- トップメニュー|検索
  1. トップページ  >
  2. 目的で探す  >
  3. 子育て・教育  >
  4. みどり子育て応援情報  >

乳幼児健康診査と0〜3歳児の特徴

 子育てについていっしょに考えるために乳幼児健康診査を4か月児、1歳6か月児、3歳児の3回実施しています。
 各時期に健診のお知らせが届きます。(指定日以外でも健診は受けられます。)
 またこの他に、市内の委託医療機関で母子健康手帳(別冊)に綴じ込みの受診票を利用して、健診が受けられます。(1歳1か月未満まで、3回無料)


健診の主な内容その頃の特徴
4か月児健診 計測、診察、育児相談、栄養相談、歯科相談、母親の健康相談、母乳相談
泣き声は赤ちゃんの大切な信号
 この時期赤ちゃんは泣くことで不快感や甘えたい気持ちを伝えます。たくさん抱っこして話しかけましょう。
0歳児には適度の刺激が大切
外に連れ出したり、軽い運動をさせましょう。
起きているときは,赤ちゃんから目を離さないようにして、腹這いにならしてあげましょう。
1歳6か月児健診 計測、診察、歯科健診(歯ブラシ持参)、歯科相談、育児相談、栄養相談
生活に規則正しいリズムを
早寝早起きをして、外で元気に遊びましょう。
好奇心旺盛でいたずら盛り
目につくものはすべてさわって確かめます。行動範囲も広がりますが、目を離さないようにして経験させてあげましょう。
3歳児健診 計測、診察、歯科健診(歯ブラシ持参)、歯科相談、尿検査、育児相談、栄養相談
自我の芽生えで、もめごと急増
ともだちとのケンカも激しくなるでしょう。叱ることも必要ですが、複数で遊ぶときのルールや譲り合うことを教えてあげましょう。
お手伝い大好き、でもあきっぽい
お手伝いも遊びのうち、面倒がらずに可能な範囲でさせてあげましょう。しかし、最後までできないことも多いでしょう。

 


ページ先頭へ