ナビゲーションを飛ばす - トップメニュー|検索
横浜市コールセンター 045-664-2525 南区代表電話 045-341-1212
南区役所のご案内 南区の施設ガイド イベント情報 サイトマップ

南区トップページ 矢印  南区の生活情報 矢印  みなすく 矢印  子どもの病気と事故予防

子どもの病気と事故予防

子どもに多い感染症

赤ちゃんは生まれたとき、お母さんから免疫(抵抗力)をもらいますが、生後6ヶ月を過ぎる頃から自然に失われ、病気にかかりやすくなります。下記ページにはしかや風しん等、子どもに多い感染症について解説がありますのでご覧ください。

予防接種

子どもの病気とホームケア

子どもの事故予防

1歳以上の子どもの死亡原因の第1位は「不慮の事故」です。しかし、これらの事故のほとんどはちょっとした注意で防ぐことができます。下記ページでお家の中のチェックポイントや子どもの事故に関する統計をご覧いただけます。

子どもの医療費への助成

乳幼児医療証(小児医療費助成) 横浜市内に住所があり健康保険に加入しているお子さんが、病気やけがで医療機関に受診したときに、年齢に応じ保険診療の一部負担金を助成する制度です。
小児慢性特定疾病医療 特定の病気で治療を受けた場合の医療費を給付します。くわしくは「小児慢性特定疾病医療」へ
育成医療給付 身体上の障害を有する児童で特定条件に該当する方について、所得税の額に応じて医療費の助成をします。くわしくは「育成医療」へ
療育医療 18歳未満の方が、結核、骨関節結核で指定医療機関に入院する場合、医療費の助成があります。くわしくは「療育医療」へ
未熟児養育医療 出生時体重が2,000グラム以下であるか、または正常児が出生時に有する諸機能を有していない未熟児に対して、医療費の家族負担分を市が負担する未熟児養育医療給付事業があります。詳しくは「未熟児養育医療」へ
重度障害者医療費の援助 健康保険に加入している重度障害者の方が、病気やケガでお医者さんにかかった場合、保険診療の一部負担金を助成する制度です。 くわしくは重度障害者医療費助成

医療機関における乳幼児健康診査

医療施設検索

横浜市医師会のページで検索できます。

いざというときの緊急連絡先 教えて子育て
みなみ・育なび