よんでみよう こんなほん 2006
しょうがっこう1・2ねんせい

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ本のないよう
おともださにナリマ小(しょう) たかどのほうこ/作
にしむらあつこ/絵
フレーベル館 ハルオは、やまびこ小学校(しょうがっこう)の一年生(いちねんせい)。あるひ、学校に「おともださにナリマ小」とかかれた、てがみがとどきます。だれがてがみをかいたのか、ハルオだけがしっていました。
ばばばあちゃんのアイス・パーティ さとうわきこ/作 福音館書店 「こんなあつい日(ひ)はアイス・パーティをしよう」と ばばばあちゃんがいった。キャラメル、いちご、いろんなものを 水(みず)にいれて こおらせてみた。どんなパーティが はじまるのかな?
おすのつぼにすんでいたおばあさん ルーマー・ゴッデン/文
中川千尋/訳・絵
徳間書店 むかし、おすのつぼの家(いえ)に おばあさんがすんでいました。いのちをたすけた さかなから、「ねがいをかなえてやろう」といわれ、おばあさんは つぎつぎと おねがいをしてしまいます。
ずら〜りキンギョ ならべてみると・・・ 松橋利光/しゃしん
高岡昌江/ぶん
アリス館 いろとりどりの キンギョが 18しゅるい、ずら〜りならんで せいぞろい。いろんな かおで ごあいさつ。おっぽは  まるでリボンのよう。あかちゃんキンギョは どんなかな。
アンジェリーナ スターになる キャサリン・ホラバード/文
ヘレン・クレイグ/絵
おかだよしえ/訳
講談社 アンジェリーナは、おどることが だいすき。かわをくだって ダンス・フェスティバルへでかける ふねのうえでも おどってばかり。とうとう、たいせつなドレスを よごしてしまいました。これでは フェスティバルには でられません。アンジェリーナの本(ほん)は、ほかにもあります。
ジャイアント・ジョン アーノルド・ローベル/作
福本友美子/訳
文化出版局 ジョンは まほうのもりに すむ、大(おお)きなおとこのこ。ようせいたちの おんがくに あわせて おどるのが だいすき。ある日(ひ)、おうちに たべるものが なくなったので、しごとを さがしに げんきよく でかけました。ジョンの かつやくが はじまります。
山(やま)いっぱいのきんか 中国(ちゅうごく)のむかし話(ばなし) 君島久子/ぶん
太田大八/え
童話館出版 ランフーが 月夜(つきよ)のばんに 山に草(くさ)かりにいくと、山いっぱいに きんかが ひろげてありました。山の神(かみ)さまが 月(つき)の光(ひかり)に きんかを さらしていたのです。ランフーは、山の神さまに きんかを3まい わけてもらいましたが、かえるとちゅうで もっとほしくなりました。
がっこうのうた 大(おお)きな声(こえ)で読(よ)む詩(し)の絵本(えほん) ねじめ正一/作
いとうひろし/絵
偕成社 「こくごごろごろ/おなかがげりで/かていかかりかり/むしばがいたい」(「こくごごろごろ」より)など この ほんに のっているのは ぜんぶ ひらがなの 詩(し)です。 ほんを ひらいて じっくり えをみて ひとつひとつ 大(おお)きなこえで よんでみて ください。
きかんぼのちいちゃいいもうと ドロシ−・エドワ−ズ/さく
渡辺茂男/やく
酒井駒子/え
福音館書店
(その1 ぐらぐらの歯)
ある日(ひ)、いもうとの「あかちゃんの歯(は)」が、ぐらぐらになりました。でも いもうとは、ぐらぐらの歯が気(き)にいったので、おかあさんや歯(は)医者(いしゃ)さんがぬこうとすると いやがりました。そんな きかんぼのいもうとの おはなしが10こ のっています。
ルーピーのだいひこう ハーディー・グラマトキー/さく
渡辺茂男/やく
学習研究社
(グラマトキーののりものどうわ 3)
ルーピーは、パイロットのれんしゅうせいがのるこがたひこうき。でも、ほんとうにやりたいのは、じゆうにとんで、空(そら)に“字(じ)”をかくこと。あるひ、じまんやのパイロットのせいで、あらしの空に、とりのこされたルーピーは…。「グラマトキーののりものどうわ」シリーズは5さつあります。
くんれんばっちり 工藤直子/作
長新太/絵
文渓堂
(おはなしスキップ リュックのりゅう坊)
りゅうのりゅう坊(ぼう)は、いつもリュックをせおっておでかけ。うんどう会(かい)の日(ひ)は、サンドイッチとのりまき。かんがえごとの日(ひ)には、ノートとえんぴつ。まいにち、なかみをかんがえながら、地球(ちきゅう)のなかまとげんきいっぱいあそびます。りゅう坊の本(ほん)は、ほかに『ともだちいっぱい』もあります。
たかたか山(やま)のたかちゃん 中川李枝子/さく
中川画太/え
のら書店 たかちゃんは たかたか山(やま)がだいすき。ある にちようび、たかちゃんは、「たかたか山へ いこ いこ」とうたう ことりたちに さそわれて、たかたか山へ でかけました。山のてっぺんで、たかちゃんは ふしぎなともだちと なかよくなって、いっぱい あそびました。
よわいかみ つよいかたち かこ・さとし/著 童心社
(かこ・さとし かがくの本 8)
たった1まいの はがきでも、かたちを くふうすれば おもいものを ささえられるようになります。いろいろな かたちに かみを おってみてください。どんな かたちが いちばん つよいでしょうか。この「かこ・さとし かがくの本(ほん)」シリーズは ぜんぶで10さつあります。
ぼく、だんごむし 得田之久/ぶん
たかはしきよし/え
福音館書店 ぼくは だんごむし。あるいえの にわで なかまたちと くらしている。うえきばちのしたが すみかなんだ。ぼくたちは くさむらや はやしのなかよりも まちのなかのほうが すみやすい。そのわけは、ぼくたちの せいかつをみると わかるよ。
クイールはもうどう犬(けん)になった こわせたまみ/文
秋元良平/写真
ひさかたチャイルド クイールは、ラブラドール・レトリバーというしゅるいの 犬(いぬ)です。目(め)の見(み)えない人(ひと)を たすけて はたらく もうどう犬(けん)になるために、人間(にんげん)の子(こ)どものように かわいがって そだててもらいました。そして、くんれんじょで くんれんをうけ、あるおじさんの目の かわりに なるのです。
どうぶつのあしがたずかん 加藤由子/文
ヒサクニヒコ/絵
岩崎書店 どうぶつの 足(あし)のうらに、すみをぬって あしがたを とってみました。だから、ほんとうの おおきさが わかります。インドゾウの 足は、にんげんの かおより ずっと大(おお)きいです。ぜんぶで14しゅるい、のっています。なんのどうぶつか わかりますか?

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 小学校1・2年生向 2006