よんでみよう こんなほん 2012
小学校5・6年生

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

タイトルのあいうえお順にならんでいます。
本のひょうし タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ 本のないよう
s56-utyuugakimiwo.jpg 宇宙(うちゅう)がきみを待っている 若田光一/著 
岡田茂/著
汐文社 宇宙飛行士の若田光一(わかた こういち)さんが国際宇宙ステーションから毎日の仕事やくらしを紹介(しょうかい)します。若田さんがどうやって宇宙飛行士になったか、そして3回の宇宙滞在(たいざい)で何をしたのかがわかります。子どもの質問に答えるコーナーもあります。
s56-utyuunoaisatsu.jpg 宇宙(うちゅう)のあいさつ
(ちょっと長めのショートショート 1)
星新一/作
和田誠/絵
理論社 知能も文明も地球より高い星が反抗(はんこう)せず植民地になったのはなぜ?(「宇宙のあいさつ」より)思いがけない結末が待っているふしぎ、こわい、おもしろいSF10話。
s56-oipoponnta.jpg おーいぽぽんた 茨木のり子/ほか編
柚木沙弥郎/画 
福音館書店 詩や短歌や俳句(はいく)は、心の中でそっと読んでもおもしろいけれど、声に出すのもいいものです。大昔から現代まで、166の作品を選んだこの本には、心にぴったりくるすてきなことばがたくさんつまっています。
※別冊(べっさつ)もあります。
おーいポポンタ〔別冊〕 俳句・短歌鑑賞
s56-kamereonn.jpg カメレオンのレオン
つぎつぎとへんなこと
岡田淳/作・絵 偕成社 桜若葉(さくらわかば)小学校では、つぎつぎとへんなことがおこっていた。ろうかをペンギンがあるいていたり、校長先生がふたりになったり…「オバケのいたずら」とうわさされる事件を解決するため、べつの世界からカメレオンのレオン探偵(たんてい)がやってきた。
s56-kodomonikataru.jpg 子どもに語るアラビアンナイト 西尾哲夫/訳・再話
茨木啓子/再話
こぐま社 今から千年もむかしのこと。ペルシアのお妃(きさき)シェヘラザートは、王様のために、毎晩(まいばん)物語を語りました。空飛ぶじゅうたん、船乗りシンドバードの冒険(ぼうけん)など。「アラビアンナイト」のお話が、読みやすく楽しい本になりました。
s56-gooya.jpg ゴーヤ
ツルレイシの成長
亀田龍吉/著
白岩等/監修
あかね書房 春にゴーヤの種をまくと、芽が出てやがて花がさきます。花にも葉にも色々な虫がやってきます。どんな虫が来るのでしょう? 花がかれると、いぼいぼがある実がなります。少しにがいけれどおいしい野菜、ゴーヤを育てて食べてみよう!
s56-themanzai.jpg The MANZAI あさのあつこ/作
鈴木びんこ/絵
岩崎書店 この中学に転校して1か月。ぼくは秋本から漫才(まんざい)コンビの申しこみをされた。ある理由でぼくは「フツー」でいたいのに。いつの間にかクラスを巻(ま)きこんで、文化祭で秋本と漫才「ロミオとジュリエット」をやることになってしまった!
s56-sitterusyosouinn.jpg 知ってる? 正倉院(しょうそういん)
今なおかがやく宝物(ほうもつ)たち
読売新聞社/編
奈良国立博物館/監修
ミネルヴァ書房 奈良(なら)の正倉院には、8世紀の美術・工芸品が保存(ほぞん)されています。ペルシャのガラス器、ラクダのえがかれた楽器、ライオンの模様(もよう)のテーブルクロス。外国に行くのが命がけだった時代にアジアの国々がつながっていたことを宝物(ほうもつ)は伝えています。
s56-syarottono.jpg シャーロットのおくりもの E.B.ホワイト/作 
ガース・ウイリアムズ/絵
さくまゆみこ/訳
あすなろ書房 農場でくらす子ブタのウィルバーにクモの友だちができました。名前はシャーロット。いつもウィルバーを元気づけてくれます。そして、ウィルバーがハムにされそうになったとき、友だちを救うためにシャーロットが奇跡(きせき)をおこしたのです。
s56-joounohana.jpg 女王の鼻 ディック・キング=スミス/作
宮下嶺夫/訳 
ジル・ベネット/絵
評論社 動物が大好きな10歳(さい)の女の子ハーモニー.。夏休みに、おじさんは願いが七つかなう魔法(まほう)のコインをくれました。「わたしだけの動物をください」と願うと、迷子のうさぎがきます。かなう願いはあと六つ。ハーモニーは何を願うのでしょうか?
s56-sukaretto.jpg スカーレット
わるいのはいつもわたし?
キャシー・キャシディー/作
もりうちすみこ/訳
大高郁子/絵
偕成社 髪(かみ)は赤、舌にはピアス。スカーレットは問題を起こし、二年間で五回転校した。ママと二人で暮(く)らしていたけど、愛想をつかされアイルランドに住む大嫌(だいきら)いなパパと暮らすことになった。でも、パパは来るのを楽しみに待っていたみたい。
s56-seibutuno.jpg 生物の消えた島 田川日出夫/文
松岡達英/絵
福音館書店 今から約100年前、火山の噴火(ふんか)で死の世界となったクラカタウ島には、3年後には、緑のいのちがめばえていた。いったいどこからどうやって? この島は、長い長い時間をかけておこる生物の世界の変化をわたしたちにおしえてくれている。
s56-chiisanabaikinngu.jpg 小さなバイキングビッケ ルーネル・ヨンソン/作  
エーヴェット・カールソン/絵
石渡利康/訳
評論社 今から千年ほど昔、スウェーデンやノルウェーの海岸にバイキングとよばれる海賊(かいぞく)がいました。族長ハルバルの子どもビッケは、臆病者(おくびょうもの)だけど知恵(ちえ)ではだれにも負けません。ビッケが大活躍(だいかつやく)する冒険(ぼうけん)のお話。
s56-timuhutari.jpg チームふたり 吉野万理子/作
宮尾和孝/絵
学習研究社 卓球(たっきゅう)部のキャプテン、大地。小学生最後の試合は最強のダブルスで出場したいのに、下級生と組むことになってしまう。家族や卓球部の仲間に次々と事件が起きる中、大地たちは強いチームになることができるのか。
※続編が4冊あります。
チームあした
チームひとり
チームあかり
チームみらい
s56-panpukinn.jpg パンプキン!
模擬原爆(もぎげんばく)の夏
令丈ヒロ子/作
宮尾和孝/絵
講談社 原爆を落とす練習のために作られた模擬原爆。5年生の夏休み、ヒロカはいつも行くコンビニの場所にも、模擬原爆が落ちたことを知る。興味を持ったヒロカは、自由研究で壁新聞(かべしんぶん)を作り、みんなに伝えることに決めた。
s56-pitonosuketo.jpg ピートのスケートレース
―第二次世界大戦下のオランダで―
ルイーズ・ボーデン/作
ニキ・ダリー/絵
ふなとよし子/訳
福音館書店 少年ピートの夢は、勇敢(ゆうかん)なスケーターになること。1942年1月、ピートは、ドイツ兵にねらわれたヨハンナとその弟をベルギーに送り届(とど)ける重大な仕事をまかされた。凍(こお)った運河をすべり、ピートたちは命がけで、国境をこえようとする。
s56-huroshiki.jpg 風呂敷(ふろしき) 森田知都子/文
ふろしき研究会/監修
文溪堂 一枚(まい)の四角い布である風呂敷は、今のくらしでも大活躍(だいかつやく)。帽子(ぼうし)やウエストポーチが作れるし、すいかやガラスびんも包めるし、レジ袋(ぶくろ)のかわりにもなるのです。この本には風呂敷のつかいかたや歴史、包みかたなどがくわしくのっています。
s56-boukennsya.jpg 冒険者たち 斎藤惇夫/作
薮内正幸/画
岩波書店 町でくらすネズミ、ガンバは船乗りネズミの集まりに行きます。そこに、1ぴきのネズミがかけこんできました。夢見(ゆめみ)が島のネズミたちがイタチの一族におそわれているというのです。ガンバは島のネズミを助けに、仲間(なかま)と冒険の旅に出ます。
※続きのお話もあります。
ガンバとカワウソの冒険
グリックの冒険
s56-bokunoshigotoba.jpg ぼくの仕事場は富士山です 近藤光一/著 講談社 ぼくは富士山の登山ガイドです。夏の二か月間しか登れないきびしい山に、なぜ人は登るのか。ひとりひとりの想いによりそい、いっしょに頂上(ちょうじょう)を目指します。五百回近く登って見えてきた富士山の魅力(みりょく)を、みなさんに伝えたいと思います。
s56-bokuranochizu.jpg ぼくらの地図旅行 那須正幹/ぶん
西村繁男/え
福音館書店 シンちゃんとタモちゃんは、野浜(のはま)の岬(みさき)まで地図旅行をすることになっちゃった。兄さんから借りた2万5000分の1の地図と磁石(じしゃく)を持って出発。実際の道や町、田んぼや山を、地図の記号と見比べながら灯台をめざした。二人は無事に行けたかな?
s56-majonotakkyuubinn.jpg 魔女(まじょ)の宅急便(たっきゅうびん) 角野栄子/作
林明子/画
福音館書店 13歳のキキは、魔女の女の子。とうさんはふつうの人間で、かあさんは魔女です。魔女は13歳になると、ひとり立ちをします。キキも一人前になるために、ほうきに乗って旅立ちました。
s56-wangarimataisann.jpg ワンガリ・マータイさんとケニアの木々 ドナ・ジョー・ナポリ/作 
カディール・ネルソン/絵
千葉茂樹/訳
鈴木出版 まずしい女の人にワンガリは言った。「力強い手があるじゃありませんか。その手で、できることをしましょう。」ワンガリは、アフリカの知恵(ちえ)を活(い)かし、木を植えてケニアを緑豊かで平和な国にかえた。ノーベル平和賞を受賞した女性の物語。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 2012 小学校5・6年生向