よんでみよう こんなほん 2005
しょうがっこう1・2ねんせい

 

タイトルをクリックすると、貸出中かどうかがわかります。

タイトル
(本のだいめい)
ちょしゃ
著者
(かいた人)
しゅっぱんしゃ本のないよう
カンガルーおばさんの
おかいもの
岩佐めぐみ/作 
オームラトモコ/絵
講談社  ららは はしの上(うえ)で であった おばさんと いっしょに、おかいもの。おばさんは、エプロンの おおきな ポケットの なかに、かったものを ぜんぶ いれてしまいました。
イップとヤネケ アニー・M.G.シュミット/作
フィープ・
ヴェステンドルプ/絵
西村由美/訳
ポプラ社  イップは オランダに すんでいる 小(ちい)さな おとこのこ。なかよしの ヤネケはおとなりさん。たのしいことを つぎつぎに おもいついて、いつも いっしょに あそびます。
さかなのかお ともながたろ/え
なかの ひろみ/ぶん
まつざわ せいじ/ぶん
アリス館  いつもは よこからみている さかなのかお。たまには じっくり ながめて みよう。ヨツメウオの目(め)は 4つ? さかなの ひみつ、おしえます!
はだかの王(おう)さま アンデルセン/作
バージニア・
リー・バートン/絵
乾侑美子/訳
徳間書店  王(おう)さまは きれいなふくが 大(だい)すきです。ある日(ひ) 二人(ふたり)の わるものが やってきて かしこい ものだけに 見(み)える とても うつくしい ふくを つくると 言(い)いました。
チムとゆうかんな
せんちょうさん
エドワード・
アーディゾーニ/さく
せた ていじ/やく
福音館書店  ふなのりに なりたい チムは、ふねに しのびこみました。そして、しごとを いっしょうけんめいして  たのしく はたらきました。ところが、大(おお)あらしが やってきて、チムと せんちょうさんは、ふたりだけ とりのこされて しまいます。チムの 本(ほん)は 11さつ あります。
ひでちゃんと
よばないで
おぼ まこと/作 小峰書店  にっぽんが せんそうを していたとき、2年生(ねんせい)の ぼくは たいわんに すんでいました。せんそうが おわると、なかよしの ひでちゃんが「もう、あそびにこないで」と いいました。ひでちゃんは ショウランという もとの なまえに もどったのです。
くまの子ウーフ 神沢利子/作
井上洋介/絵
ポプラ社  あるひ、ウーフは かんがえました。たまごは なにで できてるんだろう? おさじや パンは? ウーフは まいにち おしっこするから、おしっこで できてるのかな?! このほかに、8つのおはなしが はいっています。 くまの子ウーフの 本(ほん)は、ぜんぶで 3さつ あります。
きえた草(くさ)のなぞ マージョリー・ワインマン・
シャーマット/さく
マーク・シマント/え
神宮輝夫/やく
大日本図書  めいたんていネートは ともだちのオリバーがなくした ざっそうを1本さがすことに。犬のスラッジとともに きいろいつぼみが ひとつある "スーパーざっそう"を もとめて そうさをかいしした。めいたんていネートの本は 12冊あります。
コロボックル
ふねにのる
佐藤さとる/作
村上勉/絵
講談社 からだの 大(おお)きさが こゆびの はんぶんしかない コロボックルの トコちゃん。ある日(ひ)、 大(おお)きな いけで ささぶねを 見(み)つけます。よろこんで ふねに のったトコちゃん、どこまで いったのでしょう? トコちゃんの 本(ほん)は ほかにも ありますよ。
クムカン山(さん)の
トラたいじ
松谷みよ子/文
梶山俊夫/絵
ほるぷ出版  キルリヨンは、とうさんの かたきを うつため 大(おお)トラを たいじに クムカン山(さん)へ むかった。すると、ぼうさんが「たばこの火をかしてください」と やって来(き)た。火(ひ)を さし出(だ)した キルリヨンは、はっとした。「この口(くち)はトラだ」
みしのたくかにと 松岡享子/作
大社玲子/絵
こぐま社  まい日(にち) べんきょう ばかりして すっかり くたびれた 王子(おうじ)さまが、「いなれしもかおがさあ、いなれしもかかいす、みしのたくかにと」 しか 食(た)べないと 言(い)ったものだから さあたいへん。いったいどんな 食べものなのでしょう。
のはらクラブの
こどもたち
たかどのほうこ/作 理論社  のはらの すきな のはらおばさんは みんなを あつめて のはらを さんぽすることに しました。あつまってきた こどもたちは くさばなの ことを とても よくしっています。この本(ほん)を よめば のはらはかせに なれますよ。
A(エイ)は
アフリカのA(エイ)
イフェオマ・オニェフル/作・写真
さくまゆみこ/訳
偕成社  アフリカの ナイジェリアで うまれて そだった人(ひと)が、しゃしんで、ナイジェリアの どうぐや しゅうかんや けしきを しょうかいします。『おばあちゃんにおみやげを』は つづきの 本(ほん)です。これも よんでください。
せみとりめいじん かみやしん/作
奥本大三郎/監修
福音館書店  ごんちゃんは、せみとりめいじん。 せみをつかまえたことのない てっちゃんは、ごんちゃんに せみの とりかたを おしえてもらうことに しました。せみとりあみは、じぶんで つくるのが いちばん。あみをつくったら、さあ せみとりに でかけよう!
栗林(くりばやし)さんの
虫(むし)めがね 1
発見(はっけん)
栗林慧/著 フレ−ベル館  「虫(むし)の目(め)カメラ」は、虫が見(み)ている 大(おお)きさで 虫の しゃしんが とれる。だから、虫を 大きくして見ることが できる 虫めがねでも ある。いろいろな虫を「虫の目カメラ」で 大きくして見てみよう。つづきの本(ほん)『変身(へんしん)』『瞬間(しゅんかん)』『色形(いろかたち)』もどうぞ。
かお
かけちゃうよ
エド・エンバリー/作
よこやまなおこ/かきもじ
偕成社  だれでも 絵(え)が かけるようになる エンバリーおじさんの 絵かきえほんです。 ○ △ □が かけるなら あらふしぎ、どんなかおでも かけますよ。ほかに『どうぶつ かけちゃうよ』『なんでも かけちゃうよ』もあります。

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 小中学生向けおすすめリスト > 横浜市 教育委員会 中央図書館 よんでみようこんなほん 小学校1・2年生向