読んでみようこんな本 2005
中学生から

 

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

タイトル著者出版社本の内容
チョコレート・
アンダーグラウンド
アレックス・
シアラー/著
金原瑞人/訳
求龍堂  健全で健康な生活をめざしたチョコレート禁止法で、国中のおかしはすべて禁止された! 違反すると捕まって矯正(きょうせい)キャンプ送りに。おかしな法律とそれにしばられる人々に反抗した2人の少年は、チョコレートを密造(みつぞう)して地下チョコバーを開く。
みんなのなやみ 重松清/著 理論社  「どうしてピアスはだめなの?」「がんばることって意味あるの?」「部活がつらい」「彼女と付き合うってどういうこと?」一つの悩みが消えてもすぐにまた新しい悩みがやってくる。だったら悩みとのつきあい方を一緒に考えてみないか。
ボルネオの
熱帯雨林
横塚眞己人/著 福音館書店  赤道上(せきどうじょう)にある島ボルネオ。その森にすむ生き物たちは、地上70mにもなる木の上まで、森をうまく利用しています。作者は、たった1本のロープで高い木に登り、鳥、サルなどの生きものをすぐ近くから写真にとりました。
彩雲国(さいうんこく)
物語
はじまりの風は紅く
雪乃紗衣/著 角川書店
(角川
ビーンズ文庫)
 秀麗(しゅうれい)は彩雲国(さいうんこく)の名門一族のお嬢様。だけどわけあって貧乏暮し。今日もアルバイトに励む日々。大金につられた仕事はなんと"後宮(こうきゅう)に上がり、王様の根性を叩(たた)き直すこと!"王・劉輝(りゅうき)と秀麗の奇妙な関係が始まる。続刊中。
源平の風
白狐魔記(しらこまき)
斉藤洋/作 偕成社  秘境白駒山(しらこまさん)の仙人の元で修行し、化身(けしん)の術を体得した狐・白狐魔丸は、命の恩人義経に再会する。源平の合戦で活躍(かつやく)したが、今は頼朝に追われる身の義経を、白狐魔丸は化身し助ける。大河歴史ファンタジー開幕。第1巻。
精霊の木 上橋菜穂子/作
二木真希子/絵
偕成社  はるかな未来、地球からの移民が開発したナイラ星にふしぎな光が現れた時、少女リシアは<時の夢見師>の力に目覚める。光に導かれ来るという<母たち>の求める精霊の木とは? なぞを解くための冒険に出たリシアに政府の追っ手が迫る。
佐藤さん 片川優子/作
長野ともこ/絵
講談社  僕は佐藤さんが怖い。佐藤さんには霊が憑(つ)いていて、僕には見えるからだ。noと言えない僕は除(じょ)霊(れい)を手伝うはめになる。その上、好きと告白された僕は守護霊と友人志村の後押しを受け、佐藤さんの気持ちにこたえるべく奮闘(ふんとう)する。
チェーン・メール
ずっとあなたと
つながっていたい
石崎洋司/ 著 講談社  登場人物になりきり、ストーカー小説を作るというゆかりからのチェーンメ−ルに、さわ子・まゆみ・舞は参加する。見知らぬ者同士、それぞれが役を楽しんでいたが、夢中になるにつれ、ゆかりがまゆみを憎(にく)み始め、事件は起こった。
少年名探偵
虹北恭助
(こうほくきょうすけ)の
新冒険
はやみねかおる/著 講談社  なぜ少女は小学校の屋上から落ちたのか? 新聞の地方版にのっていた小さな記事から思いもよらない真相を推理する「夜間飛行」。映画作りに情熱を燃やすはた迷惑な若旦那(わかだんな)が、呪われた映画の因縁(いんねん)を解きほぐす「外伝その一」。2話収録。
バッテリー あさのあつこ/作
佐藤真紀子/絵
教育画劇  天才ピッチャー原田巧(たくみ)はキャッチャー豪(ごう)と運命的に出会う。しかし、進級した中学野球部では先輩との確執が待っていた。自分の野球を追求し、周囲との摩擦に苦しむ巧と豪は、やがて超高校級バッター門脇に勝負を挑む。全6巻。
アグリーガール ジョイス・キャロル・
オーツ/作
神戸万知/訳
理論社  マットが爆破(ばくは)予告犯人?まさか! ほんの冗談から孤立してしまった彼を救ったのはアグリーガールことアーシュラだった。クールにみえるけど実は不器用なアーシュラと本当は繊細(せんさい)なマット。2人は傷つきながら自分らしさを見つけていく。
神秘の島
第1部
ジュール・ヴェルヌ/作
大友徳明/訳
偕成社  1865年、あらしの中、4人の男と1人の少年、そして1ぴきの犬を乗せた気球が無人島に漂着(ひょうちゃく)した。いつ助けが来るのかわからない島で、彼らは、洞窟(どうくつ)を住まいにし、手作りの鉄や爆薬(ばくやく)で島を切り開いていく。全3巻。
ルイス・サッカー/作
幸田敦子/訳
講談社  スタンリーは無実の罪でひからびた大地の真中の少年院に送られる。そこではくる日もくる日も残忍な女所長のもと、少年達が穴を掘らされていた。体力も気力も極限(きょくげん)状態の中で生まれた絆(きずな)。決死の脱出の果てにたどりついた過去の秘密とは?
スピリット島の少女 ルイーズ・
アードリック/作
宮木陽子/訳
福音館書店  オマーカヤズはアメリカ先住民の少女です。お姉ちゃんにはなにをやってもかなわないし、わんぱくな弟にはうんざり。でも大自然の中、生き生きと暮らしています。ところが天然痘(てんねんとう)がはやり、家族が次々に倒れてしまいます。
サンドヒル・スタッグ
どこまでもつづく
雄ジカの足あと
アーネスト・トンプソン・
シートン/作・絵
今泉吉晴/訳
福音館書店  ヤン(シートン)は、巨大なミュールジカのサンドヒル・スタッグを何としても自分の手でしとめたいと思った。足あとを追って、冬の森を歩いた。ついに追い詰めて、ヤンはライフルをかまえるが・・・。シリーズの4巻目。
泥かべの町 デボラ・エリス/作
もりうちすみこ/訳
さ・え・ら書房  タリバン支配下のアフガニスタンを出て、パキスタンの難民キャンプに暮らすショーツィアは、髪を切り男の子のふりをして街に働きに出ます。愛犬とともにがんばる彼女は、きびしい現実の中、どう道を切りひらいていくのでしょうか?
キング牧師の
力づよいことば
ドリーン・ラパポート/文
ブライアン・コリアー/絵
もりうちすみこ/訳
国土社  アメリカの黒人たちはひどい差別を受け、絶望し、白人を憎んだ。しかし、キング牧師は、憎しみでなく愛で、暴力でなく言葉の力で、戦おうと訴えた。打ちひしがれた人々を励まし、希望を与え続けた言葉と生き方を、迫力ある絵で伝えます。
What is 狂言? 野村萬斎/著
網本尚子/監修・解説
檜書店  「狂言って何」その質問に、狂言師野村(のむら)萬斎(まんさい)が答える本。能と狂言の関係、型、登場人物、どこに行ったら見られるのか、どうしたら狂言師になれるのかなど。知りたかった事が、これでわかります。伝統芸能の世界にふれてみませんか。
横浜
交流と発展の
まちガイド
南学/編著 岩波書店
(岩波
ジュニア新書)
 横浜港が「象の鼻」とよばれる防波堤(ぼうはてい)から始まったって知っていますか。1859年(安政(あんせい)6年)の開港以来の、横浜の歴史が書かれているこの本を持って、関内や山下公園を散歩すると、きっと新しい発見があるでしょう。
知っているつもりで
説明できない
ニュースのことば
池上彰/著 幻冬舎  「マニフェスト」「GDP」「学習指導要領」「BSE(狂牛病)」「郵政民営化」…。日々、新聞やテレビのニュースで目や耳にすることば。あなたはどこまで知っていますか? 「週刊こどもニュース」でおなじみのお父さんが解説します。
15歳からの大学選び 石渡嶺司/著 小学館  あなたが思い描く未来の「なりたい自分」になるために、今何をすればいいのでしょうか。この本は将来やってみたい職業から考える大学選びの本です。まだ何になりたいのかわからない人も、どんな進路や職業があるのかみてみませんか。
ダンス・ラブ☆
グランプリ
長谷川晶一/著 主婦の友社  神奈川県立厚木高校。フツーの高校のフツーの23人の少女たちが、全米チアダンス選手権大会優勝! みんなの最高の笑顔と「うちららしさ」に、国境を越えて誰もが惹(ひ)きつけられた。「頑張れば夢はかなうんだよ☆」という彼女たちを追う。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 読んでみようこんな本 中学生から