よんでみよう こんなほん 2009
小学校5・6年生

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

本のひょうし タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ 本のないよう
フングリコングリ フングリコングリ 岡田淳/作・絵 偕成社 ぼくは小学校で図工の先生をしている。放課後の図工室には、シジミチョウや金魚がやってきて、ぼくの話をききたがる。ぼくはこんなふうに話しだす。「題名は、『フングリコングリ』というんだ。」そんな6つのお話を集めたのがこの本だ。
前略、がんばっているみんなへ 前略、がんばっているみんなへ 北島康介/著 ベースボール・マガジン社 2008年の北京(ぺきん)オリンピック水泳競技で2個の金メダルをとった北島(きたじま)康(こう)介(すけ)選手。そのキタジマくんからのメッセージ! 水泳をはじめたころのことや大会に出場した時のこと、そしてどんな気持ちで泳いでいるのかを語ってくれます。
ルドルフとイッパイアッテナ ルドルフとイッパイアッテナ 斉藤洋/作
杉浦範茂/絵
講談社 オスねこのルドルフは、追いかけられてトラックにとびのり、遠い町に来てしまった。そこで出会ったのが、のらねこのイッパイアッテナ。生きていくために、ルドルフが教えてもらったのは…。
※つづきが2冊(さつ)あります。
ルドルフともだちひとりだち
ルドルフといくねこくるねこ
ライオンと魔女 ライオンと魔女(まじょ) C.S.ルイス/作
瀬田貞二/訳
岩波書店 いなかの古いおやしき。四人きょうだいがかくれんぼで入った大きな衣装(いしょう)だんすは、別の世界への入口だった。四人は白い魔女と、真の王者アスランとの戦いに、まきこまれていく。
※「※「ナルニア国ものがたり」の最初の1冊(さつ)です。シリーズ全7巻(かん)。
カスピアン王子のつのぶえ
朝びらき丸東の海へ
銀のいす
馬と少年
魔術師のおい
さいごの戦い
シンドバッドの冒険 シンドバッドの冒険(ぼうけん) ルドミラ・ゼーマン/文・絵
脇明子/訳
岩波書店 むかし、バグダッドにシンドバッドという大金持ちがいた。シンドバッドは同じ名前の若者に、若い頃の冒険を語る。島のように巨大なクジラ、大蛇(だいじゃ)のすむダイヤモンドの谷…。とほうもない冒険はまだまだ続く。
※シリーズ全3冊(さつ)あります。
シンドバッドと怪物の島
シンドバッドのさいごの航海
マサの留守番 マサの留守番 宮部みゆき/作
千野えなが/絵
講談社 おれは元警察(けいさつ)犬のマサ。今は探偵事務所の用心犬だ。公園で消えた死体の謎(なぞ)を解いたり、強盗(ごうとう)殺人の真犯人を探したり、毎日、大変な事件がおこる。でも、コンビを組む大好きな加代ちゃんと一緒(いっしょ)なら、なんでも解決するぞ。
犬やねこが消えた 犬やねこが消えた 井上こみち/文
ミヤハラヨウコ/絵
学習研究社 もし、あなたが飼っている犬やねこと急に引きはなされてしまったら? この本は、戦争中に実際にあった、犬やねこが犠牲(ぎせい)になったお話です。ペットをうばわれた人や守った人、そして殺さなければならなかった人の声をききました。
シルクの花 シルクの花 キャロリン・マースデン/作
代田亜香子/訳
鈴木出版 タイにすむノイは画家のおばあちゃんと森で絵を描(か)くことが好き。村では小学校を卒業(そつぎょう)したら、姉のように工場で働(はたら)く子が多いけど、ノイは画家になりたい。ある日、病気のおばあちゃんの代わりにシルクの傘(かさ)にゾウの絵を描いた。
ナニワのMANZAIプリンセス ナニワのMANZAI(マンザイ)プリンセス 荒井寛子/作
中島みなみ/絵
ポプラ社 ハナの両親は売れない漫才師(まんざいし)で、貧乏(びんぼう)な上にケンカばかり。すっかり嫌(いや)になったハナは、祖母の所に家出した。だけど、転校した学校で、芸人を目指すヘンな男子と漫才のコンビを組むことに。嫌(きら)いなはずなのに、なんで断れないの?
みどりいろの童話集 みどりいろの童話集 アンドリュー・ラング/編著
野上彰/編訳
ポプラ社 フランス・セルビア・リトアニア・ポルトガル・スペイン、そして日本。いろいろな国のむかし話やふしぎな物語をあつめた童話集です。
※「ラング世界童話全集」シリーズは、美しい色の名前がついて、全部で12冊(さつ)あります。

10 11 12

アカショウビン アカショウビン 嶋田忠/文・写真 新日本出版社 わたり鳥のアカショウビンは名前のとおり全身真っ赤、まるで火の鳥のよう。カメラマンのぼくは、めったに見られないこの鳥を撮影(さつえい)するために、森でじっと待ちつづけた。そしてついにとらえた決定的瞬間(しゅんかん)!「日本の野鳥」シリーズの1冊(さつ)です。
シャーロットのおくりもの シャーロットのおくりもの E.B.ホワイト/作
ガース・ウイリアムズ/絵
さくまゆみこ/訳
あすなろ書房 農場で暮(く)らす子ブタのウィルバーにクモの友だちができました。名前はシャーロット。いつもウィルバーを元気づけてくれます。そして、ウィルバーがハムにされそうになったとき、友だちを救うためにシャーロットが奇跡(きせき)をおこしたのです。
お金もうけは悪いこと? お金もうけは悪いこと? アンドリュー・クレメンツ/作
田中奈津子/訳
講談社 グレッグはお金もうけの天才! 6年生になった今は、学校でお金をかせぐ方法を実践中(じっせんちゅう)。ところが、小さい時から何かにつけて、はり合ってきたモーラに出しぬかれ、人生最大のピンチに。お金もうけって悪いこと?
樹洞 樹洞(じゅどう) 宮崎学/著 偕成社 森にすむフクロウやムササビは、木にあいた穴(あな)をねぐらにしたり子育てにつかったりします。その穴を「樹洞」といいます。樹洞の中は、どんなふうになっているのでしょう?「森の写真動物記」のシリーズです。
こやたちのひとりごと こやたちのひとりごと 谷川俊太郎/文
中里和人/写真
ビリケン出版 「むかしから ずうっと ここにたってる/どこかにいきたいと おもったことはない」海沿(ぞ)いや田畑のすみに、ひっそり建っているこやたち。その写真からきこえてくるこやたちのひとりごとに、耳をかたむけてみませんか。
里山百年図鑑 里山百年図鑑 松岡達英/作 小学館 里山はむかしから、わたしたちの身近にあった自然です。この本では里山とつきあうコツを、たくさんの絵で紹介(しょうかい)しています。トンボつりにきのこがり、野鳥のレストランづくりはいかが? いっしょに里山を楽しみましょう!
魔女の宅急便 魔女(まじょ)の宅急便(たっきゅうびん) 角野栄子/作
林明子/画
福音館書店 キキは半分魔女の女の子。お父さんはふつうの人ですが、お母さんは魔女だったのです。13歳(さい)になったキキは、一人前の魔女になるため、まだ魔女のいない町で、一人ぐらしと宅急便の仕事をはじめます。
※つづきがあります。
箸の絵本 箸(はし)の絵本 兵左衛門/へん
つちはしとしこ/え
農山漁村文化協会 毎日のように使っている箸。元々は中国で生まれた箸だけど、日本でも1500年の歴史がある。この本は、箸の種類や歴史はもちろん、写真や絵で箸の作り方も教えてくれる。あなたの手にあわせた自分だけの“マイ箸”を作ろう!
本所七不思議のひみつ 本所七不思議(ほんじょななふしぎ)のひみつ 那須正幹/作
長野ヒデ子/絵
岩崎書店 江戸の町に事件がおきた! 上総屋(かずさや)の若(わか)だんなが川に落ちて死んだ。つりに行っていた若だんなは、池で「おいてけー」という気味のわるい声を聞いたらしい。岡っ引きの息子銀太は、仲間たちと事件を調べはじめる。
※銀太捕物帳はほかにもあります。
闇の占い師
真夜中の墓みがき
お江戸のかぐや姫
恐竜と歩こう! 恐竜(きょうりゅう)と歩こう! 石垣忍/著
友永たろ/絵
七宮賢司/絵
童心社 恐竜の化石は、骨(ほね)だけじゃない。足跡も化石として残っている。北アフリカのモロッコに残る1億7000万年前の足跡の化石から、恐竜の大きさ、歩き方や早さなどを知ることができる。どんな研究なのか、その様子をのぞいてみよう!
ミカ! ミカ! 伊藤たかみ/作 理論社 小6のユウスケとミカは双子(ふたご)のきょうだい。ユウスケはおとなしいのに、ミカはオトコオンナと呼(よ)ばれるくらい、けんかっ早く活発な子。ある日、二人はモグラのような謎(なぞ)の生物を見つけ、「オトトイ」と名前をつけて飼い始めた。
負けるな、ロビー! 負けるな、ロビー! マイケル・モーパーゴ/作
マイケル・フォアマン/絵
佐藤見果夢/訳
評論社 道へ飛び出した愛犬ラッキーを追って交通事故にあった少年ロビーは、意識不明で病院のベットの上。「お願いだから目をさまして、ロビー。」母さんの声が聞こえる。ぼくは聞こえているよ。もっと話しかけてよ。早く目をさまさなきゃ!

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 小学校5・6年生向 2009