横浜保護観察所長や和智伊勢佐木警察署長、太田中消防所長からも挨拶がありました。

港中の吹奏楽演奏

今年も市立港中学校の生徒さんによる吹奏楽の演奏がありました。
ノリの良い曲で、道行く人々を魅了していました。

 

横浜女学院のチアリーディング

横浜女学院中学校・高等学校の生徒さんがダイナミックなチアリーディングを披露し、「社会を明るくする運動」をPRしました。

 当日は、暑い中、総勢約300人が参加しました。この活動を契機として、犯罪を犯した人々の更生について理解が広がり、犯罪や非行のない明るい社会が実現することを願っています。

 中心となって企画・運営された中保護司会、中区更生保護女性会の皆様、そして自治会・町内会をはじめとする関係機関の皆様、お疲れさまでした。