よんでみよう こんなほん 2012
しょうがっこう1・2ねんせい

タイトルをクリックすると、貸出中(かしだしちゅう)かどうかがわかります。

タイトルのあいうえお順(じゅん)にならんでいます。
本のひょうし タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ 本のないよう
s12-asagao.jpg あさがお 荒井真紀/文・絵 金の星社 なつに はなをさかせる あさがお。さあこのほんを よんで あさがおを そだててみよう。
s12-ichibann.jpg いちばんでんしゃのしゃしょうさん たけむらせんじ/ぶん
おおともやすお/え
福音館書店 あさはやくの みたかえき。しゃしょうの やまなかさんは、ホームにはいってきたでんしゃを ゆびさして おおきなこえでいいます。「でんしゃばんごう よし」「いきさき よし」しゃしょうさんの いそがしい いちにちが はじまりました!
s12-usagiga.jpg うさぎがいっぱい ペギー・パリシュ/ぶん
光吉夏弥/やく
レオナード・ケスラー/え
大日本図書 モリーおばさんのうちにきた うさぎが こうさぎを  うみました。かわいがっているうちに  ふえて いえは うさぎだらけに。こまった おばさんは いいことを おもいつきました。
s12-uminobessou.jpg うみのべっそう 竹下文子/さく
沢田としき/え
佼成出版社 なつやすみ、ぼくは、おじさんの べっそうにあそびにいった。うみの中にあるべっそうは、大きなまきがいで できていた。さかなや うみがめとあそび、じぶんたちで しょくじをつくり、よるは かいがらのベッドで ねむる。テレビはないけれど、たのしいことがいっぱいだった。
s12-obakeyasann.jpg おばけやさん 1
これがおばけやさんのしごとです
おかべりか/作 偕成社 おばけやさんは、おばけをかしだすお店(みせ)です。宝石店(ほうせきてん)の主人(しゅじん)にたのまれて おばけが るすばんをしていると、小さなまどから どろぼうが するりと入ってきました
s12-ohayousu.jpg おはようスーちゃん ジョーン・G.ロビンソン/作・絵
中川李枝子/訳
アリス館 ちいさい女の子スーちゃんが歯(は)をぬいたり、犬をみつけたりします。たのしい9つのおはなし。
s12-kotobaasobi.jpg ことばあそび玉手箱(たまてばこ) 石津ちひろ/作
つちだのぶこ/絵
小学館 上から読(よ)んでも下から読んでも、同(おな)じになる文、作(つく)れるかな。「かいすぎ すいか」、「ならぶ あぶらな」ほらね。こんどは文字のならべかえ。「くりの ますく」をならべかえると、「くまの くすり」だよ…。クスリとおかしい ことばあそびが、いっぱいつまった本です。
s12-jiojionopannya.jpg ジオジオのぱんやさん 岸田衿子/作
中谷千代子/画
あかね書房 らいおんのジオジオがパンやさんをひらきました。どんなおきゃくさんがやってきたでしょう。
※シリーズがあります。
ジオジオのたんじょうび
s12-shirumu.jpg シルム 韓国(かんこく)のすもう キム・ジャンソン/作
イ・スンヒョン/絵
ホン・カズミ/訳
 岩崎書店 やってくる、くる。やってくる。見物(けんぶつ)きゃくが おしよせる。たんごのせっくのシルムのしあいが はじまるぞ。さいごにのこったのは、でっかいチャンサ(りきし)と ちっちゃいチャンサ。がっちり ふたりがくみあって、いざ しょうぶの はじまりだ!
s12-suzutyanntomajo.jpg すずちゃんと魔女(まじょ)のババ 柏葉幸子/作 
高畠純/絵
講談社 魔女のババとゆうれいをつりあげるしょうぶをしたすずちゃん。どちらがかつでしょうか。
s12-sennseikorenaani.jpg せんせい!これなあに?
なまえしらべずかん1 いもむし・けむし
藤丸篤夫/写真
有沢重雄/構成・文
偕成社 色(いろ)やもよう、つののかたちやうごきかたなどから、いもむし・けむしのなまえがわかる本です。
※シリーズがあります。
2 海の生きもの
3 木の実・草の実
4 野原の葉っぱ
s12-chiisanachiisana.jpg 小さな小さな七つのおはなし リリアン・ムーア/作
福本友美子/訳
高桑幸次/絵
日本標準 フクロウの子ホーホは、どうして おじいちゃんが なんでもしっているのか かんがえました。「めがねを かけて いるからかな。あれはきっと、まほうの めがねなんだ!」ある日、ホーホが おじいちゃんの めがねを かけてみると…。(「まほうのめがね」)
s12-doubutsunoashigata.jpg どうぶつのあしがたずかん 加藤由子/文  
ヒサクニヒコ/絵
中川志郎/監修
岩崎書店 どうぶつの 足のうらに、すみをぬって あしがたを とりました。ほんとうの 大きさの あしがたです。あしがたをみれば、そのどうぶつが 足をどういうふうに つかうのか わかります。いろいろなどうぶつの 足のかたちと くらしかたを みてみましょう。
s12-toranekotoosyou.jpg とら猫(ねこ)とおしょうさん おざわとしお/再話
かないだえつこ/絵
くもん出版 びんぼう寺(でら)のおしょうさんがかわいがっていた猫のとらは、ふしぎな力でおんがえしをします。
s12-nezuminoie.jpg ねずみの家(いえ) ルーマー・ゴッデン/さく
おびかゆうこ/やく
たかおゆうこ/え
徳間書店 メアリーは、ねずみの人形(にんぎょう)がいる小さい家をもらいました。でも、うごかないねずみたちにあきて、たんすの上においたまま、わすれてしまいました。ところが、地下室(ちかしつ)にすんでいる、ほんものの ねずみの女の子ボニーが、このすてきな家を見つけて、すっかり気にいってしまいました。
s12-hachimitsu.jpg はちみつができるまで 片野隆司/写真撮影
榎本功/写真撮影
ひさかたチャイルド とろーり。あまくて おいしい はちみつ。はちみつは、どんなふうに できるのか、しっていますか? のはらにならんだ はこのなかに ひみつがあるんですよ。
s12-harapeko.jpg はらぺこさん やぎゅうげんいちろう/さく 福音館書店 あー、おなか すいた。おやつのじかんまで あと20ぷん。そんなに まてなーい。はらぺこさんに なっちゃうよー。はらぺこさんに なると、ぼくたちの からだは どう なるのかな? いつ はらぺこさんに なるのかな? このほんが たのしく おしえてくれるよ。
s12-peroperokyann ぺろぺろキャンディー ルクサナ・カーン/文
ソフィー・ブラッコール/絵
もりうちすみこ/訳
さ・え・ら書房 ルビーナは ともだちの おたんじょうかいによばれました。でも、いもうとも いきたいといいます。おかあさんにいわれて、しかたなく つれていくことに なりました。
s12-hennadoutsubu.jpg へんなどうつぶ ワンダ・ガアグ/文と絵
わたなべしげお/訳
瑞雲舎 やさしい ボボじいさんのところに やってきたのは、あおいとげとげがついた へんな「どうつぶ」。どうつぶは、こどもたちのにんぎょうを たべるのがだいすきです。ボボじいさんが かんがえた、それを やめさせる いいほうほうとは なんでしょうか?
s12-misshinotakukanito.jpg みしのたくかにと 松岡享子/作
大社玲子/絵
こぐま社 まい日 べんきょう ばかりして すっかりくたびれた 王子さまが、「いなれしもかおがさあ、いなれしもかかいす、みしのたくかにと」しか 食(た)べないと 言ったものだから さあたいへん。いったいどんな 食べものなのでしょう。
s12-midoriirono.jpg みどりいろのたね たかどのほうこ/作 
 太田大八/絵
福音館書店 みどりいろのたねと いっしょにはたけにうめられた、みどりいろの“あめだま”は・・・。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 2012 小学校1・2年生向