本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  • イベント情報
  • 関連リンク
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • トップページ

平成29年度 よこはま教育実践ボランティア

教育を目指している学生のみ御利用可能です。※学生…大学院、大学、短期大学、高等専門学校の学生
連携大学の方
そのまま先へお進みください。
一般大学の方
利用できますが、まず、横浜市教育委員会事務局
教職員育成課045-411-0517に御連絡ください。
よこはま教育実践ボランティアの特徴
(1) Web上で「最寄り駅」「実施日時」「活動内容」等が確認できるため、自身の都合に合わせた活動を選択できます。
(2)「校外学習」「宿泊行事」「夏休み学習会」などの短期の活動もありますので、忙しい方でも利用しやすいです。
(3) 1年中常に学校情報を公開しています。申請と登録が完了後、約1週間以内に希望の市立学校を紹介します。
(4) ボランティア保険は、横浜市で加入いたします。
(5) 活動終了時に「実施記録書」をお渡しします。

◀ 手順 ▶      登録・申請完了後、約1週間以内に希望の学校を紹介
(1) 学校情報を
  見る
(2) 学内で
  登録手続き
(3) 申請
  する
(4) 教育委員会から
  決定校の通知が
  Eメールで届く
(5) 受入校校長と
  面接後、実施

(1)〜(3)は前後してもかまいません。
登録は1度行えば、在学中有効です。活動したい時に何度でも申請ができます。

1 学校情報を見る

     まずは次の「学校情報」を御覧ください。青太字が現在公開している情報です。
             
※学校…小学校・中学校・義務教育学校・高等学校・特別支援学校

活動時期   学生の申請期間  
A期(平成29年4月〜6月の活動)の学校情報 平成29年3月6日(月)〜5月19日(金)
B期(7月〜8月の活動)の学校情報 平成29年5月22日(月)〜7月21日(金)
C期(9月〜11月の活動)の学校情報 平成29年7月3日(月)〜11月2日(木)

D期(12月〜平成30年3月の活動)の学校情報

平成29年11月6日(月)〜平成30年2月2日(金)

 

2 学内で登録手続き
     気に入った活動が見つかりましたら、学内のボランティア担当窓口で登録手続きを行ってください。
     一回登録手続きを行うことで、在学中有効になり、何度でも申請ができます。
     在学中、2回目以降の申請からは登録手続きは必要ありません。
     *平成28年度に既に登録している学生は、新たに登録手続きを行う必要はありません。
 
【登録時に担当者が確認する主な内容】
◆教職課程を履修し、教員を目指していますか。
◆教育現場にふさわしい身なり、行動を心がけますか。
◆活動の趣旨を理解していますか。
◆活動に対し、熱心に取り組めますか。

   *自宅から受入校までの交通費は原則、自己負担です。他に食費等経費のかかるものもありますので、学校情報をよく確認してください。
   *ボランティア保険の加入は受入校で行います。(個人で加入する必要はありません)
   *活動で得た情報を外部に漏らしたり、児童生徒と連絡を取り合ったりすることは禁じられています。


3 申請から実施までの流れ(申請前に必ずお読みください)
 (1)  申請手続き
    次ページの申請手続きを行います。

 (2)  教育委員会から返信メールを受理
    学内での登録が完了している場合は、約1週間以内に教育委員会から受入予定校紹介のEメールが届きます。
    *大学での登録前に申請することもできますが、登録が完了するまでには受入予定校紹介のEメールは届きません。

 (3)  面接日の確認連絡
    受入予定校に連絡し、面接日を確認してください。面接時に活動の日時等の詳細を相談します。
    承認された場合には、
    1 受入校が用意した「承諾書」の記入を行ってください。   
    2 「活動報告書」のフォームが配付されますので、記入を行い、全活動日程終了後に受入校と大学に提出してください。

 (4)  活動開始
    次の項目を順守してください。
1 教育現場にふさわしい身なり、行動を心がけます。
2 受入校のルールを守り、教職員の指示に従い行動します。
3 活動で得た情報を外部に漏らしたり、児童生徒と連絡を取り合ったりすることはしません。
4 活動中は、児童生徒を中傷したり、危険にさらしたりすることはしません。
5 活動の日程を優先します。参加できない日が生じた場合はあらかじめ受入校に相談します。
6 活動に対し、最後まで責任もって取り組みます。活動が続けられなくなった場合は受入校に相談します。
    *受入校から期間の延長の相談があった場合は、学生自身の判断で決定してください。

 (5)  全活動日程終了時
    「活動報告書」を2部コピーし、受入校と大学の担当者に提出してください。
    受入校から「実施記録書」が発行されます。

◀ 申請手続き ▶
1 入力項目
    あらかじめ、設問の回答をメモしてから入力しましょう。
設問 選択肢 等
教員を目指していますか(必須) はい/いいえ
大学等で登録手続きを行いましたか(必須) はい/いいえ
大学等(必須) プルダウン
学部・学科等名(必須)  
大学等が発行する学生番号(必須)  
学生氏名(必須)  
氏名ふりがな(必須)  
現在の学年(必須) 1/2/3/4/院1/院2/その他
性別(必須) 男/女
申請時の年齢(必須)  
希望の活動(必須) 活動番号を記入
親族勤務校・親族が在籍している(いた)学校  
電話番号1(必須)  
電話番号2  
住所(必須)  
Eメールアドレス(必須)  
備考(活動中、配慮が必要なこと 等)  
※大学等…大学院、大学、短期大学、高等専門学校

◆第2、第3希望等がある場合は、活動番号を半角カンマ(,)で区切り、希望順に入力
例)A19,A23,A25 … A19が第1希望、A23が第2希望、A25が第3希望
            →いずれか1つの活動を紹介
◆複数の活動を希望する場合は、複数回申請
例)A2の遠足とA11の宿泊行事の両方に参加したい。(日程が重ならないように)
  →1回目の申請でA2を、2回目の申請でA11を記入します。

 

2 申請の手順
 (1)  「申請画面」をクリックし、必要事項を入力
 (2)  入力後、「申請内容確認」ボタンをクリック、修正の場合は「修正」ボタンをクリック
 (3)  「印刷用ページ」ボタンをクリックし印刷(印刷したものは自身の控えとして保管)
 (4)  「申請する」をクリック
 (5)  「申請完了」画面を印刷か記録(登録番号と問合せ番号が表示される。自身で保管)


3 申請

   次のいずれかの「申請画面」をクリックし、申請を行ってください。
   申請画面(パソコン用)
   申請画面(スマートフォン・タブレット端末用)
   申請画面(携帯電話用)
   *動作環境は次のURLから確認ができます。
    http://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/www/guide/environment.html

教育委員会事務局 教職員育成課 - 平成29年11月13日作成更新
ご意見・お問合せ - ky-renkei@city.yokohama.jp - 電話: 045-411-0517 - FAX: 045-411-0533
© 1999-2017 City of Yokohama All rights reserved.