蔵書検索ページのSSL/TLS通信の暗号化方法の変更について

蔵書検索ページのSSL/TLS通信の暗号化方法を、2015(平成27)年12月14日(月)に変更しました。

これに伴い、Windows XP等、お使いの端末の環境によっては、蔵書検索ページにアクセスできなくなります。

Q1 なぜ設定を変更するの?                 

A1 データ通信の安全性を確保するために、IPA(情報処理推進機構)で推奨されているセキュリティ型を採用する必要があるためです。

Q2 どんな利用環境だと蔵書検索ページにアクセスできなくなるの?                          

A2 代表的な例としては、Windows XPをお使いの場合、アクセスできなくなります。

 Windows XP は平成26年4月9日に、OS自体のサポートが終了しており、Microsoftからのセキュリティ更新プログラムの提供も終了しているため、今回変更する暗号化には対応していません。

その他一部の携帯電話についても、新しい暗号化方法に対応していません。詳細は各キャリア会社にお問い合わせください。

Q3 設定変更を延期できないの?              

A2 Internet ExplorerGoogle ChromeFirefoxの主要なブラウザが、平成28年初頭に、現在図書館が使用している暗号化方法を無効にすることを表明しているため、平成27年中に変更する必要があります。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > お知らせ > 蔵書検索ページのSSL/TLS通信の暗号化方法の変更について