- トップメニュー| 検索
english chinese hangeul モバイル
<協賛企業バナー>
  • 日産自動車株式会社 本牧専用埠頭
  • 株式会社ペガソス・エレクトラ
  • 清水建設株式会社横浜支店
  • 株式会社ありあけ
  • 株式会社 江戸清
  • 川本工業株式会社
  • 株式会社キタムラ
  • 株式会社三陽物産 モンテローザ
  • 株式会社重慶飯店
  • 株式会社スタージュエリー
  • 中区女性団体連絡協議会
  • 平山観光株式会社
  • 藤木グループ
  • 株式会社ホテル・ニューグランド
  • 横浜エレベータ株式会社
  • 株式会社ローズホテルズ・インターナショナル
  • オンリーワン・21株式会社
  • 神奈川韓国青年商工会
  • 神奈川ダイハツ販売株式会社
  • 北川商事株式会社
  • コカ・コーライーストジャパン株式会社
  • 株式会社ジェイコムイースト横浜テレビ局
  • 株式会社JTBコーポレートセールス法人営業横浜支店
  • 西武鉄道株式会社
  • 東京ガスエコモ株式会社
  • 中区商店街連合会
  • 富士倉庫株式会社
  • ブリーズベイホテルリゾート&スパ
  • 株式会社ポンパドウル
  • ユニフォームのダイイチ
  • 横浜高速鉄道株式会社
  • 横浜港埠頭株式会社
  • 横浜信用金庫
  • 横浜遊技場組合 中区会
  • 横浜ワールドポーターズ
  • 横浜YMCA(横浜中央YMCA)
  • 吉田興産グループ
  • 株式会社ロイヤルホール

吉田新田350周年・馬車道150周年

2017年は、吉田新田完成350周年、そして馬車道誕生150周年です。

~今から350年前、横浜の礎ともいえる吉田新田の干拓が完成し、150年前、開港のまちづくりとして馬車道が造られました。やがて横浜は市となり、その後中区も誕生しました。2017年に中区は区制90周年を迎えます。~

 


吉田新田とは

現在の中村川、大岡川、JR根岸線に囲まれているエリアは、元々浅い海でした。1656(明暦2)年から1667(寛文7)年にかけて、この海を江戸の材木商人・吉田勘兵衛が中心となって埋め立て、「吉田新田」と呼ばれるようになりました。

吉田新田開発前図蓬莱町外七ケ町埋立及根岸掘割図
吉田新田開発前図(左)蓬莱町外七ケ町埋立及根岸堀割図(右)
「吉田興産株式会社提供」


馬車道とは

馬車道は、開港地を焼き尽くした横浜大火の翌年の1867(慶応3)年に、吉田橋からまっすぐ、新港ふ頭へ向かう道として造られました。その広い道路を外国人たちの珍しい馬車が音高く行き交い、「馬車道」と呼ばれるようになりました。
馬車道
 「横浜市中央図書館所蔵」

吉田新田関連案内板

中区制90周年、吉田新田完成350周年を記念して、吉田勘兵衛の旧邸宅があった場所に案内板を設置しました。案内板では、当時の旧邸宅の跡地と現在を比較できるような図や周辺に現存する吉田新田に関連する地域資源を紹介しています。
吉田新田関連案内板

設置場所:横浜市中区長者町9-175歩道上

吉田新田・馬車道の名所めぐりウォーキング

中区制90周年、吉田新田完成350周年及び馬車道150周年を記念し、吉田新田及び馬車道の名所を解説付きで巡るウォーキングを開催します。
中区の歴史を理解し、魅力の再発見ができる内容となっています!みなさまのご応募をお待ちしております。

 

【開催概要】

1 日時

  11月3日(金・祝) 9時30分~12時(予定)

 
2 内容

  【Aコース】は日ノ出町駅を、【Bコース】は伊勢佐木長者町駅をそれぞれ出発し、吉田新田を埋め立てた中心人物の吉田勘兵衛の旧邸宅跡地にある大井戸など、吉田新田の歴史を振り返りながら、ガス灯やアイスクリームの発祥の地である馬車道を目指して歩きます。

 
3 申込方法

  往復はがき、EメールまたはFAXで必要事項を記入して106日(金)までに
  応募。
応募多数の場合は抽選を行います。
  
当落の結果は、往復はがき、EメールまたはFAXでお知らせいたします。

 
4 応募先
  
NPO法人横浜シティガイド協会「吉田新田・馬車道ウォーキング」担当

  (往復はがき)〒231-0023 横浜市中区山下町15

  (FAX045-228-7693 

Eメール)info@ycga.com

 

5 参加費

  無料

 

※応募方法など詳細はチラシ及びNPO法人横浜シティガイド協会のホームページ
   をご確認ください。