本文へジャンプ - トップメニュー|検索
  • イベント情報
  • 関連リンク
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • トップページ
平成30年度(平成31年度実施)
横浜市立小・中・義務教育学校※1教育実習※2について
※1 横浜市立高等学校及び特別支援学校の教育実習申請方法は本記述とは異なります。
    横浜市立高等学校の教育実習については各学校に、横浜市立特別支援学校の教育実習については神奈川県教育委員会にお問い合わせください。
※2 教育実習、養護実習、栄養教育実習を「教育実習」と表記します。


平成30年度申請(平成31年度実施)の内諾方式の市立学校への申請期間(相談も含む)は次のとおりです。
平成30年4月23日(月)10時 〜 6月22日(金)16時
  ★6月23日以降に、学生から横浜市立小・中・義務教育学校に平成31年度の教育実習の依頼の連絡をすることはできません。

申請書類に関する御質問への御回答

Q1 「横浜市教育実習面接依頼書」に記入する「教育実習担当責任者」とは?

 

A1 記載事項に関する責任を担う方

 

Q2 「横浜市教育実習生受入承認書」に記入する、(1)「教育実習責任者」(2)「教育実習実務担当者」とは?

 

A2 承認書の情報は、実習校が、(1)指導内容に関する連絡をしたい時、(2)手続きに関する連絡をしたい時、に利用します。

   即ち、次の方が該当します。

   (1)実習生の指導等に当たられている教員

   (2)実習生の手続き関係について担当されている方



詳細について
連携大学の方はこちら          連携大学担当者用 各種様式Word形式
一般大学の方はこちら          一般大学担当者用 各種様式Word形式
横浜市立学校教育実習実施要項
 ※連携大学(横浜市教育委員会と連携・協働に関する協定を締結している大学)と一般大学では申請方法が異なります。
  学生の方で、通っている大学が連携しているかどうかわからない場合は、大学の担当者にお問い合わせください。


学生が必要な書類(全大学の内諾方式・一括方式・追加募集の全てに共通)
「教育実習を行うまでに身に付けてほしいこと」PDF形式
 横浜市での教育実習が決定した時点でダウンロード、又は各大学から受理してください。
「横浜市教育実習連絡カード」Word形式
 市立学校での事前打合せの約2週間前までに、学生から実習校に提出してください。

※平成30年度の一括方式及び追加募集時の学生の申請では、携帯電話及び古い機種のスマートフォンからの申請ができなくなります。
  動作環境は次のURLから確認ができます。 http://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/www/guide/environment.html

 

教育委員会事務局 教職員育成課 - 平成作成 - 2018年04月23日更新
ご意見・お問合せ - ky-renkei@city.yokohama.jp - 電話: 045-411-0517 - FAX: 045-411-0533
© 1999-2018 City of Yokohama All rights reserved.