検索  トップメニューhdrc.gif


横浜市中央図書館


Research Guides

●《関東大震災》を調べる。
TOP MENU 被害地域を地図で確認する。 被害の模様を写真に見る。 震災後の経過を読む。 市民生活の様子を知る。 震災の記録を読む。


横浜市震災誌 第5冊
第6編 善行美跡 本を読む。
1 安田きみ、城田三男 1
2 浅田政市 1
3 小菅都奈子 3
4 稲木幸吉 8
5 内田豊、柴田茂 12
6 竹村みつえ 13
7 松本茂 15
8 志村のぶ 17
9 榊原良輔 19
10 矢島カク 21
11 野々村繁、妻 豊、長男 政雄 22
12 福田信義 23
13 箕輪達雄 24
14 君塚市蔵、妻 カツ 27
15 笹原功 28
16 金子宗吉 28
17 中山鶴蔵 29
18 守長秀浩 30
19 松本丈太郎、永田実、佐々木高尚、高田新作、糸日谷喜太郎 31
20 巻幡憲二 38
21 太田利三郎 40
22 今井三二、外83名 41
23 都築福三郎 41
24 中西末松、小僧某 42
25 田辺貞次郎 43
26 井上豊吉 43
27 上杉友孝 43
28 矢川久三郎 44
29 佐藤卯吉、亀井吉兵衛、飯野チウ 46
30 佐藤安蔵 47
31 山崎台蔵 48
32 小野政蔵 48
33 広畠実三 50
34 藤巻とめ 52
35 鈴木三郎、山岸文太郎、岡野健三、石渡秀吉 53
36 佐久間保、高島宗記 57
37 小沢恭之助 60
38 板野権太郎 63
39 江間浜之助 64
40 小川強、山田信造、遠藤富太郎、其他署員一同 68
41 国越駒吉、野沢倭文雄、山崎国造 72
42 鈴木勝之輔、塚越芳晴、福田国太郎 73
43 寺山徳四郎 77
44 飯草育蔵、石井磯五郎、千葉要、角音吉、斎藤重 78
45 志倉幸太郎、桜井初太郎、菅野善三郎、高橋森吉 79
46 高儀市太郎 80
47 久常健次郎 83
48 宮井栄助 84
49 山田信道 85
50 渡辺寅作 86
51 浜村藤作 87
52 伊東俊秀 88
53 橋本寅作 88
54 大橋惣兵衛 89
55 森英一 89
56 塚越晴芳 89
57 落合農夫太 90
58 鎌田綱正 90
59 鈴木一助 91
60 布田秀松 91
61 内田静 91
62 渡辺弥太郎 92
63 谷川正夫 92
64 片倉円作 93
65 佐藤薫司 93
66 西岡藤作 94
67 長谷崎盛司 94
68 須田越夫 95
69 力石金太郎 95
70 小島兼次郎 95
71 平林松太郎 96
72 清水達二、医員富永某、中野寛 97
73 村尾武次郎 99
74 戸塚タカ 100
75 平野清太郎 100
76 金森直蔵 101
77 栗原藤作 101
78 山本義隆 102
79 田口高十郎 103
80 和野佐吉、染谷富蔵、尾形林蔵、五十嵐泰次郎 104
81 木下淳一、川上力蔵、増田辰之助 104
82 三浦賢、臼井金太郎 105
83 狩野幸太郎、狩野徳太郎 106
84 稲田与太郎 107
85 杉本直義 107
86 石井藤一、前島俊、河野弘 108
87 間辺源太郎、川島広作、外5名 108
88 上田亀吉、中島馬吉、外11名 110
89 原田精次、外26名 112
90 神足徳三郎、外81名 113
91 山本善次郎、外49名 114
92 渡辺嘉也、菊池勇、外227名 114
93 牧良治、外324名 116
94 栗生啓次郎、牛島芳太郎、永田文次郎、福野豊次郎、高橋弁蔵 116
95 飯沼亀吉、長田為次、手塚丑五郎、芹沢真三郎、小柴忠太郎 117
96 矢田銀兵衛 119
97 杉野藤蔵、水野辰五郎 120
98 林建蔵、林五郎吉、鈴木茂右衛門 121
99 宇野常司 122
100 高橋庄次郎 123
101 仁居津恵吉、竹井敏雄、山口一男 123
102 望月隆太郎 126
103 田島栄太郎 126
104 秋山梅吉 127
105 林長七郎 128
106 小島喜平、小島安五郎、小島浅五郎、小島正次 129
107 小泉竹次郎 129
108 槇島平吉 130
109 佐藤定次郎 130
110 池田周治 131
111 岡田美代吉、岡田民五郎 132
112 茶谷利三郎 133
113 松田直 133
114 伊藤幸太郎 134
115 山川十蔵 134
116 渡辺寅作、野崎松五郎 135
117 望月秀雄 136
118 川添祐一 136
119 小島万子 136
120 水上政香 137
121 北条長一郎、村松清、渡辺熊吉 138
122 本田竹一、諸沢松之助、岩本重作、望月秀雄 138
123 高橋滝蔵、吉田忠吉、外5名 139
124 志倉幸太郎 140
125 中村六郎 141
126 山口清五郎、神崎三治、外10名 141
127 清水守之助 142
128 安達頴一 142
129 清水達二 143
130 清水仁三郎 143
131 宇田川芳松、島村清太郎、新井源一郎、小林秀治郎、大胡捨吉 143
132 杉村新平 144
133 西場幸三郎 144
134 古野政雄 144
135 池島留吉、中台金蔵、中台定吉 145
136 関谷安五郎、西川重良、外3名 145
137 本多末吉 146
138 渡辺八郎 146
139 安田薫 146
140 河野隆夫、エデ、コミス 146
141 箕輪半蔵 147
142 山中敏恭 147
143 田中海勇 148
144 吉本専之助、田中末吉、佐藤定次郎、船橋豊次郎、川崎某 148
145 貝道彦雄 149
146 森田東一、中佐岩造 149
147 田沢良助、田沢章光 150
148 内田四郎次、川又啓三、島田源太郎 150
149 高山英治 151
150 平林松太郎、池田源太郎、肥後栄一 151
151 鈴木金吾 151
152 竹内定吉 152
153 直江七蔵 153
154 神田楠一 154
155 薄井亀吉 154
156 新井作五郎、弦間重明 155
157 吉村隆太 155
158 新井重五郎 156
159 宮田周造、宮田権次郎、外5名 156
160 生沢昌夫 157
161 小川安太郎 158
162 岸憲 158
163 笠井友次郎 159
164 新井紋次郎 159
165 石井庄治、田辺正義 160
166 大津静馬 160
167 新井源次郎 161
168 渋谷栄一 162
169 松崎健次郎 162
170 浦部扶司 162
171 須藤力蔵 163
172 茂手木重平、平野坂定楠、平野坂雇人2名 164
173 森咲子 165
174 金子音吉、野崎松五郎 166
175 伊藤伝吉、有豊彦、山本楽太郎、榊原譲 168
176 新井泰二 168
177 深野潔、石川三之助、湯田徳二 169
178 園田茂子、伊能カク子、坂本琴枝、井上イネ、門馬勇 170
179 吉村秀美、池田正一、鈴木寅平 171
180 太田文治、堀田光之助、芹沢森蔵、春日井常吉 172
181 杉村林蔵、奥野幸三郎、増井仙吉 173
182 近藤小太郎 173
183 井上良助、渡辺常吉 174
184 伊藤弥吉 174
185 鈴木福三郎、木村惣十郎 175
186 三浦新治郎 175
187 越川茂三郎 176
188 加藤小太郎 177
189 門倉幸助 178
190 生方喜作 178
191 鈴木勝蔵 178
192 北野政次郎 179
193 山田利雄 180
194 岡定三 180
195 荻正義 180
196 平谷由松 181
197 村上徳次郎 182
198 鈴木治郎吉、鈴木政勝 183
199 鈴木実 183
200 早川鉄五郎 184
201 山田浩平 184
202 朴元植、李在坤、尹道知 185
203 姜福童、李同圭 185
204 荒井松五郎 186
205 岡田金作、鈴木茂三郎 186
206 高橋隆吉 187
207 荻野牧太郎 188
208 加藤庄三郎 188
209 加藤忠一 189
210 影山正次郎 189
211 浅井嘉十 190
212 吉田力太郎 190
213 槌谷一雄 191
214 太田健次郎 191
215 田川礼一 192
216 佐藤弥三郎 192
217 高橋芳次郎 192
218 岡山儀三郎、新国進 193
219 石黒亀吉、本田太郎吉 193
220 鳥越庄太郎、平本万次郎 194
221 大久保喜一、渡辺已之助、清水実、金子三郎 194
222 市川留吉 195
223 片岡国太郎 196
224 加藤岡与吉 196
225 岩脇隆城 197
226 永田永太郎 197
227 植木泰運 198
228 安足安太郎、倉持五三郎、安部正松 198
229 松本吉太郎、鴨下市太郎、小川正吉、萩原直次 199
230 椎名定次郎、市原仙吉 200
231 大宮平四郎、青柳清次郎、柳沢金次郎、中野信次 200
232 大和田卯之吉、大貫収蔵、鈴木豊吉 202
233 磯崎鉄蔵 203
234 夏目嘉吉 203
235 黒川内栄、黒川内巌【※1】 204
236 黒川庄太郎、鈴木ミト 204
237 佐藤寅之助、森貞次郎、石井文雄、佐藤久七、中沢梅吉 205
238 山田宗助、広谷長吉、蒲生源蔵、高木滝次郎 206
239 村田仙之助、黒沢鶴吉、熊谷新五郎 206
240 磯ヶ谷倉吉、西沢利一、勝村勝太郎、吉川喜定、田辺井弥八、新川金太郎 207
241 屋代誠、神崎忠次郎、岩崎政吉 208
242 須田友栄、福田富次郎、井上竹次郎、千葉留吉、染谷富蔵 208
243 有松祐郎 209
244 奥秋良蔵 209
245 堀久、加藤徳蔵、伊藤文蔵、戸部玉十郎 210
246 佐久間市郎、山下二吉 210
247 清水トリ、近藤タツ、大川千鳥 211
248 柏崎三義、養老文治、外11名 212
249 長田庄四郎、保田喜代治 213
250 鈴木治三郎、渡辺福太郎 213
251 日下健之助、勝山喜作 214
252 石川房次郎、日暮倉吉、青木米太郎、徳原喜一、飯田永長 215
253 武田儀平 216
254 田中信義 216
255 田中滝蔵、鈴木鉄五郎 217
256 岩楯安之助 217
257 徳政馬吉、森田次郎吉、外8名 218
258 柳下亀蔵、外4名、網代近蔵、外3名 219
259 大野市五郎、斎藤吉五郎 220
260 遠山喜市、外船員一同 221
261 浜田辰朗、石塚伊勢松、外5名、村井亀吉、外5名 222
262 杉崎正治、藤井鶴吉、外11名 224
263 小沢安治、森巌、吉田岩吉 225
264 高橋栄次郎、外150名 226
265 苅部重太郎、小野良次 227
266 本沢菊造、岡本竜雄、(姓不明)清吉 227
267 新堀佐太郎、新堀亀之助、荒井金太郎、佐久間長吉 228
268 鈴木辰之助 229
269 守長秀治 231
270 安室善次郎 231
271 土屋万治 232
272 高島スズ、手島鍋吉 232
273 安室鶴吉 233
274 安室喜助、太田寅吉 233
275 加藤茂弥、酒造川栄造、山田市次郎、宝子山吉松、木下源十郎、外2名 233
276 西尾五助 234
277 西山芳造 235
278 杉崎精治、山田藤吉 235
279 小磯鶴之助 236
280 関野金次郎 236
281 岡本仁太郎、西海圭一、松本皎、相原和郎、宮原久四郎、外2名 237
282 中村某、勝呂某、魚久、外2名 238
283 塩崎惣一 238
284 今井仙太郎、大場武、上条重夫、守秋某 239
285 会沢某、(姓不明)四方七 240
286 佐藤良輔 240
287 松下島吉 241
288 佐野武男 241
289 大川政次、群司栄之助、早山米吉、竹下喜三郎 242
290 桐ヶ谷栄太郎 242
291 岩間敬義 243
292 曽川吉五郎、曽川万吉 244
293 南儀彦太郎、中山幸三郎、羽田竹次郎、山下衛 244
294 島出親平 245
295 水上俊作 246
296 大場小伊治 246
297 宮下久治、八木治作、鈴木喜之助、田中三治、田中弥一、外4名 247
298 大谷惣吉、市川友一、八木治作、倉橋守太郎 248
299 榎本末吉 248
300 池田祐吉 248
301 石井栄吉 249
302 助名実保 249
303 森田亀吉 249
304 三枝清 250
305 浅岡喜一郎 250
306 内田登 251
307 上島奥松 251
308 宮代梅次、宮代松太郎、守泉由松、西山金次郎 252
309 渡辺和作、泉水徳次郎、古川真虎、伊藤義雄、近藤為七、外4名 252
310 水谷久吉、富塚正吉 253
311 伊藤清吉、能田三郎、鈴木久三郎 254
312 内山藤吉、落合文次郎 254
313 金子利三郎、小塚喜代二郎、金子末造、藤代郎浦吉 255
314 土橋信義 256
315岡 田米蔵、相沢重太郎 256
316 岡田要蔵、岡田広吉 257
317 岡田美代吉、岡田民五郎 257
318 田中熊造、田中竹次郎 258
319 落合春吉、梶ヶ谷浜之助、岡田栄次郎外数名 258
320 堤寿彦 259
321 岡田章久 259
322 小林勝蔵 259
323 若林伊三郎 260
324 大沢源作 260
325 大田美佐雄 260
326 飯田直松 261
327 児玉良造 261
328 岡田竹次郎 261
329 持田伊三郎、金子友吉 262
330 笠原喜之助 262
331 岡田丈夫、岡田良夫、市川利平治 262
332 山下熊蔵、水谷久良吉、葉山喜知郎、岩田銀蔵、六川重善 263
333 関米吉 264
334 上島東一 264
335 渡辺平三郎 265
336 堤兼次郎、坂田万三 267
337 宮代海治、宮代松太郎、池田梅吉、守泉由松、西山金次郎 268
338 村尾武次郎 268
339 雨宮勘市、佐藤清吉、雨宮蒔平、伊藤幸吉 269
340 古谷虎雄 270
341 手塚平吉 271
342 鈴木庄助 271
343 佐野弥兵衛 272
344 飯田春吉 273
345 伊藤留三郎 274
346 川島栄一、菊池武文、藤沢安次郎、外28名 275
347 守谷宏又 276
348 久保田篠吉、古川真常、落合文次郎 276
349 伊東健三 277
350 源波源次郎 277
351 近藤善太郎、菊地原助一、兵頭仁之助 278
352 平野宗十郎、萩原政枝、飯田弥三郎 278
353 野呂市太郎、野呂庄太郎、加藤半兵衛 279
354 山田義一 280
355 富塚正吉 280
356 村田重義 280
357 竹村音次郎、鈴木高次、小沢金太郎 281
358 松尾松五郎 282
359 荒井吉次郎 282
360 津村公隆 283
361 牧野権蔵、今井憲太郎 283
362 栗田広次 284
363 鳥越万蔵 284
364 渡辺安五郎 285
365 竹生鶴之助 285
366 遠藤角太郎 285
367 大沢のぶえ 286
368 川本だい 286
369 磯野哲夫 287
370 森万右衛門 287
371 吉村秀美、池田正一、鈴木寅平 288
372 石橋元市 289
373 沢田元治 289
374 上平庄三郎、大塚助次郎、川出喜三郎、田口光三郎 289
375 須藤留吉 290
376 石橋竹次郎、谷久太郎 290
377 山口与太夫、荒井滝蔵、林仙太郎 291
378 鈴木歌吉 291
379 梶山新之助 292
380 秋水国蔵、林鶴之助、桜井誠 292
381 田畑宗次郎、西田吉松 293
382 加藤喜代吉、古木兼吉、後藤浦吉、市川残 293
383 鈴木栄吉 294
384 石井由五郎 294
385 飯田金太郎 295
386 影山正次郎 295
387 大成賢次 296
388 水村松太郎 296
389 長谷川政彦、友広隆暁、山口要次郎、篠原子三吉 296
390 鈴木てい 297
391 木村庄作、大塚源之助、大塚音次郎 298
392 師岡徳蔵、宮尾清次郎、石川寅松、神谷梅衛、中川幾三、外3名 298
393 森栄蔵 299
394 赤坂喜一郎 300
395 小林重太郎、佐藤浜太郎、酒井文蔵 300
396 岸田幸之助、安西昌平 301
397 田辺宥僊 301
398 古賀文一郎 301
399 新井政義 302
400 池田源太郎 302
401 清水長五郎、関金蔵、新井嘉水、石川梅蔵、来住野平司 303
402 加藤伊勢松 303
403 大野亀次、西沢丹三、石原輝一、山本政人、増田精家、外3人 304
404 木島吉五郎、古谷熊太郎、房前国三郎 305
405 土方政国 305
406 斎藤幸次郎 306
407 山田増次郎 306
408 杉田重五郎 307
409 鈴木信太郎、木村誠、木村シズ、浜田昌太郎、椿秀治 307
410 鈴木庄助 308
411 榊原伊作 308
412 金子金次郎、金子彦太郎、渡辺豊雄、榊原虎之助、青木三蔵、外3名 309
413 神崎平蔵 310
414 渋谷由之助 310
415 鈴木豊、荻野音吉、大塚鹿之助、鈴木源吉 311
416 花田直吉 311
417 伏木新十郎 312
418 瀬尾半次、八島倉治 312
419 島村喜代七 312
420 渡辺茂作 313
421 岩崎清 313
422 加藤長吉、柳沢智治 314
423 久保滝蔵 314
424 鈴木定蔵、大場三蔵 314
425杉勘蔵 315
426 石井鶴之助 315
427 本郷伊三郎 316
428 奥田貞之助 316
429 関根丑太郎、山口伝作、伊藤豊吉、田中佐司馬、飯島直吉、外2名 316
430 佐野弥兵衛 317
431 山田春次郎 317
432 中島辰三、多田三造、石橋信雄、保田盛、浅野直次郎、外2名 318
433 北村ハナ、平井サダ、桜井治三郎 319
434 島村虎雄 319
435 柳沢仁香 320
436 斎藤清次 320
437 伊藤房太郎、江原友吉 321
438 熊沢道之助 321
439 藤岡ヨシ、鈴木金太郎、鈴木平太郎、鈴木庄八郎 322
440 小野口嘉七、河野子吉、阿部運三郎、北見豊太郎、小早川啓次郎、外3名 322
441 浅野又四郎、後藤謙之助、山形隆道、福田長吉、福田政吉、外3名 324
442 深畑信、横田若之助、西村林吉、桜井金太郎、吉田清吉、西原福松 325
443 丸山秀雄 326
444 田中直吉、吉田角次郎、堀内源太郎、水野保、岩崎春吉 326
445 太田平次郎、早川彦次郎、市川伊十郎、榊原博士 327
446 石井藤一、杉本道義、川田正敬 327
447 近藤復、簔原巌、外5名 328
448 神造酒弥、外船員266名 329
449 山枡儀市、外船員118名 330
450 佐藤淳二、外船員48名 330
451 浅野良三、高野省三 330
452 栗原徹 331
453 東郷正作 331
454 遠山節、宍道喜久左衛門、宇野常司 332
455 黒沢精次、松本織蔵、林幹太郎 332
456 市剛昇、斎藤作蔵、大胡強 332
457 滝沢幾太郎、外11名 333
458 川村豊作、赤井海三 334
459 藤井真澄、岡田厳喜、外27人 334
460 安室米吉 335
461 杉山栄吉 335
462 鍋谷甚太郎 336
463 半田高次郎 336
464 山本嘉兵衛 337
465 関貞吉 337
466 岩野芳太郎、岩野栄次郎、守谷末太郎、鈴木沢吉、馬場六三郎 337
467 高橋蒸之助、遠藤要助、安藤兼五郎 338
468 後藤惣兵衛、飯田敏、内田源二郎 339
469 伊藤義秋、内山藤吉、石原牛太郎 339
470 一色伊太郎、加藤弥惣次、葦名金之助 340
471 河瀬信吉、岡田平吉 340
472 田辺貞次郎 341
473 山口松五郎 341
474 池島留吉、中台金蔵、中台定吉 342
475 鈴木弥、山田信吉、西堀森蔵 343
476 大木栄、柿本権次郎、高田清次郎 343
477 村山持小蒸汽船員、あやば丸船員 344
478 田辺佐太郎 344
479 佐藤福太郎 345
480 吉野康三郎 345
481 葉多野保男 345
482 荒井芳太郎 346
483 吉野喜三郎 346
484 池谷政雄、打木三郎、大河原芳五郎 346
485 落合辰五郎、落合三郎 347
486 市川準之助、針ヶ谷常吉 348
487 熊沢周助 348
488 山川吉左衛門 348
489 田辺徳五郎 349
490 中西末松、大胡銀蔵 349
491 赤羽泰吉 350
492 山崎善次郎、中島次郎助、宮川善吉、稲葉林之助、柳下金五郎 350
493 池田勝次郎 351
494 植木仲蔵、小林次郎、外9名 351
495 清水清兵衛、小川与一、大久保与阜 352
496 森野竜吉、小川国太郎、外7名 353
497 遠藤吉五郎、米山千代蔵、外35名 353
498 矢田部直三郎、江原松次、河原満治、児山鉄次郎、児山勝次 354
499 榛沢●太郎 355
500 藤田利兵衛 355
501 伊沢慶司、北野久吉、外14名 356
502 上保専三、植木寅吉、鈴木市蔵、河西梅吉 357
503 川浦房次郎、鶴若源次郎、外7名 358
504 小島玉次郎 359
505 安室新五郎、牧野永治郎 359
506 安室幸吉 360
507 小栗桐蔵、中丸金蔵 360
508 海老塚源蔵 360
509 安斎浜吉、小島国一郎、外数名 361
510 田沢守哉、外数名 362
511 碓井直孝 362
512 川井太一郎、西尾五助 363
513 村田梅吉 363
514 松本亥之助 364
515 川田庄作、持田直一 364
516 松井豊 365
517 川村又十郎 365
518 木原タキ 365
519 宮崎清太郎、北見六蔵、本多利一、会田忠治、斉藤盛 366
520 井上於水 366
521 城田時蔵 367
522 佐藤意作 367
523 丸西芳太郎 367
524 岡田平吉、浜村半次郎、松本竹次、松本一郎、笠原重太郎 367
525 串田信夫 368
526 栗田広次 368
527 土井慶吉 369
528 福田勝平 369
529 日下部勇蔵 370
530 林秀吉 370
531 大前豊松、柳下富蔵、吉川福松、外16名 370
532 宮田喜代二郎、長崎市五郎、小川直作、皆川米吉、鈴木卯吉 371
第7編 遭難記と見聞誌 本を読む。
1 4人の骨を拾ふ 山崎紫紅 373
2 惨禍の犠牲 横田芳次郎 382
3 遭難と其前後 河西春海 390
4 山下町会社から公園まで 五月女一 440
5 神奈川柳町方面に於ける遭難談 佐藤嘉平 450
6 蓬莱町での遭難 植木寅吉 467
7 噫−9月1日 横山軍平 484
8 病児4人を擁して 滝田枕水 512
9 山下町から逃れて伊勢山に到るまで 斎藤栄三郎 519
10 税関内の遭難と西戸部に到る途上 石引宗四郎 525
11 遭難当時の日誌中より 池田治 536
12 花咲町より伊勢山 横井茂三郎 544
13 鮮人を保護して竹槍の中を 斎藤新次 550
14 御所山より稲荷台へ 中村常一郎 553
15 山吹町で妻子の焼死を目撃しつゝ 渡辺丈太郎 556
16 税関から西戸部官舎へ 浅岡文夫 560
17 航路標識管理所を中心とする遭難記 564
(1)9月1日、2日の我 小山貞治 564
(2)自己を中心としての這次の変災 久保寺丘吉 569
18 其後の久保山火葬場 古安行円 585
19 水道山の避難記 木村順次郎 588
20 遭難と人心騒擾に関する実見記 中島徳四郎 590
21 焼野の雉子(琵琶歌) 宮原信夫 596
22 震災に依る吉田小学校及其付近の惨状 吉田小学校 600
(1)東本願寺前付近 600
(2)吉田小学校の被害 602
(3)学区内に於ける主なる惨話 607
23 山下町電話料金課及分室の惨状 中林清 609
24 社会館震害と横浜駅付近混乱の光景 松本正三郎 615
25 其後の社会館 松本正三郎 619
26 南太田高地より見たる震火災 宮川仁三 621
27 程よき試練 滝沢曲南 624
28 大震災と神奈川高等女学校 佐藤善治郎 630
29 加賀町警察署より公園へ 松谷繁助 632
30 恐ろしかりし日の私 マーシャル・マーテン 636
31 震災日誌 ユーシテス・ストロング 646
32 震災当時の思ひ出 孫士傑、朱? 655
33 骨肉14人と外に雇人数人を犠牲にした私の一家 鮑明常 660


       【※1】旧字体など文字化けの可能性がある漢字は、常用漢字に変更しております。



横浜市トップメニューarwn.gif教育委員会arwn.gif図書館トップページarwn.gif関東大震災を調べるarwn.gif横浜市震災誌 第5冊



(c)2003 City of Yokohama. All rights reserved.