よんでみよう こんなほん 2013
しょうがっこう1・2ねんせい

タイトルをクリックすると、貸出中(かしだしちゅう)かどうかがわかります。

タイトルのあいうえお順(じゅん)にならんでいます。
本のひょうし タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ 本のないよう
s12-asagao.jpg あのね、わたしのたからものはね ジャニス=メイ=ユードリイ/作
エリノア=ミル/絵
かわいともこ/訳
偕成社 クラスで じぶんのたからもののはなしを していないのは メアリィ=ジョーだけでした。
s12-ichibann.jpg うさんごろとおばけ 瀬名恵子/作・絵 グランまま社 うさぎの うさんごろをしってるかい? からだがでっかい、めだまもでっかい。おまけにまんげつのばんになると とくべつなちからが でるんだそうだ。てっぽうもうてるし かっぱやおばけも こわくない。みんな、うさんごろの でっかくておもしろいはなしをよんでみない?
s12-usagiga.jpg おひさまみたいに スーザン・マリー・スワンソン/文
マーガレット・カドス=アーヴィン/絵
ふしみみさを/訳
ほるぷ出版 ひまわりのめが じめんから かおをだしたよ。おひさまを まっすぐ みつめながら ぐんぐんのびていく。わたしは せがたかく、かがやいていたひまわりさんを わすれない。
s12-uminobessou.jpg おひさまやのたんぽぽスプレー 茂市久美子/作
よしざわけいこ/絵
講談社 さとしは はしるのがきらいな二年生。でも「おひさまや」というおみせで うさぎから はしるのがすきになる たんぽぽスプレーをかった。ほんとかな。つぎの日、さとしはむねをどきどきさせて うんどうかいにでた。
※「おひさまや」シリーズは、ほかにもあります。
おひさまやのおへんじシール
おひさまやのテーブルクロス
s12-obakeyasann.jpg こいぬをむかえに 筒井頼子/文
渡辺洋二/絵
福音館書店 山のおじさんのいえに こいぬが二ひきうまれました。そうちゃんは、一ぴきもらうことになり、おとうさんとふたりで むかえにいきました。二ひきのうち さくらの花びらを おいかけてあそぶこいぬが、すきになりました。たむ、たむ、と あしおとをたててあるく こいぬです。
s12-ohayousu.jpg こねこにこにこねどこでねころぶ 石津ちひろ/文
藤枝リュウジ/絵
BL出版 ゆかいな早口ことば、早くいえるかちょうせんしてみよう。
※シリーズは、ほかにも3さつ。
ころころラッコこラッコだっこ
ぞうからかうぞ
よるくまくるよ
s12-kotobaasobi.jpg ずら〜りキンギョ 松橋利光/しゃしん
高岡昌江/ぶん
アリス館 キンギョがならんだ。顔(かお)もからだも 尾(お)びれもいろいろ。たくさんのキンギョに であえるよ。
※シリーズがあります。
ずら〜りカエル
ずら〜りウンチ
ずら〜りマメ
ずら〜りイモムシ
s12-jiojionopannya.jpg セミたちの夏(なつ) 筒井学/写真と文 小学館 セミたちはどうして、あんなに大きな声(こえ)で鳴(な)くのでしょう? どうやって卵(たまご)を産(う)むのでしょう? この本をよむと、セミのひみつがよくわかります。
s12-shirumu.jpg ちかちゃんのはじめてだらけ 薫くみこ/作
井上洋介/絵
 日本標準 美容院(びよういん)、歯(は)医者(いしゃ)さん、「スキ」なひと。二年生のちかちゃんがであう 3つの「はじめて」。
s12-suzutyanntomajo.jpg ちびっこ大せんしゅ シド・ホフ/ぶんとえ
光吉夏弥/やく
大日本図書 ハロルドは、リトル・リーグの なかで、いちばん ちびっこです。しゅびも バッティングも うまくできません。でもある日、だいじな ばめんで、でばんが やってきました。
s12-sennseikorenaani.jpg テディ・ロビンソンのたんじょう日 ジョーン・G.ロビンソン/作・絵
小宮由/訳
岩波書店 テディ・ロビンソンは、大きくて、だきごこちのいい、くまのぬいぐるみ。デボラという女の子のものです。ベビーシッターになったり、たんじょう日をおいわいしてもらったり、木にのぼったり。たのしいおはなしが六つ入っています。
s12-chiisanachiisana.jpg としょかんねずみ ダニエル・カーク/さく
わたなべてつた/やく
瑞雲舎 としょかんにすむ ねずみのサムは、ほんがだいすき。あるひ、ほんをかいて、ほんだなに おいてみました。すると、そのほんは だいにんきに。ついに、としょかんのひとに あいたいといわれて、サムはこまりました。さあ、どうしましょう?
※つづきのおはなしが1さつあります。
としょかんねずみ 2
s12-doubutsunoashigata.jpg トンネルをほる ライアン・アン・ハンター/文
エドワード・ミラー/絵
青山南/訳
ほるぷ出版 おおむかし、人間(にんげん)は水をくむためにトンネルを ほりました。銀行(ぎんこう)どろぼうも、金や銀をさがす人もほりました。海(うみ)の下を通(とお)るトンネル。となりの国(くに)に出るトンネル。いまでは、いろんなトンネルがほられています。みんなの町の下にはどんなトンネルがあるのでしょう?
s12-toranekotoosyou.jpg はがぬけたらどうするの?
せかいのこどもたちのはなし
セルビー・ビーラー/文
ブライアン・カラス/絵
こだまともこ/訳
フレーベル館 ぬけた「は」を、あなたはどうしている?  あなに うめたり、イヤリングにしたり…。  せかいのこどもたちが、どんなやりかたで ぬけた「は」と おわかれしているか、みてみましょう。あなたと おなじことを しているこも いるかもしれませんよ。
s12-nezuminoie.jpg 博物館(はくぶつかん)の一日(いちにち) いわた慎二郎/作・絵 講談社 おとうさんと国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)にいったよ! 恐竜(きょうりゅう)の化石(かせき)標本(ひょうほん)を見(み)て、研究員(けんきゅういん)さんのおはなしをきいた。化石を発掘(はっくつ)したり、骨(ほね)をもとどおりくみたてたりするのもおしごとなんだって。おおきな全球型(ぜんきゅうがた)シアターも見たよ。ぼくたちといっしょに探検(たんけん)してみない?
s12-hachimitsu.jpg ばけたらふうせん 三木卓/作
長新太/絵
童話館出版 ばけたら、ふうせんになっちゃった。もとのすがたはなんだっけ。おいしゃさんなら、わかる?
s12-harapeko.jpg はちうえはぼくにまかせて ジーン・ジオン/さく
マーガレット・ブロイ・グレアム/え
もりひさし/やく
ペンギン社 なつやすみ、トミーは りょこうするひとの はちうえを あずかることにしました。
s12-peroperokyann はなさかじい 松谷みよ子/[作]
西村繁男/[絵]
童心社 むかし びんぼうなじいさまと ばあさまがいぬのシロを かっていた。あるひ シロがじいさまを やまにつれていった。「ここほれ   ワンワン」とシロがほえたところから おおばんこばんがでてきた。それをみた よくふかばあさまが「おらにも シロを かしてくろ」といった。
s12-hennadoutsubu.jpg はなびのはなし たかとうしょうはち/さく 福音館書店 どーん! とあがる うちあげはなび。いろいろなかたちやいろは どうやってつくるのかな。
s12-misshinotakukanito.jpg ふらいぱんじいさん 神沢利子/作 あかね書房 ふらいぱんじいさんは、たまごをやくのが だいすき。でも、いえで たまごをやかせてもらえなくなりました。そこで、あたらしいせかいをさがしに、たびにでました。
s12-midoriirono.jpg ぼくのママはうんてんし おおともやすお/さく 福音館書店 ぼくのママは でんしゃのうんてんし。きょうはママのたんじょうび。パパといもうとと、せんろをまたぐはしから ママのでんしゃに おめでとう! って はたをふるんだ。でも、パパがおしごとで ほいくえんのおむかえに こられない。ママの でんしゃのじかんに まにあわないよ。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 2013 小学校1・2年生向