- トップメニュー|検索
  1. トップページ  >
  2. 緑区制50周年

  

201910月  緑区は区制50周年を迎えます!

2019年10月1日、緑区は区制50周年を迎えます。

緑区制50周年記念事業実行委員会では、区民の皆さまとともにこの節目をお祝いするために、
イベントなど様々な取組みを実施しています。

このページで、その内容を随時お知らせしていきます!

喜ぶミドリン

記念事業について

事業実施に向けた考え方(実行委員会からのメッセージ)

緑区は2019年10月に50周年を迎えます。

この50年、またその前から、
この地に集うすべての人々は、豊かな自然に囲まれた、
安全、安心、快適な暮らしが享受できるまちを目指して、
まちづくりを続けてきました。

50周年という大切な節目に、
これまでの歩みを振り返り、苦労を分かち合い、
すべての人々とともに50周年をお祝いします。

そして、将来を担う次世代にこのまちを繋いでいくため、
何ができるのか、何を残せるのかを皆で改めて考え、
さらに魅力あふれるまちを目指して、
新たな一歩を踏み出していきましょう。

記念事業の実施方針

上記メッセージを踏まえ、記念事業の実施方針を決定しました。

〇 次世代を担う子どもたちが、緑区の魅力や緑区の良さを知る

〇 次世代を担う子どもたちが、まちづくりに携わる楽しさを知る

〇 次世代の地域の担い手に、まちづくりに参加してもらう

〇 豊かな自然等の緑区の魅力や、地域が取り組むまちづくりを、区民に知ってもらう

〇 緑区制50周年を広く周知し、50周年を皆でお祝いする機運を高める


今後、これらの方針に沿って、記念事業を企画・実施していきます。

▶ イベント等、事業の詳細は、順次お知らせします。



    ロゴマーク及びキャッチフレーズ

    50周年記念事業に使用するロゴマーク及びキャッチフレーズを制定しました。

    イベントの広報やPRグッズなどにご活用ください。

    ロゴマーク

      

     潤沢な森、里山を喚起させる木々と、田んぼを中心に、浜なしを収穫物として喚起させます。
     木々の緑の丸は多様な人々も表現しており、畑と緑、月の様な太陽の様な浜なし。様々な丸の配置に多様性が表されています。

    キャッチフレーズ


        みどり(いろど)り 明日(あす)へのつながり

     区制50周年を迎えるにあたり、これまで築き上げられた緑区の豊かな自然や農の営み、活き活きとした日々の暮らし、そして培われてきた地域の絆といった『彩り』を、緑区の明日を担う次世代に繋いでいこうという意味を込めました。
     より多くの方に愛されるキャッチフレーズになるよう、言葉の流れも意識しました。


    ▶ キャッチフレーズ、ロゴマーク及び名称の使用についてはこちら


    50周年までのカウントダウン

    緑区が誕生した2019年10月1日に向けて、1000日前の2017年1月4日から、

    区民のみなさまの写真を使ったカウントダウンをFacebookページで実施しています。


    Facebookページについて


    これまでの写真

    撮影した写真は、順次こちらに掲載していきます。


    2017年

       

    緑区制50周年記念事業実行委員会について


    ページ先頭へ