都筑区

「横浜の郷土資料を探す」へ
「地図から探す」へ
「区系図から探す」へ


御大典記念都田村誌 都筑郡都田村役場/編 都筑郡都田村役場  1929 257p 図14 21cm
昭和3年(1928)の天皇御大典記念として、昭和4年(1929)に都田村誌編纂會により発行された。当時の都田村現勢を口絵の写真とともに項目ごとに詳説している。旧跡案内、石高等の統計数字、村会議員名簿など記録として残っているものをまとめたもの。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


港北百話 古老の話から 「古老を囲んで港北を語る」編集委員会/編 港北区老人クラブ連合会 1976 319p 22cm
港北区在住の150数名の古老の語る話を項目ごと(寺社・年中行事・産業のあれこれ・交通・地域の言い伝え・昔話など)にまとめている。江戸時代の7点の古地図と、明治14年(1881)測量の港北区の地形図を収録している。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


吉田沿革史 港北ニュータウン郷土誌叢書 1  港北ニュータウン郷土誌編纂委員会/編 港北ニュータウン郷土誌編纂委員会 1983 487p 22cm
明治43年(1910)から草稿され、その後加筆された全2巻の原著を昭和58年(1983)に復刻刊行したもの。港北ニュータウン地域に隣接する旧吉田村について幕末から明治への動向を紹介。鶴見川・早渕川流域の水難・治水についての資料も多数収録している。巻末に著者についての解説がある。 
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報: 所蔵情報


川和の歴史 横浜市立川和中学校/編 横浜市立川和中学校 1983 165p 
市立川和中学校開校を記念して、編纂、発行された。川和町に焦点を当てた通史としてまとめられている。港北ニュータウンの開発により明らかになった遺跡事情も反映されている。資料編として、信田家・岩沢家・城所家・横溝家文書等、近世の古文書類を収録。
索引: 年表: 参考文献:一部有 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


横浜緑区史 資料編 第1巻 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1985 665p 26cm
緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を知る上で欠かせない基本資料。昭和59年(1984)の区制15周年の記念事業として区史の編纂が計画され、資料編第1巻が昭和60年(1985)に刊行された。資料編は、原始・古代・中世は時代区分ごと、近世・近代・民俗は項目ごとに資料を収録し、2巻にわけて刊行。第1巻は、先土器・縄文時代の考古資料、平安・鎌倉時代の史料、近世の検地帳や宗門人別改帳、近代の地誌、物産表、新治村々勢概要、神奈川県都筑郡統計書などを収録。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


横浜緑区史 資料編 第2巻 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1986 509p 27cm
資料編第2巻は、弥生・古墳・奈良・平安時代の考古資料、南北朝・室町・戦国時代の史料、近世の助郷文書、近代の教育資料、日刊新聞の世相記事などを収録。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


港北区史 港北区郷土史編さん刊行委員会/編 港北区郷土史編さん刊行委員会 1986 1032p 23cm
港北区の歴史を知るための基本資料。昭和51年(1976)刊行の『港北百話』を受けて、昭和61年(1986)港北区郷土史編纂委員会より刊行された。原始から中世まで通史として詳説し、近世から現代は区を7地区に分け、それぞれのあゆみを追う形で詳説されている。補遺として遺跡・宗教・教育・民俗・古道などが取り上げられている。
索引: 年表:鶴見川について 嘉永6年(1853)〜昭和63年(1988) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


都筑の民俗 横浜市・港北ニュータウン郷土誌 港北ニュータウン郷土誌編纂委員会/編  港北ニュータウン郷土誌編纂委員会 1989 852p 図版14枚 27cm
港北ニュータウン周辺地域を知るための基本的資料で、『吉田沿革史』に続く2冊目となり、民俗編の位置づけ。10年にもわたる港北ニュータウン旧集落の民俗的な調査の成果が、豊富な写真・概念図などとともに、詳説されている。同地域での教育委員会・横浜北農業共同組合などによる過去の民俗調査の成果も盛り込まれている。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


歴史の舞台を歩く 横浜・緑区 相沢雅雄/著 昭和書院 1991 159p 25cm
平成6年(1994)に再編成される前の緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を山内、中里、田奈、新治、都田の5つのエリアに分け、遺跡や史跡、神社仏閣、石碑のいわれや伝説、その地域ゆかりの人物などをそれぞれ10項目前後取り上げて紹介している。歴史散歩をする時の参考になるようにとの意図で作られており、1項目を見開き1ページでわかりやすく紹介、写真も多数使用されている。
索引: 年表:明治元年(1868)〜平成2年(1990) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


横浜緑区史 通史編 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1993 921,51p 27cm
通史編は、原始・古代から平成3年頃までの歴史を編年体で詳説している。年中行事や信仰といった民俗についてもまとめられている。
索引: 年表:先土器時代〜平成3年(1991) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


ハマ線地名あれこれ 横浜篇 相沢雅雄/著 230クラブ新聞社 1996 256p 21cm
神奈川区、港北区、都筑区、緑区、青葉区の横浜線沿いの町名を題材に、地名の由来、歴史、行政沿革、そこで活躍した人物にまつわる話や神社・寺院の縁起、伝承などがコンパクトにまとめられている。(社)神奈川法人会の会報に『管内の地名あれこれ』と題して連載したものをベースに加筆及び一部修正をして、平成8年(1996)に刊行された。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報: 所蔵情報


港北ニュータウン 四半世紀の都市づくりの記録 港北ニュータウン事業誌編集委員会/編  住宅・都市整備公団港北開発局 1997 1冊 31cm
平成9年(1997)に住宅・都市整備公団港北開発局により発行された公団の事業記録誌。横浜市「六大事業」のひとつである、港北ニュータウン土地区画整理事業の四半世紀を記述。技術の歴史を中心に詳細に紹介している。資料に関連年表を付す。
索引: 年表:昭和39年〜平成8年 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


港北ニュータウン地域の暮らし 企画展 横浜市歴史博物館,横浜市ふるさと歴史財団/編 横浜市歴史博物館  1996  78p  30cm
平成8年(1996)に横浜市歴史博物館で開催された企画展の展示図録。景観の移り変わり・生業や信仰にまつわる図版・写真を多数掲載。明治後期と平成7年のニュータウン地域の地形図を付す。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


わが町の昔と今『とうよこ沿線』20周年記念 写真集 4 都筑区と城郷編, 岩田忠利/著, とうよこ沿線編集室 2001 127p 30cm
『とうよこ沿線』20周年記念として出版された四巻の写真集のうち、都筑区及び港北区城郷地区の写真を収録した巻。山田、勝田、茅ヶ崎など、地区別に郷土の風景写真を掲載。景観の変化や祭礼行事の様子を写したものの他、昭和の子どもたちや人々の風俗を切り取った写真もある。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報: 所蔵情報

ページトップへ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 横浜の郷土資料を探す > 横浜市 教育委員会 横浜市立図書館 都筑区関連資料目録