ナビゲーションを飛ばす - トップメニュー|検索
横浜市コールセンター 045-664-2525 南区代表電話 045-341-1212
南区役所のご案内 南区の施設ガイド イベント情報 サイトマップ
南区トップページ 矢印 みなみる 矢印 歴史と文化 矢印 歴史と文化 :歴史 矢印 歴史と文化:歴史を感じる5
  • HOME
  • スポット&ルート
  • みなみるイベント
  • 歴史と文化
  • 桜めぐる・桜めでる

歴史と文化

歴史を感じる5

中村八幡宮・内務省水準点

南区:歴史を感じる5中村八幡宮・内務省水準点
 約千年前にはこの地にまつられていて、八幡大明神と称していたと言われています。
 参道入口には、明治時代の測量に使われていた水準点(内務省地理寮水準点(高低几(き)号標))があり、市の地域文化財に登録されています。

獅子頭

南区:歴史を感じる5獅子頭
 南太田二丁目の杉山神社わきの細い道を大原隧道に向かって進むと、高速道路の高架下に明治時代に使われていたイギリス製の「獅子頭共用水栓」があります。これこそ。近代水道の歴史を物語る貴重な遺産です。

 開港当時、日本に来ていた外国人が一番困ったことが、水と食肉・ジャガイモだったそうです。横浜港付近は埋め立て地や沼地で海水が混じり、良い水が得られませんでした。このため、水は南太田や戸部方面で湧き出る水をオケに入れて運び、「みずやー、みずやー」のかけ声で売り歩いたといいます。その後、市内の人口も増え飲み水が足りなくなったので、相模川の水を横浜に持ってくる工事を明治18年からはじめ、明治20年に水道路が完成しました。
工事はイギリス人で陸軍工兵中佐H・S・パーマーが中心に行われ。これが日本で初めての洋式水道のはじまりとなりました。

杉山神社・水天宮

南区:歴史を感じる5杉山神社・水天宮
 古くから杉山大明神とあがめられていて、明治2年に現在の名前になりました。
 境内を同じくしている水天宮は、西中町にあったものが移転されたもので、以前は中区長者町1丁目にあったとのことですので、引っ越しを2回しています。
 境内へ通じる階段を上ったところに乳飲みの子犬を抱えた珍しい狛犬があります。

歴史(文化財・寺等も含む)関連リンク

子のページのトップへ