よんでみよう こんなほん 2010
中学生

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

タイトルのあいうえお順にならんでいます。
本の表紙 タイトル ちょしゃ
著者
出版社 本の内容
アフガニスタンの未来をささえる アフガニスタンの未来をささえる 石原陽一郎[ほか]/著 岩波書店(岩波ジュニア新書) 「テロとの戦いの最前線」とも言われるアフガニスタン。ユネスコなどの国際機関職員として開発援助を行なった4人の日本人が、現地の様子や実際の活動を紹介します。また国際機関職員になるまでの道のり、働く中での悩みも伝えます。
HIV/エイズとともに生きる子どもたちケニア HIV/エイズとともに生きる子どもたちケニア 山本敏晴/写真・文 小学館 ケニアでHIVと共に生きる子どもたちに「たいせつなもの」を尋ねると病院や家、川と答えます。この本では現地の生活や彼らの大切なものを、日本語・英語の文章と鮮やかな写真で紹介します。ツバルなど他の国をとりあげた本もあります。
科学の扉をノックする 科学の扉をノックする 小川洋子/著 集英社 鉱物学、遺伝子学、遺体科学、トレーニング科学など、それぞれの分野で真摯(しんし)に研究を続ける科学者たちを、全くの素人(しろうと)である著者が訪問しました。小説家ならではの切り口でその人柄にも迫りながら、最新科学をレポートします。
きれいな模様の描き方 きれいな模様の描き方 おまけたらふく舎/著 誠文堂新光社 身近な道具を使って、万華鏡のような美しい幾何学模様を、手描きできる本です。描き方が丁寧に紹介されているので、初めての人でも大丈夫。下描きができたら、好きな色を塗ってみましょう。素敵なカードができますよ。
銀河鉄道の夜 銀河鉄道の夜 宮沢賢治/作
太田大八/絵
講談社 どこかで「銀河ステーション」というふしぎな声がしたと思うと、ジョバンニは友達のカムパネルラと車室にすわっていました。汽車は二人を乗せて、美しく幻想的な銀河をどこまでも走ってゆきます。他に「オツベルと象」など7作品を収録。
靴を売るシンデレラ 靴を売るシンデレラ ジョーン・バウアー/著
灰島かり/訳
小学館 ジェナは高校生。両親は離婚、妹は美人だが自分は違う、理解者のおばあちゃんは病気、と苦労人。でも靴売りの才能があった。社長に気に入られ、運転手として雇われることに。そして、副社長の会社乗っ取り計画を阻止しようと、アメリカ国内を走り回る。
ケータイのしくみ ケータイのしくみ 藤田千枝/編
菅原由美子/著
大月書店 ワンセグにおサイフケータイと、どんどん進化し続けるケータイ。通話のしくみから、日本の伝統産業からうまれた技術、学校裏サイトやチェーンメールの問題まで、身近にあるけど意外と知らなかった携帯電話のことがわかる1冊。
ゲド戦記1 影との戦い ゲド戦記1 影との戦い ル=グウィン/作
清水真砂子/訳
岩波書店 自らの才能におぼれた少年ゲドは、固く禁じられた魔法を使い、死の影に追われることになる。師の導きによって影に立ち向かうゲド。影の「真(まこと)の名」を知り、打ち負かすことはできるのか。
※「ゲド戦記」シリーズは全6巻。
こわれた腕輪
さいはての島へ
帰還
アースシーの風
ゲド戦記外伝
ジェミーと走る夏 ジェミーと走る夏 エイドリアン・フォゲリン/作
千葉茂樹/訳
ポプラ社 キャスの家のとなりに、同い年のジェミーが引っ越してきた。2人の少女は、走ることが好き。でも、仲良くすることをお互いの親から反対されてしまう。なぜならジェミーが黒人だから。また一緒に走りたい! 2人の願いはかなうのか。
深海魚摩訶(まか)ふしぎ図鑑 深海魚摩訶(まか)ふしぎ図鑑 北村雄一/絵と文 保育社 スミのかわりに光を出すイカ、体の中でエサのバクテリアを育てる貝…。冷たく暗い深海には、ふしぎな魚たちがすんでいます。深海魚たちのユニークな生活をのぞいてみませんか。
そして誰(だれ)もいなくなった そして誰(だれ)もいなくなった アガサ・クリスティー/著
青木久惠/訳
早川書房(クリスティー・ジュニア・ミステリ 1) 縁もゆかりもない男女10人が、孤島の館に招待された。彼らを招いたのはオーエンという謎(なぞ)の人物。しかしいつまでたってもオーエンは現れず、部屋に飾られた童謡の歌詞どおり、客が次々と殺されてゆく。君は犯人を見つけることができるか。
綱渡りの男 綱渡りの男 モーディカイ・ガースティン/作
川本三郎/訳
小峰書店 綱渡りが好きな若者がいた。彼の名はフィリップ。大道芸人だ。そのころニューヨークでは、ふたつのタワーが建設中だった。彼は考えた。高さ400mのタワーのあいだは、ロープを渡してその上を歩くのに絶好の場所じゃないか。
道程 高村光太郎詩集 道程 高村光太郎詩集 高村光太郎/著
伊藤英治/編
岩崎書店 日本を代表する現代詩人を紹介する全10巻のシリーズです。第1巻では『智恵子抄(ちえこしょう)』で知られる高村光太郎を取り上げ、41編の作品を掲載しています。「道程」や「風にのる智恵子」、「レモン哀歌」、「少年に与ふ」などの代表作を味わえます。
トラム、光をまき散らしながら トラム、光をまき散らしながら 名木田恵子/著 ポプラ社 私は麻理杏奈(まりあんな)絵里(えり)。この名前が大嫌い。毎晩、一人で都電荒川線に乗る。私を安心させるたった一両の光の箱。そこでマリアンナに出会った。初めてできた本当の友達とのトラム(都電)ツアー。でも、マリアンナはある秘密を抱えていた。
どんとこい、貧困! どんとこい、貧困! 湯浅誠/著 理論社 「ネットカフェ難民」とか「派遣切り」という言葉をニュースでよく聞くけど、「貧困」ってその人のせいなの? 本人の努力が足りないからなの? 社会の仕組みの問題として「貧困」に正面から向き合ってみよう。
拝啓十五の君へ 拝啓十五の君へ NHK全国学校音楽コンクール制作班/編 ポプラ社 アンジェラ・アキさんの曲「手紙」をきっかけに、勉強や友達、部活で悩む中学生が、未来の自分へ手紙を書きました。そして、その手紙をアンジェラさんやみんなの前で読みました。アンジェラさんの返事は中学生の心に響きます。彼女の曲と同じように。
ハミダシ組! ハミダシ組! 横沢彰/作
長野ともこ/絵
新日本出版社 中3で「人生つまんない歴」7年半のチタ。同じく3年C組に居場所のないリョウと授業をさぼって空き教室に居座る。ふたりの「ハミダシ組」に次々とやってきたのは、思いがけない人たちだった。
ひかりの剣 ひかりの剣 海堂尊/著 文藝春秋 医学生の間では、医学部剣道部の大会で優勝した者は外科の世界で成功するという言い伝えがある。優勝の座をめぐり、「柔軟でしたたか」な清川と「不器用だが意思の強い」速水の2人がぶつかり合い、剣の道を極めていく。
光の帝国 光の帝国 恩田陸/著 集英社(集英社文庫) 「常に在野の存在であれ。」様々な特異能力を持ちながらそれを隠し、各地に散らばりひっそりと暮らす一族“常野”。彼らの能力を巡る不思議な出来事の数々を、優しいタッチで描いた連作短編集。
※シリーズが他に2作あります。
蒲公英草紙
エンド・ゲーム
ペンギンたちに会いたくて ペンギンたちに会いたくて 加藤明子/著 くもん出版 ペンギンに引きずられたり、ゾウアザラシによだれをかけられたり、動物調査では何が起こるかわからない…。最新の技術などを紹介しながら、女性研究者がペンギンの調査、出会ったほかの動物たちのこと、そして南極について語ります。
友情リアル 友情リアル はやみねかおる[ほか]/著 講談社 中2になっても野球部で球拾いをしているぼく。ある日、レギュラー目前に問題を起こして部を辞めた直樹君が「野球やろうぜ」と声をかけてきた。なんでぼくを誘うんだろう?(「打順未定、ポジションは駄菓子屋前」より) 男子の友情物語4作品収録。
わたしの病院、犬がくるの わたしの病院、犬がくるの 大塚敦子/写真・文 岩崎書店 犬の訪問を受け入れている病院があることを知っていますか? 入院中の子どもたちは、犬と会えるのをとても楽しみにしています。病気と闘いながらも、たくさんの楽しみを見つけ、笑顔で日々を過ごす子どもたちの姿をとらえています。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 中学生向 2010