- トップメニュー|検索

「横浜市の歴史」へ

横浜市史 資料編4 目次


    貨財門    

    貨幣ニ関スル雑件(抄)    

     古金輸出米岡士弁論1件   
      〔1〕 慶応3年4月8日 外国人ヘ古金ヲ売リ捕縛セラレシ者アルヲ以テ条約明文ヲ主張セル〔米〕岡士ノ来翰
      〔2〕 慶応3年4月 〔米岡士来翰ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                古金売付者繋獄ノ原因ヲ弁明セル神奈川奉行ノ書翰按
      〔3〕 慶応3年4月 〔米岡土ヘノ返翰ニ附スベキ触書ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                慶応3年5月 外国奉行ノ評議
      〔4〕 慶応3年5月2日 古金買取猶条約面ヲ主張セル〔米〕岡士ノ来翰
      〔5〕 慶応3年5月 〔米岡士ヨリ再度来翰ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                慶応3年5月 外国奉行ノ評議
      〔6〕 慶応3年6月8日 貨幣新旧換付ノ布令

      附録   
      〔7〕 倭英盟約濫觴并英国貨幣比較記録 

    孛国領事洋銀1弗3分通用懇請並ニ三井組紙幣1件(抄)    

     三井組紙幣1件   
      〔8〕 慶応3年5月28日 〔銀札施行仕法ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                右指令 
      〔9〕 慶応3年7月5日 〔同件〕神奈川奉行ノ申稟
      〔10〕 慶応3年10月14日 右紙幣真貨ト交換ノ障碍如何ヲ問フ孛国公使ノ来翰
      〔11〕 慶応3年10月16日 〔孛国公使来翰ニツキ〕外国奉行ヨリ勘定奉行及神奈川奉行ヘ照会并回答
              神奈川奉行ノ出セシ書翰案 
      〔12〕 慶応3年11月6日 〔同件〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ヘノ照会并回答
      〔13〕 慶応3年11月13日 紙幣ハ三井店ニ於テ障碍ナク交換スヘシト孛公使ニ答フル閣老ノ返翰


    館舎門    

    各港貸庫設置1件(抄)    

     各港貸庫設置1件 7   
      〔14〕 元治元年5月25日 貸庫約書調判ノ期限切迫ニ因リ外国奉行意見開陳ノ上申
      〔15〕 元治元年5月26日 閣老ヨリ米公使ニ貸庫約書ノ調判猶予ヲ依頼ノ書翰
      〔16〕 慶応元年3月6日 仏公使請求ノ郵船荷物処置事件神奈川奉行ヨリ在府同僚ニ来タセシ書翰抄
      〔17〕 慶応元年3月 〔貸庫設置ニツキ〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ回答書
      〔18〕 慶応元年4月8日 神奈川奉行ノ再答書
      〔19〕 慶応元年4月 外国奉行第3答書
                  輸入荷物囲場規則 
      〔20〕 慶応元年5月 神奈川奉行第4答書
      〔21〕 慶応元年閏5月 外国奉行第5答書
      〔22〕 慶応元年閏5月 神奈川奉行第6答書
      〔23〕 慶応元年閏5月 外国奉行最後ノ答書
      〔24〕 慶応元年閏5月18日 貸庫建造事件外国奉行ノ上申

     各港貸庫設置1件 8   
      〔25〕 慶応2年5月4日 英公使ヨリ閣老ニ貸庫規則ニ注意シコレヲ処置スヘキ外国人ヲ雇役アルヘシトノ来翰
      〔26〕 慶応2年5月4日 閣老ヨリ英公使ニ貸庫事件処置スヘキ外国人雇役ハ決議次第照会スヘシトノ返翰
      〔27〕 慶応2年5月5日 貸庫規則施行ニ由リ神奈川奉行意見開陳ノ申稟
                  貸庫規則書 
                  〔慶応2年5月5日〕 外国奉行ノ申議
      〔28〕 慶応2年5月8日 貸庫規則ノ決定ヲ委任スル旨3港奉行ニ指令
      〔29〕 慶応2年5月9日 閣老ヨリ米蘭英仏公使ニ神奈川長崎箱館ニ建造スヘキ貸庫規則ハ3港奉行負担処
                  置スヘキヲ以テ其段承了アルヘシトノ書翰
      〔30〕 慶応2年5月9日 閣老ヨリ英公使ニ貸庫規則等処置ノ為メ外国人雇役スヘキニ決セシヲ以テ適当ト思惟
                  セラルゝ人物周旋ヲ請フノ書翰
      〔31〕 慶応2年5月 貸庫規則処置ノ為メ外国人雇役事件ニ因リ英公使ニ書翰送致セシヲ以テ同公使ニ談判ス
                  ヘシト神奈川奉行ニ指令
      〔32〕 慶応2年5月 貸庫規則処置ノ為メ外国人雇役談判ノ模様神奈川奉行ノ上申
                  横浜貸庫火災負担人名氏書 
      〔33〕 慶応2年5月9日 英公使ノ来セシ貸庫規則案訳書小栗上野介外2人進呈ノ上申
                  貸庫規則書案 
                  諸証書案3件 
      〔34〕 慶応2年5月9日 小栗上野介外2人ヨリ右規則書案訳書3港奉行ニ送致ノ達書
                  目録抜萃 
      〔35〕 慶応2年5月9日 英公使ヨリ閣老ニ貸庫ノ処置等緊要事アルヲ以テ明日面会ヲ乞フトノ来翰
      〔36〕 慶応2年5月10日 閣老ヨリ本日ハ支障アリ面会シ難キヲ以テ明11日9時会晤スヘシトノ返翰
      〔37〕 慶応2年5月10日 英公使ヨリ面会ノ時期一時延引ヲ乞ヘルノ来翰

     各港貸庫設置1件 9   
      〔38〕 慶応2年5月17日 神奈川奉行進呈借庫規則草案諸証書類5件
      〔39〕 〔慶応2年5月18日 借庫規則案ニツキ〕外国奉行ノ申議
                  〔慶応2年5月〕 勘定奉行同吟味役目付ノ承附
                  貸納屋規則草案
                  諸証書類3件
      〔40〕 慶応2年5月17日 米公使ヨリ閤老ニ貸庫規則ノ定約ヲ賀シ神奈川条約第7条ニ基キ税銀返還ノ法ヲ縷
                  述ノ来翰

     各港貸庫設置1件 10   
      〔41〕 慶応2年5月21日 各公使ト商議貸庫規則決定夫々処分ノ旨3港奉行ノ上申
      〔42〕 〔慶応2年5月16日 借庫規則ニツキ〕3港奉行ヨリ英仏米蘭岡士ニ送リシ書翰
                  借庫規則 
                  諸証書類4件 
                  蔵敷料ノ表 
      〔43〕 〔慶応2年5月18日 借庫規則施行ニツキ〕英仏米蘭公使ノ来セシ覚書
      〔44〕 慶応2年6月3日 米公使ノ来セシ書翰ニ因リ外国奉行意見開陳ノ返翰案進呈ノ上申
                  〔慶応2年6月〕 返翰案
      〔45〕 慶応2年8月20日 蘭公使ヨリ閣老ニ蘭人「フロイニール」ヲ長崎貸庫ノ目利役頭取ニ吹挙ノ来翰
                  〔慶応2年8月18日〕 「フロイニール」ヨリ蘭公使ニ送リシ書翰写
      〔46〕 慶応2年8月25日 右来意ニ因リ外国奉行ノ上申
      〔47〕 慶応2年9月朔日 閣老ヨリ蘭公使ニ「フロイニール」貸庫ノ吏員ニ吹挙ノ趣ハ了承スレトモ総テ其地奉            行ノ負任ナレハ指揮及ヒ難シトノ返翰
      〔48〕 慶応2年11月30日 波戸〔場〕及陸揚場并貸庫建造ノ方法英公使談判ノ顛末神奈川奉行ノ上申
                  〔慶応2年12月〕 外国奉行ノ申議
      〔49〕 慶応2年12月2日 英公使ヨリ閣老ニ波戸場陸揚場并貸庫建造等迅速着手ノ権ヲ神奈川奉行ニ与ヘン
                  コトヲ乞ヘルノ来翰
      〔50〕 慶応2年12月14日 英公使ヨリ右書翰ノ回答ヲ促スノ来翰
      〔51〕 慶応2年12月16日 外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ英公使ヘノ返翰案添ヘ支障有無ノ諮問書
      〔52〕 慶応3年正月16日 閣老ヨリ英公使ニ横浜波戸場其他ノ建造云々ハ都テ神奈川奉行ニ処置スヘキ旨命
                  セシヲ以テ同奉行ヨリ談判及フヘシトノ返翰
                  神奈川奉行ニ指令〔案〕 
      〔53〕 慶応3年2月 貸蔵敷料等正月中収領額神奈川奉行ノ上申
      〔54〕 慶応3年10月 貸庫処置ノ為メ雇ヒ外国人ノ内解雇云々神奈川奉行ノ上申
      〔55〕 慶応3年12月21日 横浜蔵敷額并ニ貸庫規則等変革ノ有無外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ諮問ノ往復書
      〔56〕 慶応3年12月 同上〔外国奉行ヨリ〕長崎箱館両奉行ニ諮問書

    横浜英公使館1件外1件    

     横浜英公使館1件   
      〔57〕 慶応元年7月21日 公使ヘ横浜公使館建築ノ挙急速整難キ旨ヲ以テ外国奉行発向ノ請ヲ謝絶スル
                  閣老ノ書翰
                  神奈川奉行ニ指令案 
      〔58〕 慶応元年8月5日 〔英公使館ニツキ〕外国係諸有司外国奉行ニ指令
      〔59〕 慶応元年8月14日 〔英公使館ニツキ〕外国奉行ノ申稟
                  横浜地所規則第8条抜萃 
      〔60〕 慶応元年12月8日 閣老ヘ横浜公使館建築商議ノ為面晤ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔61〕 慶応元年12月8日 右ニ答ル閣老ノ返翰
      〔62〕 慶応元年12月12日 閣老ヘ横浜公使館建築ノ事ニ就キ6条ノ議案ヲ以其然諾ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔63〕 慶応元年12月22日 右ニ答ル閣老ノ返翰
      〔64〕 慶応2年正月 早川能登守英館建築係ノ命令書
      〔65〕 慶応2年正月 栗本安芸守英館建築係ノ命令書
      〔66〕 慶応2年正月19日 朝比奈甲斐守英館建築係ノ命令書
      〔67〕 慶応2年正月22日 閣老ヘ横浜公使館ノ建築ヲ督促スル公使ノ書翰
      〔68〕 慶応2年4月 〔英公使館並ニ輪乗馬場遊楽場地税ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔69〕 慶応2年8月 〔英公使乗船場石垣石階段築造費ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応2年8月〕 勘定所ノ評議
      〔70〕 慶応2年12月22日 横浜表公使ノ居宅火ニ罹リシヲ存問セル閣老ノ書翰
      〔71〕 慶応2年12月24日 閣老ヘ居宅罹火ノ際散失セシ品物ノ探索ヲ請求スル公使ノ書翰
      〔72〕 慶応2年12月26日 〔件英公使来翰ニツキ〕外国奉行ノ申稟
      〔73〕 慶応2年12月27日 公使ヘ居宅罹火ノ際散失セシ品物探索ノ請ヲ了諾スル閣老ノ返翰
      〔74〕 慶応2年12月30日 閣老ヘ火災存問ヲ謝スル公使ノ返翰
      〔75〕 慶応3年正月11日 閣老ヘ居宅罹火家族ヲ江戸ニ徙スヘキヲ以テ宿寺ノ狭隘ヲ訴ル公使ノ書翰
      〔76〕 明治元年正月3日 〔英公使館造営ハ自費ニヨルべシトノ〕外国奉行ノ申稟
      〔77〕 明治元年4月14日 横浜山手公使館地租家税ノ約定書 

     横浜仏公使館1件   
      〔78〕 元治元年10月27日 閣老ヘ公使横浜ニ滞留スヘキヲ以テ公使館建築ノ地ヲ希望ノ書翰
                  外国奉行ノ附箋 
      〔79〕 元治元年11月14日 公使ヘ公使館建築地所ノ請求ヲ諾スル閣老ノ返翰
                  神奈川奉行ニ指令 
      〔80〕 慶応2年6月14日 和春ヘ横浜公使館増築ヲ諾セシ旨外国奉行ノ書翰
      〔81〕 慶応2年7月10日 閣老ヘ江戸ノ公使館新築ヲ辞シ横浜ノ公使館岡士所経営費用ヲ日本政府ニ於テ弁
                  センコトヲ希望スル公使ノ書翰
      〔82〕 慶応2年7月16日 右ニ答ル閣老ノ返翰
                  〔慶応2年7月〕 外国奉行ノ〔申稟〕
                  神奈川奉行ニ指令案
      〔83〕 慶応2年7月 〔通弁官住居地所返上ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応2年8月〕 勘定所ノ評議
      〔84〕 慶応2年8月29日 〔通弁官ニ家作代金ヲ交付ストノ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔85〕 慶応2年9月12日 〔通弁官ノ同居人引払期限ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔86〕 慶応3年3月 〔仏公使館家税ノ内ヲ以テ火災請負ニ当テントノ〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応3年4月〕 勘定所ノ評議
      〔87〕 慶応3年7月3日 〔通弁官住居地所ニツキ〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会
                  〔慶応3年7月〕 神奈川奉行ノ回答
      〔88〕 慶応3年9月 〔仏公使館構内砂利敷込ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応3年10月〕 勘定所ノ評議
      〔89〕 慶応3年10月 〔仏公使館建築費渡方等ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                  同附箋 

    横浜米公使館外3件    

     横浜米公使館1件   
      〔90〕 慶応元年7月20日 閣老ヘ横浜弁天公使館地ノ代リニ山手地所ノ貸与ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔91〕 慶応元年7月29日 〔同件〕外国奉行ノ申稟
                  神奈川奉行ニ指令案
      〔92〕 慶応元年8月23日 〔同件〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応元年9月6日〕 外国奉行ノ評議
      〔93〕 慶応元年10月17日 公使ヘ横浜山手地所貸与ノ請求ヲ諾スル閣老ノ返翰
                  神奈川奉行ニ指令案
 
     横浜魯使臣館1件   
      〔94〕 慶応2年正月6日 閣老ヘ使臣館設立ノ為横浜弁天ノ地所ヲ請求スル岡士ノ書翰
      〔95〕 慶応2年正月13日 〔同件〕外国奉行ノ申稟
                  神奈川奉行ニ指令案 
      〔96〕 慶応2年3月 〔同件〕神奈川奉行ノ申稟
                  〔慶応2年3月〕 外国奉行ノ評議
      〔97〕 慶応2年8月14日 岡士ヘ横浜ノ地ハ総テ神奈川奉行ノ管轄ナルヲ以テ同奉行ニ照会アルヘキ旨閣老ノ
                  返翰

     横浜英岡士館衙署獄舎1件   
      〔98〕 文久元年2月15日 閣老ヘ横浜山手ニ岡士館建築ノ議已ニ決セシヲ以テ衙署獄舎ヲモ建造セン事ヲ乞
                  ヘル公使ノ書翰
      〔99〕 〔年月日欠〕 右返翰案
      〔100〕 文久元年7月12日 外国奉行ヘ公使ノ暫ク横浜ニ赴ケルノ事ト同所岡士館地ニ柵ヲ周ラス事等ヲ請求
                    スル書記官ノ書翰
      〔101〕 文久元年7月13日 右ニ答ル外国奉行ノ返翰
      〔102〕 文久元年12月25日 閣老ヘ帰国ノ命ヲ受ケタルヲ以テ解纜以前横浜岡士館其他未決ノ件々商議処分
                    セン事ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔103〕 文久元年12月29日 右ニ答ル閣老ノ返翰
      〔104〕 文久2年正月22日 〔英公使来翰ニツキ〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会
      〔105〕 慶応3年2月 〔英岡士出張所修復ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年3月〕 勘定所評議

     横浜米岡士館1件   
      〔106〕 慶応3年8月20日 閣老ヘ横浜ノ地ニ岡士館建築スベキヲ以テ神奈川奉行ニ会同商議ノ下命アラン事
                    ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔107〕 慶応3年8月24日 右ニ答ル閣老ノ返翰
                    〔慶応3年8月24日〕 神奈川奉行ニ指令案
      〔108〕 慶応3年11月7日 閣老ヘ岡士館ノ事ニ由リ神奈川奉行ト岡士ノ協議決定セシヲ以テ建築着手ヲ促ス            公使ノ書翰
      〔109〕 慶応3年11月11日 〔同件〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会
                    〔慶応3年11月17日〕 神奈川奉行ノ回答

  横浜荷蘭領事館舎証書 
      〔110〕 元治元年5月 和蘭公使ヘノ書簡
                〔元治元年5月〕 館舎証書

      横浜蘭岡士館1件
      〔111〕 万延元年12月24日 外国奉行ヘ6条ノ議案ヲ以横浜ヘ岡士館移転ヲ希望スル岡士ノ書翰
      〔112〕 文久元年3月9日 右ニ答ル外国奉行ノ返翰
      〔113〕 〔文久元年3月同件〕 外国奉行ノ申稟
      〔114〕 文久元年3月10日 公使ヘ岡士館移転ノ事ヲ諾スル閣老ノ返翰
      〔115〕 文久2年2月 〔蘭岡士館内普請ニ着手ストノ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔116〕 元治元年5月 公使ヘ横浜岡士館地租家税算勘ヲ告ル神奈川奉行ノ書翰
      〔117〕 元治元年6月 〔蘭岡士館家賃地代ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔元治元年5月〕 荷蘭官舎ノ証書
                    〔元治元年5月〕 同官舎地所ノ証書
                    〔元治元年6月〕 外国奉行ノ評議
                    〔元治元年5月〕 神奈川県庁存在荷蘭官舎ノ証書
      〔118〕 慶応3年2月 〔蘭岡士館外構石塀取建ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年3月〕 勘定所ノ評議
                    〔慶応3年4月〕 外国奉行ノ評議
      〔119〕 慶応3年4月 〔同件ヲ促ス〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年4月〕 勘定所ノ評議
                    閣老ノ評議
      〔120〕 慶応3年10月 〔蘭岡士館内修復ニ着手ストノ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年10月〕 勘定所ノ評議
                    金川港規則抜萃 

    横浜孛岡士館1件外5件    

     横浜孛岡士館1件   
      〔121〕 慶応元年2月 〔孛岡士館取建ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔122〕 慶応2年8月 〔孛仮岡士館修復ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応2年8月〕 勘定所ノ評議

     横浜瑞西岡士館1件   
      〔123〕 慶応元年8月 目付ニ指令

     横浜葡岡士館1件   
      〔124〕 文久3年12月11日 外国奉行ヘ税関近傍ニ岡士館地所ノ請求ヲ拒絶シ米人「ブロヲン」ニ与ヘシト
                    誤聞シ苦情ヲ鳴ス岡士ノ書翰
      〔125〕 慶応2年7月28日 〔葡岡士館地所ニツキ〕外国奉行ノ申稟
      〔126〕 〔慶応2年7月27日〕 菊池伊予守ト葡公使ノ対話書
      〔127〕 慶応2年8月3日 閣老ヘ岡士館地券ノ改正ヲ乞ヘル公使ノ書翰
      〔128〕 慶応2年8月11日 右ニ答ル閣老ノ返翰
                    神奈川奉行ニ指令案
      〔129〕 慶応2年8月 〔葡岡士館地所談判ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟

 横浜白岡士館1件   
      〔130〕 慶応3年2月2日 閣老ヘ白耳義公使ノ付嘱ニヨリ横浜ニ同国岡士館建築ノ地所ヲ請求スル蘭公使ノ書翰
      〔131〕 慶応3年2月3日 右ニ答ル閣老ノ返翰
      〔132〕 慶応3年5月 〔仮岡士館貸渡ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年6月〕 外国奉行ノ評議
                    〔慶応3年6月4日〕 神奈川奉行ニ指令

    附録    
     横浜各国岡士館設立商議1件   
      〔133〕 万延元年3月 神奈川奉行ニ指令
      〔134〕 万延元年3月 〔各国岡士引移地所ニツキ〕外国奉行ノ申稟
      〔135〕 万延元年12月 〔各国岡士館引移ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔万延元年12月〕 外国奉行ノ評議
      〔136〕 文久元年9月 〔各国岡士館普請掛支配向ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔文久元年10月〕 勘定所ノ評議

    附録    
     横浜英国兵卒総督住居経営1件   
      〔137〕 慶応3年7月 神奈川奉行ノ申稟

    横浜在留米人「ショーエル」貸家徴還1件    

     横浜在留米人「シヨーエル」貸家徴還1件 1   
      〔138〕 〔万延元年〕閏3月18日 米人「シヨーエル」ヨリ横浜官吏ニ海辺地請求ノ来翰
      〔139〕 文久元年7月24日 「シヨーエル」ヨリ官吏ニ居住家屋ノ修繕ヲ請ヘルノ来翰
      〔140〕 文久元年12月9日 神奈川奉行ヨリ米岡士ニ其国民「シヨーエル」ノ借家要用アレハ移転ノ令達ヲ請フ
                     トノ書翰
      〔141〕 文久元年12月24日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ「シヨーエル」附与ノ地ニ居住スル充分ノ理アレハ請ヒ
                    ニ応シ難シトノ来翰
      〔142〕 文久2年5月9日 神奈川奉行ヨリ米岡士ニ外国人居留地境道路更正ニ由リ「シヨーエル」ノ借家切断
                其他長家返還ヲ其先任ニ照会セシモ未タ処置ナケレハ迅速処置ヲ請フトノ書翰
      〔143〕 文久2年5月16日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ右ハ先任ノ者帰浜セハ夫々調査速ニ処置スヘシトノ来翰
      〔144〕 元治元年正月 竹本甲斐守仏公使ト対話書抄
      〔145〕 元治元年3月11日 神奈川奉行ヨリ米岡士ニ「シヨーエル」ノ不法ヲ論難シ居留地外ノ地券ヲ岡士請求
                    スルヲ詰責シ「シヨーエル」借家退去ヲ令センコトヲ請フノ書翰
      〔146〕 慶応元年2月25日 柴田日向守米公使ト対話書抄
      〔147〕 慶応元年3月3日 星野備中守外1人米公使ト対話書抄
      〔148〕 慶応元年3月4日 同上
      〔149〕 慶応元年3月9日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ「シヨーエル」ノ所有地ハ外国人ヨリ譲リ受ケシモノニテ
                    政府ヨリ借用セシハ即今争論ノ地所ノミナリトノ来翰
                    右地所ノ変遷顛末米岡士ノ再告書 
      〔150〕 慶応元年3月11日 英岡士ヨリ「シヨーエル」ノ所有地古記録ニ記載アル件々ヲ報知ノ来翰
      〔151〕 慶応元年3月12日 蘭公使ヨリ閣老ニ横浜ニテ「シヨーエル」借家ノ内欧人ニ貸付酒ヲ売ラシムルト其
                    地所ヲ「シヨーエル」ニ交付ノ説アルトヲ難シ速ニ右貸家ヲ徴還シ地所モ交付スヘカラストノ来翰
      〔152〕 慶応元年3月12日 星野備中守蘭岡士ト対話書
      〔153〕 慶応元年3月19日 星野備中守米岡士ト対話書抄

     横浜在留米人「シヨーエル」貸家徴還1件 2   
      〔154〕 慶応元年4月朔日 柴田日向守外1人米公使ト対話書抄
      〔155〕 慶応元年4月朔日 外国奉行ヨリ米書記官ニ「シヨーエル」ヘ貸シタル家屋地所云云談判ノ趣アレトモ
                    既ニ蘭公使故障申陳外カ国々モ測リ難ケレハ即今貸付シ難シトノ書翰
      〔156〕 慶応元年4月8日 星野備中守米公使ト対話書抄
      〔157〕 慶応元年5月12日 米公使ヨリ閣老ニ「シヨーエル」ノ借家地所有ノ理ナキヲ以テ同人ヨリ迅速返還ス
                    ヘシト岡士ニ告知セシトノ来翰
      〔158〕 慶応元年5月20日 神奈川奉行米岡士ト対話書
      〔159〕 慶応元年5月 蘭公使ヘノ返翰案外国奉行進呈ノ上申
       〔慶応元年5月〕 閣老ヨリ蘭公使ヘノ返翰案
      〔160〕 慶応元年5月26日 米公使ヘノ返翰案外国奉行進呈ノ上申
      〔161〕 慶応元年閏5月朔日 閣老ヨリ米公使ニ「シヨーエル」借家地退去云云岡士ニ令セシ裁断ヲ謝シ神奈川
                    奉行ニ達セシトノ返翰
                    神奈川奉行ニ指令〔案〕 
      〔162〕 慶応元年閏5月6日 星野備中守外1人米公使ト対話書抄
      〔163〕 慶応元年閏5月14日 「シヨーエル」貸家ノ顛末縷陳右本国政府ニ開陳スヘシト米公使ニ照会ヲ請フ
                    神奈川奉行ノ上申
                    〔神奈川奉行ニ〕指令 
                    〔慶応元年閏5月27日〕 外国奉行ノ申議
      〔164〕 慶応元年閏5月 「シヨーエル」借家地云云岡士其公使ノ命ヲ用ヒサルニ因リ尚厳命アルヘシトノ書翰
      〔165〕 慶応元年7月28日 山口駿河守外1人米公使ト対話書抄

     横浜在留米人「シヨーエル」貸家徴還1件 3   
      〔166〕 慶応元年8月24日 星野備中守外2人米公使ト対話書抄
      〔167〕 慶応元年8月25日 米公使ヨリ閣老ニ「シヨーエル」返還ノ地所約ノ如ク外国語学絞トナスノ保証ヲ
                    請ヘルノ来翰
      〔168〕 慶応元年8月26日 米公使来書ノ旨趣神奈川〔奉行〕調査開申セハ返還案進呈スヘシト外国奉行ノ上申
                    神奈川奉行ニ指令案 
      〔169〕 慶応元年9月8日 米公使ノ来書ニ因リ神奈川奉行意見開陳ノ上申
      〔170〕 慶応元年9月 神奈川奉行ヨリ米岡士ニ「シヨーエル」ノ借家地返還スヘキノ理由ヲ具陳シ其国人等ヲ
                    退去セシムヘシトノ書翰
      〔171〕 慶応元年10月5日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ条件ヲ逐ヒ弁明シ此件本国政府ノ裁決マテハ借家地返還
                    スル能ハストノ来翰
      〔172〕 慶応元年10月13日 江連加賀守米公使ト対話書抄
      〔173〕 慶応元年10月17日 閣老ヨリ米公使ニ「シヨーエル」ヨリ徴還ノ地所ハ学校トナス計画ノヨシ神奈川奉行
                    申陳セリサレハ仏官吏ニ貸与スヘシトノ説ハ訛伝ナルヘシトノ返翰
      〔174〕 慶応元年10月23日 江連加賀守外2人米公使ト対話書抄
      〔175〕 慶応元年11月7日 「シヨーエル」ノ借家地徴還ノ事件岡士承伏セサレハ公使ヨリ厳達スヘシト照会ヲ
                    請フ神奈川奉行ノ上申
                    〔慶応元年11月〕 閣老ヨリ公使ヘノ書翰案
                    〔慶応元年11月27日〕 外国奉行ノ申議
      〔176〕 慶応元年11月30日 閣老ヨリ米公使ニ「シヨーエル」借家地返還事件神奈川奉行ヨリ其岡士ニ再三
                    談判尚書翰ヲ以テ照会スト雖承引ナク今ニ返還セサルヨシ就テハ岡士ニ諭達至当ノ処置ヲ望ムトノ書翰
      〔177〕 慶応2年3月9日 菊池伊予守米公使ト対話書抄
      〔178〕 慶応2年3月13日 星野備中守米公使ト対話書抄
      〔179〕 慶応2年4月2日 菊池伊予守米公使ト対話書抄
      〔180〕 慶応2年8月 「シヨーエル」借家撤去柵門建造費金神奈川奉行ノ申稟

    横浜修文館建築1件外3件(抄)    

     横浜修文館建築1件   
      〔181〕 慶応元年正月19日 〔閣老ヨリ〕神奈川奉行ニ〔仮稽古所設置〕指令
      〔182〕 慶応元年8月 〔神奈川ヘ学問所教授方差遣ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔183〕 〔慶応元年8月 同件〕昌平阪学問所総督ノ評議
                    同〔指令〕 
      〔184〕 〔年月日欠 同件〕閣老ノ評議
      〔185〕 慶応2年5月 〔文学稽古所ノ館号ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔186〕 慶応2年7月 〔同件〕昌平阪学問所総督ノ申稟
                    館号ノ副単 
                    神奈川奉行ヘ指令ノ案 
      〔187〕 慶応3年4月15日 〔一橋大納言練兵一覧ニツキ〕公信ノ抜萃


    機関門    

    横浜製鉄所1件    
      〔188〕 慶応元年正月30日 外国奉行ト米公使ノ対話書
      〔189〕 慶応元年2月7日 〔製鉄所建設ノ現場出張ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
      〔190〕 慶応元年5月26日 〔鉄板其他ノ注文品ニツキ仏人申立ノ旨〕製鉄所係ノ申稟
                    〔慶応元年4月25日〕 海軍奉行ヘ製鉄造船ノ器械必需ノ物品仏国ニ於テ購求逓送センコトヲ勧ムル
                    同国「ロツトルー」ノ書翰
                    同指令 
      〔191〕 慶応元年閏5月9日 〔太田屋新田埋立ニツキ〕製鉄所係ヨリ神奈川奉行ニ照会
                    神奈川奉行ノ回答 
      〔192〕 慶応元年閏5月19日 製鉄所係小笠原刑部ヨリ同係リ山口駿河守ニ照会
      〔193〕 慶応元年閏5月26日 製鉄所係小笠原刑部ヨリ外国奉行軍艦奉行ニ照会
      〔194〕 慶応元年閏5月 〔製鉄所使用ノ材木ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
      〔195〕 慶応元年閏5月 〔同件〕製鉄所係ノ申稟
                    用材調査ノ別録
      〔196〕 慶応元年閏5月 外国奉行岡部駿河守ヨリ製鉄所係ニ照会
                    岡部駿河守ニ製鉄所係ノ命令書 
      〔197〕 慶応元年閏5月 〔製鉄所ニテ蒸気船器具ヲ製シ民間ニ売捌カントスル〕製鉄所係ノ申稟
      〔198〕 慶応元年閏5月 〔製鉄所建築費内借ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
      〔199〕 慶応元年閏5月30日 〔雇仏人給料等内借ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
                    雇仏人給料及家租ノ概算票 
      〔200〕 慶応元年7月 〔仏国職人雇増ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
                    雇仏人給料及旅費算勘書 
      〔201〕 〔慶応元年7月 仏国職人給料下付ヲ請フ〕製鉄所係ノ申稟
      〔202〕 慶応元年7月 〔製鉄所建築費内借ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
                    〔慶応元年7月〕 製鉄所費用金予給ノ票
      〔203〕 慶応元年7月 〔機械製造方雇2人ノ罷免ヲ請フ〕製鉄所係ノ申稟
      〔204〕 慶応元年8月18日 〔製鉄所建築費内借ニツキ〕製鉄所係ノ申稟
      〔205〕 慶応元年8月26日 〔製鉄所建物ノ出来栄ヲ見分セル旨〕製鉄所係ノ申稟
      〔206〕 慶応元年8月26日 神奈川奉行ニ〔製鉄所用地引渡ノ〕指令
      〔207〕 慶応元年9月15日 〔仏人拝借地ニツキ〕神奈川奉行ノ照会
                    雇仏人「ロツトルー」ノ借地約定書 
      〔208〕 慶応元年9月19日 神奈川奉行ニ〔仏人ヘ地所貸渡シノ〕指令
                    同 
                    製鉄所係ニ指令 
      〔209〕 慶応元年9月21日 製鉄所係ノ照会
                    栗本瀬兵衛ニ製鉄所係ノ命令書 
                    海軍奉行軍艦奉行ニ指令 
      〔210〕 慶応元年9月 〔製鉄所専任者ノ任命ヲ請フ〕製鉄所係ノ申稟
      〔211〕 慶応元年12月10日 竹内下野守ニ製鉄所係ノ命令書
      〔212〕 慶応2年5月8日 〔製鉄所定式入用金ノ下付ヲ請フ〕製鉄所係ノ申稟
                    〔慶応元年5月 製鉄所係ノ申稟〕
      〔213〕 慶応3年4月16日 〔製鉄所見分ニツキ〕一橋〔大〕納言家臣ノ届書
      〔214〕 明治元年正月29日 大久保一翁ヘ宿寺会合ノ違約ヲ責メ仏都「ゼネラル」会社約定ノ事件ニヨリ横浜
                    派出ヲ促ス仏人「エフビケー」ノ書翰
      〔215〕 明治元年2月8日 「ゼネラル」会社代人ヘ我政府ノ逋債ニ横浜横須賀両製鉄所及機械諸物品ヲ抵当
                    ニセンコトヲ約スル川勝近江守成島大隅守ノ書翰
      〔216〕 明治元年3月9日 右川勝成島ノ約定ヲ諾スル「ゼネラル」会社〔代人〕ノ返翰
      〔217〕 明治元年閏4月 横須賀横浜両製鉄所ノ算勘書

    附録    
     横浜製鉄所仏雇人「ロツトル」船材培栽忠告1件   
      〔218〕 慶応元年3月2日 海軍奉行ヘ船材ノ培養及貯蓄ノ法方ヲ告ル仏人「ロツトル」ノ書翰
      〔219〕 〔年月日欠 大艦製造用木材ニツキ〕製鉄所奉行ノ申稟
      〔220〕 〔慶応元年5月 同件〕造船方ノ評議


    規則門    

    横浜外国人遊歩規程1件(抄)    

     横浜外国人遊歩規程1件 3(抄)   
      〔221〕 万延元年2月 神奈川表取締向ノ儀ニ付堀織部正外1人ヨリ差出シタル書〔簡〕
                    〔万延元年2月 掛訳名前〕
                    〔万延元年2月 外国掛大目付目付ノ評議〕
      〔222〕 万延元年12月14日 江戸ニ於テ村垣淡路守竹本図書頭黒川左中ト孛国〔使節〕ト商議条約書〔抜〕
      〔223〕 文久2年3月10日 江戸ニ於テ溝口讃岐守酒井隠岐守松平次郎兵衛葡国〔使節〕ト商議決定ノ条約
                    書〔抜〕
      〔224〕 〔元治元年〕12月25日 外国人遊歩境内鎌倉外1ヶ所番所取建ノ儀ニツキ〔神奈川奉行〕伺書
                    〔慶応元年正月〕 外国〔人〕遊歩境内鎌倉外1ヶ所番所取建方ノ儀伺書ニ対スル〔外国奉行ノ評議〕
      〔225〕 元治元年12月29日 神奈川奉行ヨリノ御用状抄録
      〔226〕 慶応元年6月 〔横浜居留外国人共遊歩規程ノ儀ニツキ〕神奈川奉行伺書
                    〔慶応元年8月 外国奉行評議〕
      〔227〕 慶応元年8月13日 遊歩期程実地絵図取調ノ達
      〔228〕 慶応2年3月 横浜居留外国人遊歩期程絵図差出ノ儀ニ付神奈川奉行〔ノ申稟〕
      〔229〕 慶応2年6月21日 菊池伊予守星野備中守大久保筑後守白耳義国〔使節〕ト商議決定ノ条約書〔抜〕
      〔230〕 慶応2年7月16日 柴田日向守朝比奈甲斐守牛込忠左衛門伊太利国〔使節〕ト商議決定ノ条約書〔抜〕
      〔231〕 慶応2年12月7日 柴田日向守栗本安芸守大久保帯刀丁抹国委任全権ト商議決定ノ条約書〔抜〕
      〔232〕 慶応3年4月13日 外国人止宿ノ儀ニツキ大久保加賀守家来松本良左衛門ヨリノ伺書
                    慶応3年4月 同件ニ付外国掛リ大目付御目付ノ〔評議〕
      〔233〕 慶応3年5月8日 〔閣老ヨリ〕指令


    警衛門    

    神奈川警衛1件    

     神奈川警衛1件 1   
      火附盗賊改組与力同心警衛   
      〔234〕 安政6年8月 火附盗賊改ノ申稟
      〔235〕 安政6年9月 火附盗賊改ノ申稟
                    〔安政6年11月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議
      〔236〕 文久元年3月 神奈川奉行ヘノ垂問書
                    〔文久元年3月〕 神奈川奉行ノ評議
      〔237〕 文久元年3月17日 火附盗賊改ヘノ諭達
                    神奈川奉行ヘノ諭達 
                    外国奉行ヘノ諭達 
      〔238〕 文久元年5月10日 火附盗賊改ヘノ諭達
                    神奈川奉行ヘノ諭達 
                    外国奉行ヘノ諭達 

      柵門番所設置非常予備方   
      〔239〕 安政6年10月 神奈川奉行ノ申稟
                    〔安政6年10月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議
                    〔安政6年11月〕 大小目付ノ評議
      〔240〕 安政6年11月 神奈川奉行ヘノ指令
      〔241〕 万延元年10月 神奈川奉行ヘノ諭達

      不虞警備ノ為小銃下付請求   
      〔242〕 万延元年閏3月 神奈川奉行ノ申稟
                    〔万延元年閏3月〕 大小目付ノ評議
                    〔万延元年4月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議

      湾内哨船   
      〔243〕 万延元年閏3月 講武所奉行外国奉行軍艦奉行連署ノ申稟
      〔244〕 文久元年7月 軍艦奉行ノ申稟
      〔245〕 文久元年7月 小普請支配ヘノ諭達
      〔246〕 文久元年7月 百人組ノ頭及目付留守居書院番頭持筒頭等ヘノ諭達
      〔247〕 文久元年8月23日 持筒頭先手頭神奈川奉行軍艦奉行等ヘノ諭達
      〔248〕 文久2年10月24日 軍艦奉行ヘノ諭達

      諸侯充備   
      〔249〕 万延元年閏3月10日 松平越前守家臣ノ申稟
      〔250〕 万延元年閏3月12日 松平隠岐守家臣ノ申稟

     神奈川警衛1件 2   
      居留地内帯刀人通行禁止   
      〔251〕 文久元年10月朔日 〔帯刀人ノ居留地内通行ニツキ仏公使トノ談判不調ノ旨〕神奈川奉行ヨリ在府
                    同僚ヘノ書翰
                   〔文久元年10月〕 外国奉行ノ申議
      〔252〕 文久元年10月5日 仏公使カ帯刀人ノ不得止事故アリテ居留地ヘ入ルヘキ者ニ暗号ヲ用ヒシメントノ
                    請ヲ肯ハサル閣老ノ書翰
      〔253〕 文久元年10月15日 居留地内ニ巡行士官ヲ設ルノ事ニ就キ仏公使ヨリ旨趣陳述ノ来翰
      〔254〕 文久元年10月16日 外国奉行ト仏公使トノ対話筆記節録
      〔255〕 文久2年8月22日 米公使ヨリ神奈川岡士所ニ護衛兵ヲ充備セシメン事ヲ請ヘルノ来翰

     附録   
      〔256〕 万延元年〔2月 関内通行ノ帯刀人ニハ鑑札ヲ携帯セシメントノ神奈川奉行ノ申稟〕
                    〔万延元年3月 外国奉行ノ評議〕
                    参政ノ附箋 
                    〔万延元年3月〕 大小目付ノ評議
                    右評議本旨ヲ以テ作為セシ布令案 
                    参政ノ附箋 
                    〔万延元年3月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議
                    参政ノ附箋 
                    参政ノ商議書 
                    閣老ノ申稟 
                    布令定文 
      〔257〕 明治元年正月 〔諸家家来入塾ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟

      各処警衛諸侯姓名
      〔258〕 文久2年 標名ノ如シ

     闇坂関門警衛   
      〔259〕 文久3年12月 神奈川奉行ノ申稟
      〔260〕 元治元年3月10日 内藤備後守家臣ヨリ閣老公用人ニ寄セシ書翰
                   〔元治元年3月〕 神奈川奉行ノ申稟
                    右指令 
      〔261〕 明治元年3月4日 〔闇坂関門警衛ヲ廃止スル旨〕神奈川奉行ノ申稟
 
      大砲置処建築   
      〔262〕 元治元年11月 神奈川奉行ノ申稟

     鎌倉金沢辺番所建築   
      〔263〕 元治元年12月25日 神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応元年正月〕 外国奉行ノ評議

    松平越前守松平隠岐守神奈川警衛砲台築造1件    
      〔264〕 安政5年11月27日 〔閣老ヨリ〕大小目付勘定外国両奉行及勘定吟味役ヘ松平越前守松平隠岐
                    守ニ神奈川横浜ノ警衛ヲ命セシ旨ノ達書
      〔265〕 安政6年3月朔日 〔閣老ヨリ〕外国立合面々外国奉行ヘ松平隠岐守砲台築造ノ建言ニヨリ垂問書
      〔266〕 安政6年3月6日 前件諸有司ノ申議
      〔267〕 安政6年3月 松平隠岐守ヘノ諭達
                    勘定外国両奉行ニ指令 
                    松平隠岐守ヘノ別達 
                    去午年松平隠岐守ノ申稟 
                    右指令 
                    〔安政6年3月〕 大小目付勘定外国両奉行及勘定吟味役等ノ評議
                    閣老ノ附箋 
      〔268〕 安政6年4月3日 松平越前守家臣砲台築造地下付ノ請願書
                    〔年月日欠〕 外国奉行ノ評議
      〔269〕 安政6年4月 松平越前守管轄ノ塁砦続キノ官林下付請願ニヨリ勘定奉行ヨリ外国奉行ニ照会ノ往復書
      〔270〕 安政6年6月 砲台警衛視察ノ為23日止宿ノ〔松平隠岐守〕請願書
                    右指令
                    〔安政6年6月〕 大小目付ノ評議
      〔271〕 万延元年3月25日 神奈川猟師町台場海面附属地請願松平隠岐守家臣ノ申稟
                    右指令 
      〔272〕 万延元年3月25日 神奈川並木町砲台撤去地所返上松平隠岐守家臣ノ申稟
                    右指令 
                    神奈川奉行ヘノ諭達 
                    勘定奉行ヘノ諭達 
      〔273〕 万延元年閏3月 〔松平越前守松平隠岐守ヘノ達案ニツキ〕外国係諸有司ノ申稟
                    口達案 
                    同上 
      〔274〕 万延元年閏3月26日 松平越前守ヘノ賞詞
                    〔同日〕 松平隠岐守ヘノ賞詞
      〔275〕 万延元年4月 〔権現山遠見番所建増ニツキ〕外国奉行目付連署ノ申稟
      〔276〕 万延元年5月 〔台場引渡ノ地主ニ地代金ヲ下付シタキ旨〕外国奉行ノ申稟
      〔277〕 文久元年9月30日 松平隠岐守父子警衛地巡検空砲操練及止宿請願ノ申稟
      〔278〕 文久2年2月 〔熊野権現社ニ手当金ヲ下付シタキ旨〕外国奉行ノ申稟
                    〔文久2年3月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議
      〔279〕 文久3年9月23日 各国岡士ヘ横浜弁天社地続砲台建築中海面標準ノ中ヘ諸船駛進ヲ禁セシ旨ヲ
                    報スル神奈川奉行ノ書翰
      〔280〕 文久3年9月24日 神奈川奉行ヘ船艦運転ノ進止ハ水師提督ノ任ナレハ独断肯シ難シト告ル仏岡士ノ
                    返翰
      〔281〕 文久3年9月25日 神奈川〔奉行支配〕組頭ト仏国書記官ノ対話筆記
      〔282〕 文久3年9月26日 神奈川奉行水師提督ノ書翰ヲ添ヘ来セル英国岡士ノ書翰
                    〔文久3年9月25日〕 貿易ノ為ニ開ケル港内ニ砲台ヲ築クノ不用ヲ論スル英国水師提督ノ書翰
      〔283〕 文久3年9月28日 閣老ヘ砲台建築ノ挙ニ不同意ヲ陳タル仏公使ノ書翰
      〔284〕 文久3年10月 〔同件〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会
                    〔文久3年10月9日〕 神奈川奉行ノ回答
      〔285〕 文久3年10月8日 英国岡士ヘ同国水師提督ノ我砲台建築ニ異議スベキノ条理アルマシキ旨ヲ述ル
                    神奈川〔奉行支配〕組頭ノ書翰
      〔286〕 文久3年10月8日 仏国岡士ヘ前同旨ノ書翰
      〔287〕 文久3年10月8日 右ニ答ヘシ仏岡士ノ返翰
      〔288〕 文久3年11月8日 仏公使ニ砲台建築ノ事情ヲ不日神奈川奉行ヲシテ陳述セシメント告ル閣老ノ書翰
      〔289〕 慶応2年7月23日 〔空砲発射ニツキ〕土井大炊頭家臣ノ申稟
                〔慶応2年8月〕 目付ノ評議
      〔290〕 慶応3年正月24日 〔台場等受取ニツキ〕土井大炊頭ノ申稟


    工業門    

    神奈川長崎箱館新潟灯台1件(抄)    

     神奈川灯台1件   
      〔291〕 慶応3年8月 〔波止場灯台建築費ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応3年10月〕 勘定奉行同吟味役ノ評議
                    〔慶応3年10月〕 海軍奉行並并軍艦奉行軍艦頭ノ評議
                    慶応3年10月17日 外国奉行ノ評議

    訴訟門    

     伊勢屋平蔵蘭商「バタツケ」ヨリ錫買取違約1件    

     伊勢屋平蔵蘭商「バタツケ」ヨリ錫買取違約1件 1   
      〔292〕 文久3年3月朔日 外国奉行2葉ノ証書ヲ以テ伊勢屋平蔵ノ違約ヲ責ル蘭岡士ノ書翰
                    約定書 
                    同 
      〔293〕 文久3年3月2日 〔同件〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会書
      〔294〕 文久3年3月9日 蘭〔岡士〕ヘ伊勢屋平蔵錫買取違約ノ件ハ神奈川奉行ニ照会及ヒシ旨外国奉行ノ返翰
      〔295〕 文久3年3月14日 右ニ答ル蘭岡士ノ返翰
      〔296〕 文久3年4月朔日 外国奉行並ト荷蘭「アンクトン」及神奈川長崎ノ両岡士ノ対話書
      〔297〕 文久3年8月4日 蘭公使ヘ神奈川表ノ訴訟ハ総テ同所奉行ノ裁断ニ任スヘキヲ以テ同奉行ニ照会
                アランコトヲ告ル外国奉行ノ返翰
      〔298〕 文久3年9月29日 神奈川奉行並ト蘭公使ノ対話書
      〔299〕 文久3年10月21日 閣老ヘ曽テ伊勢屋平蔵ノ違約セシ錫ヲ商人〔「ペキストル社中」〕ノ請ニヨリ長崎
                    製鉄所ニ輸送センコトヲ乞ヘル蘭公使ノ書翰
                    文久3年10月10日 〔「ペキストル」〕社中ノ書翰写
      〔300〕 文久3年10月22日 〔同件〕外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会書
               〔文久3年11月6日〕 神奈川奉行ノ回答
      〔301〕 文久3年11月29日 閤老ヘ伊勢屋平蔵「ペキストル」社中ヨリ錫買取ノ違約セシヲ切ニ論弁スル蘭公使
                    ノ書翰
                    文久3年10月21日 「ペキストル」社中ヨリ公使ニ送リシ書翰写
                    第9号約定書 
                    第10号約定書 
                    損耗算勘書 
                    同 

     伊勢屋平蔵蘭商「バタツケ」ヨリ錫買取違約1件 2   
      〔302〕 元治元年2月16日 蘭公使ヘ錫買取違約ノ糾問書ヲ送リ若異論アラハ神奈川奉行ニ照会アルヘキ旨
                    閣老ノ書翰
                    〔文久3年10月〕 平蔵糺問始末書
                   罰金別録 
      〔303〕 慶応元年4月10日 閣老ヘ商売社中ノ周旋人ヨリ伊勢屋平蔵ニ約セシ「バンカ」錫ノ残額ヲ売却センコト
                    ヲ乞ヘル蘭公使ノ書翰
                    〔慶応元年2月23日〕 荷蘭商売社中ノ周旋人ヨリ公使ニ送リシ書翰
      〔304〕 慶応元年4月16日 〔同件〕外国奉行ノ申稟
                    神奈川奉行ニ指令案 
      〔305〕 慶応元年7月26日 閣老ヘ伊勢屋平蔵ノ仏国商人ニ対セシ蚕卵紙違約ノ償金ヲ送ルト聞キ蘭国「バタ
                    ツケ」ノ錫買取違約ノ裁断ハ因循ナリト責ル蘭公使ノ書翰
      〔306〕 慶応元年7月27日 右ニ答ル閣老ノ書翰
                    神奈川奉行ニ指令案 
      〔307〕 慶応元年8月朔日 〔蘭商ヨリ伊勢屋錫買取違約ノ始末並ニ錫買上ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
                   〔慶応元年8月5日〕 外国奉行ノ評議
                    神奈川奉行ニ指令案 
      〔308〕 慶応元年8月6日 閣老ヘ錫買取違約ノ裁判ハ神奈川奉行及同処ノ蘭岡士モ新任ノ故ニ事理ヲ尽サヽ
                    ルヲ以テ山口信濃守派遣公平至当ノ処置アランコトヲ希望スル蘭公使ノ書翰
      〔309〕 慶応元年8月13日 右ニ答ル閣老ノ返翰
                    神奈川奉行ニ指令 
                    外国奉行ニ指令 
      〔310〕 慶応元年9月 〔伊勢屋平蔵ヨリ過料ヲ差出サシメントスル〕神奈川奉行ノ申稟
                    償金ノ別録 
                    〔慶応元年9月〕 外国奉行ノ評議
                    〔慶応元年10月6日〕 外国奉行ノ評議

    英商「カール」我商高須屋ニ係ル生糸販買違約1件    

      〔311〕 文久3年10月4日 英岡士ヨリ神奈川奉行ニ商人「カール」ノ来書ヲ添ヘ負債者ヲ拘留シ其財産ヲ
                    抑留スルノ処置ヲ乞ヘルノ来翰
                    〔文久3年10月4日〕 「カール」ヨリ岡士ニ送リシ書翰写
                    〔文久3年5月12日〕 高須屋ノ約定証書
                    〔文久3年5月12日〕 抵当家屋倉庫箇数書
      〔312〕 文久3年10月21日 前件回答ヲ促スノ来翰
      〔313〕 文久3年10月 神奈川奉行ヨリ英岡士高須屋ヲ訊糺セシニ身代限ノ外処分ナケレトモサテハ「カール」モ
                    損失アルヘク高須屋モ滅亡スナレハ尚示談延期シテ両全ヲ「カール」ニ諭達アリタシトノ返翰
      〔314〕 文久3年12月4日 英岡士ヨリ神奈川奉行ニ高須屋約定ヲ遵奉スルノ証トシテ家屋等ヲ抵当トシコレヲ
                    奉行保証セハ更ニ猶予スヘシトノ来翰
      〔315〕 元治元年3月26日 英公使ヨリ閣老ニ岡士神奈川奉行ト往復書翰ノ大意書ヲ添ヘ「カール」高須屋生糸
                    売買違約1件ノ裁判ヲ促スノ来翰
                    岡士神奈川奉行ト往復書抜萃 
      〔316〕 元治元年3月 前件来書ノ事実調査報道アルヘシト外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会ノ往復書
                    〔元治元年4月〕 高須屋生糸売買違約1件ノ顛末書
                    〔文久3年10月11日〕 高須屋ノ答弁書
      〔317〕 元治元年5月19日 英公使ノ来書ニ因リ外国奉行意見開陳返翰案進呈ノ上申
      〔318〕 元治元年5月21日 閣老ヨリ英公使ニ「カール」ヨリ高須屋ニ係ル1件ハ目今糺問中ナレハ暫時猶予
                    アルヘシトノ返翰
                    神奈川奉行ニ指令案
      〔319〕 元治元年6月〔25日〕 英商「カール」ヨリ高須屋ニ係ル1件熟談落着セシ旨神奈川奉行ノ上申
      〔320〕 慶応2年10月18日 英公使ヨリ閣老ニ高須屋負債外2件談判ノ為メ不日面会ノ準備ヲ為ストノ来翰
      〔321〕 慶応2年10月 「カール」ヨリ高須屋ニ係ル負債1件ノ顛末神奈川奉行ノ調査書
      〔322〕 慶応2年10月21日 英公使ヘ返翰案外国奉行進呈ノ上申
      〔323〕 慶応2年11月8日 閣老ヨリ英公使ニ高須屋負債外2件事実調査神奈川奉行申陳次第回答スヘシトノ
                    返翰
      〔324〕 慶応2年11月 高須屋負債抵当ノ家屋焼失セシ旨神奈川奉行ノ上申
      〔325〕 慶応2年12月16日 英公使ヨリ閣老ニ予テ開陳セシ日本商人負債3件ノ内1件ハ回答アレトモ其余ノ
                    処置報告ヲ乞フトノ来翰
      〔326〕 慶応3年2月4日 英公使ノ来書ニ因リ外国奉行意見開陳ノ上申
                    〔慶応3年2月 閣老ノ〕返翰案

    孛商「トーレル」我商鹿島屋ニ係ル蚕卵売買違約1件    

      〔327〕 慶応元年3月23日 外国奉行孛国岡士ト対話書
      〔328〕 慶応元年6月23日 孛岡士ヨリ閣老ニ神奈川奉行蚕繭販鬻商人ヲ選定セシヲ論シ且孛商「トーレル」
                    購買ノ蚕卵予約ヲ遂ケサルヲ難詰ノ来翰
                    〔慶応元年6月6日〕 岡士神奈川奉行ニ送リシ書翰
                    〔慶応元年6月〕 本文来書神奈川奉行ニ下付委曲談判スヘキ旨ノ指令案等外国奉行進呈ノ上申
                    神奈川奉行ニ指令案 
      〔329〕 慶応元年6月23日 外国奉行孛岡士ト対話書
      〔330〕 慶応元年6月29日 閣老ヨリ孛岡士ニ蚕卵輸出云々委曲神奈川奉行ニ命セシヲ以テ談判スヘシトノ返翰
      〔331〕 慶応元年7月3日 〔孛岡士トノ談判ヲ報ズル〕神奈川奉行ヨリノ来状抄
      〔332〕 慶応元年7月14日 孛岡士ヨリ閣老ニ孛商「クロツセル」社中鹿島屋ト約セシ売買ヲ遂ケサルニ由リ其
                    損失ハ政府ニテ負担スヘシトノ来翰
      〔333〕 慶応元年7月17日 前件来意ハ迅速談判スヘキ旨神奈川奉行ニ下命アルヘシト外国奉行ノ上申
                    指令 指令
                    神奈川奉行ニ指令 神奈川奉行ニ指令
      〔334〕 慶応元年8月8日 孛岡士ヨリ閣老ニ神奈川外国奉行彼商「シネベル」事件ノ処置ヨロシカラストノ来翰
      〔335〕 慶応元年8月 外国奉行ニ指令
                    神奈川奉行ニ指令 
      〔336〕 慶応元年8月14日 閣老ヨリ孛公使ニ蚕卵紙自由売買ヲ達セシニ由リ神奈川奉行ニ談判スヘシトノ返翰
      〔337〕 慶応元年9月14日 神奈川奉行ヨリ孛岡士ニ「トーレル」ヨリ鹿島屋ニ係ル蚕卵1件ノ顛末縷述ノ書翰
      〔338〕 慶応元年10月7日 孛岡士ヨリ神奈川奉行ニ右1件ノ始末ヲ陳述シ回答ヲ乞ヘルノ来翰
      〔339〕 慶応元年10月29日 神奈川奉行ヨリ孛岡士ニ右1件約定ヲ遂ケサル損失ハ償フヘキノ理ナキヲ述フル
                 ノ返翰
      〔340〕 慶応元年11月 孛岡士書翰中蚕紙願書岡士館ノ手ヲ歴云々トアルヲ外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ諮問ノ
                    往復書
      〔341〕 慶応元年11月18日 外国奉行孛岡士ト対話書
      〔342〕 慶応元年12月7日 孛岡士演述蚕卵売買違約1件ニ由リ外国奉行意見開陳ノ上申
                    神奈川奉行ニ指令〔案〕 
      〔343〕 慶応元年12月14日 外国奉行ヨリ孛岡士ニ蚕紙売買違約1件演述ノ旨趣閣老ニ建言セリ就テハ神奈
                    川奉行ヨリ談判スヘケレハ面悉セラルヘシトノ書翰
      〔344〕 慶応2年正月 孛岡士陳述ノ蚕紙売買違約1件ニ由リ神奈川奉行意見開陳ノ上申
                    〔慶応2年3月〕 外国奉行ノ申議
      〔345〕 慶応2年3月22日 右1件ノ処置云々在府神奈川奉行ヨリ在勤同僚ニ送リシ内状

    仏商「ヒツケル」我商伊勢屋ニ係ル蚕卵売買違約1件    

      〔346〕 慶応元年7月23日 外国神奈川両奉行仏公使及岡士ト対話書
      〔347〕 慶応元年7月26日 蘭公使ヨリ閣老ニ「〔ペ〕キストル」社中伊勢屋ニ係ル1件落着以前ニハ仏商ニ    償金
                    送ラセマジトノ来翰
      〔348〕 慶応元年7月27日 右返翰
      〔349〕 〔年月日欠〕 神奈川奉行ニ指令〔案〕
      〔350〕 慶応元年〔月日欠〕 神奈川奉行ニ指令
                    〔文久3年6月13日〕 繭代価領収并運賃書

    英蘭国人ニ関スル蚕紙生糸売買違約1件(抄)    

     在浜英商「ハウル」我商辰巳屋ニ係ル生糸売買違約1件   
      〔351〕 文久元年8月24日 英公使ヨリ閣老ニ在浜英商「ハウル」ヨリ我商辰巳屋ニ係ル生糸代前金返還ヲ請求
                    ノ来翰
                    〔文久元年5月20日〕 生糸購買予約ノ証書
                    〔文久元年5月28日〕 同
      〔352〕 文久元年9月2日 外国奉行ヨリ右1件ノ事実神奈川奉行ニ諮問ノ往復書
      〔353〕 文久元年9月10日 閣老ヨリ英公使ニ我商人其商人ニ負債ノ1件ハ松平石見守其公使館ニ参会談判
                    サセシムヘシトノ返翰

     在浜英商購買蚕卵違約ノ査糺1件   
      〔354〕 慶応元年7月26日 英公使ヨリ閣老ニ英商予約ノ蚕卵約ヲ遂ケサルニ由リ査糺ノ為メ山口駿河守外
                    1人来浜ヲ命センコトヲ乞ヘルノ来翰
      〔355〕 慶応元年7月27日 右1件会議裁判ノ公使ニモ臨席ノ報知アラハ外国奉行派遣セシムヘク且其已前
                    彼我商人ノ名氏神奈川奉行ニ申陳アルヘシトノ返翰

     在浜英商「ホープ」南部美濃守家臣ニ係ル生糸売買違約1件   
      〔356〕 慶応2年10月18日 英公使ヨリ閣老ニ南部美濃守家臣英商「ロスバーブル」社中ニ負債ノ生糸代金
                    云々外2件談判ノ為メ不日会話スヘク其節神奈川奉行モ列席サセシムヘシトノ来翰
      〔357〕 慶応2年10月21日 右返翰案外国奉行進呈ノ上申
      〔358〕 慶応2年10月22日 右1件ノ顛末神奈川奉行ノ上申
      〔359〕 慶応2年11月8日 閣老ヨリ英公使ニ右1件等談判ノ為メノ会話ハ承了スト雖事実調査神奈川奉行
                開陳ノ上回答スヘシトノ返翰
      〔360〕 慶応2年12月16日 英公使ヨリ閣老ニ美濃守家臣ノ負債1件処置ノ報知ヲ乞ヘルノ来翰
      〔361〕 慶応2年12月20日 「ホープ」ヨリ美濃守家臣生糸代金負債1件町奉行於テ糺訊ノ申稟ニ指令アリシヤ
                    外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ諮問ノ往復書
      〔362〕 慶応3年2月 前件生糸代金負債1件内済熟談セシ旨神奈川奉行ノ上申
      〔363〕 慶応3年2月4日 英公使ヘノ返翰案調製外国奉行進呈ノ上申
                    〔慶応元年2月 閣老〕返翰案

    仏商「フーレツト」雇小使松五郎捕縛1件   

      〔364〕 文久2年6月27日 仏公使ヨリ閣老ニ神奈川奉行仏商「フーレツト」小使松五郎ヲ緝捕セシヲ難詰シ已
                    後カヽル処置スヘカラスト同奉行ニ下命ヲ請ヒ且3日間ニ満足ノ処分ナケレハ償金ヲ求ムヘシトノ来翰
                〔文久2年6月15日〕 償金ヲ求ムヘキノ理由具陳ノ添書
          〔365〕 文久2年6月28日 外国奉行ヨリ仏書記官ニ公使ノ来書長文至急翻訳シ難キヲ以テ期日ニ回答及ヒ
                    難シト公使ニ申告ヲ請フノ書翰
      〔366〕 文久2年6月28日 仏人「フーレツト」小使松五郎捕縛ノ事情迅速報道アルヘシト外国奉行ヨリ神奈川
                    奉行ニ照会ノ往復書
      〔367〕 文久2年6月29日 仏公使ヨリノ来翰訳添ヘ同上ノ照会往復書
                    〔文久2年7月〕 松右衛門ノ口供書
                    〔文久2年7月〕 庄八ノ口供書
                    〔文久2年7月〕 庄七ノ口供書
      〔368〕 文久2年7月朔日 仏書記官ヨリ外国奉行ニ償金云々ノ処分ハ7月1日マテ延期スヘシトノ返翰
      〔369〕 文久2年7月朔日 外国奉行ヨリ仏書記官ニ松五郎云々ノ事件ハ神奈川奉行ニ属セシコトナレハ照会ノ
                    時間モアリテ期日ニ回答及ヒ難シトノ再返翰
      〔370〕 文久2年8月9日 神奈川奉行ヨリ外国奉行ニ「フーレツト」繭購買1件処置ノ顛末書ヲ送ルトノ来翰
                    顛末書 
      〔371〕 文久2年10月27日 仏公使ノ来書ニ因リ外国奉行意見具陳ノ上申
      〔372〕 文久2年11月13日 閣老ヨリ仏公使ニ「フーレツト」小使松五郎緝捕ノ理由ト同清兵衛ノ交付ヲ岡士ニ
                    下命スルト償金ハ請求ニ応スルノ理ナキトノ具陳ノ返翰
      〔373〕 文久2年12月朔日 仏公使ヨリ閣老ニ松五郎云々最早異論ナキヲ報ケ以後皇国人ヲ雇役スルニ妨害
                    ナカランコトヲ要シ緝捕ノ際ハ岡士等ニ談判ノ上処置アリタシトノ来翰
      〔374〕 文久2年12月15日 閣老ヨリ仏公使ニ松五郎云々異論ナキ旨承了已後外国人役使ノ者緝捕ノ際報告
                    ハ勿論穏当ニ処置スヘシト神奈川奉行ニ下命セシトノ返翰
                    神奈川奉行ニ指令〔案〕 


    物産門    

     生糸蚕卵課税之件    
      生糸課税英公使詰論1件   
      〔375〕 慶応2年5月17日 英公使ヨリ閣老ニ日本政府生糸ヲ廉価ニ購買シ西洋ノ1国ニ送リ販売ストノ風説
                    アリ事実ナレハ困難ヲ起スノ基ヒナル旨論弁ノ来翰
      〔376〕 慶応2年5月18日 閣老ヨリ右生糸云々ハ浮説ナルヨシ弁解ノ返翰
      〔377〕 慶応2年5月22日 英公使ヨリ閣老ニ生糸云々浮説ナルヨシ保証ヲ得テ大悦ス将タ生糸征税ノ法アル
                    コトヲ小栗上野介ニ聞ケリコレ貿易ニ害アルヲ以テ尚書送アルヘシトノ来翰
      〔378〕 慶応2年5月25日 前件ノ来意ニ回答ノ旨趣外国奉行ヨリ勘定奉行ニ諮問ノ往復書
      〔379〕 慶応2年6月27日 閣老ヨリ英書記官ニ生糸ノ征税些少ナレハ貿易上ノ弊害トハナルマシキヲ以テ公使
                    帰浜アラハ演説アルヘシトノ書翰

     生糸蚕卵課税米公使詰論1件   
      〔380〕 慶応2年6月18日 米公使ヨリ外国奉行ニ横浜ニ回送スヘキ生糸蚕卵多分ノ征税アルヨシコレ条約ニ
                    違背スレハ其最前ヨリノ目的告知アランコトヲ乞フトノ来翰
      〔381〕 慶応2年6月23日 近来生糸産出額100分ノ3ヲ領主地頭ニ収税スレハコレ等ノ訛伝ナルヘキ歟政府
                    ニ於テハ征税ナシトノ返翰

     蚕卵2重税伊蘭公使難詰1件   
      〔382〕 慶応3年9月17日 蘭公使ヨリ閣老ニ蚕卵産地ニテ収税ハ当然ナレトモ江戸ニテ征税ハ条約ニ違背ス
                    レハ其源ヲ調査シ横浜ニ輸送ノ規則設立ヲ冀望ストノ来翰
      〔383〕 慶応3年9月17日 伊公使ヨリ外国奉行ニ蚕卵ニ2種ノ税アルハ条約ニ違背スレハ公然日本政府ニ
                    開陳已前委曲ノ説明ヲ請フトノ来翰
                    右和文 
      〔384〕 慶応3年9月17日 外国奉行ヨリ伊公使ニ右征税事件ハ担任ノモノニ諮問回答スヘシトノ略返翰
      〔385〕 生糸検査料等外国奉行ヨリ勘定奉行ニ諮問6往復書 
      〔386〕 慶応3年10月4日 伊蘭公使ノ来意ニ由リ蚕卵等ノ征税処分改正ナカルヘカラス旨外国総奉行並等ノ
                    上申
      〔387〕 慶応3年11月5日 外国総奉行並等再応ノ上申
      〔388〕 慶応3年11月21日 生糸蚕卵ノ税規改正ニ由リ返翰案調製進呈スヘシト外国総奉行並等ニ指令
      〔389〕 慶応3年11月25日 右指令ニ由リ外国総奉行並等尚意見開陳ノ上申
      〔390〕 慶応3年12月 生糸蚕卵征税事件ノ顛末調査書
      〔391〕 慶応3年12月28日 前件上申ノ指令ヲ促ス外国総奉行並等ノ上申
      〔392〕 慶応3年12月29日 生糸蚕紙征税彼我1班ノ制規設立セシヲ以テ返翰案調製進呈スヘシト外国総奉
                    行並等ニ指令
      〔393〕 明治元年正月11日 前件指令ニ由リ外国総奉行並等意見開陳返翰案進呈ノ上申
                    〔明治元年正月〕 閣老ヨリ蘭公使ニ返翰案
                    〔明治元年正月〕 外国奉行ヨリ伊公使ニ返翰案

    在浜仏商「ホルレツト」輸出蚕卵抑留及横浜紡績場用繭購買1件    

      〔394〕 文久元年11月9日 仏公使ヨリ閣老ニ在浜商人「ホルレツト」購買ノ蚕卵輸出ヲ税関ニテ許可セサリ
                    シニ由リ苦情縷陳ノ来翰
      〔395〕 文久元年11月11日 仏商「ホルレツト」ノ輸出蚕卵ヲ抑留セシ顛末迅速報告アルヘシト外国奉行ヨリ
                    神奈川奉行ニ照会書
                    〔文久元年11月〕 神奈川奉行ノ答書
                    〔文久元年11月4日〕 神奈川奉行仏岡士ト対話書抄
                    〔文久元年11月4日〕 仏岡士ノ出セシ書面
                    〔文久元年11月4日〕 神奈川奉行交付セシ書面
                    〔文久元年11月〕 外国奉行ノ再答書
      〔396〕 文久元年11月 仏公使ノ来意ニ由リ外国奉行意見開陳ノ上申
                    神奈川奉行ニ指令案
                    〔文久元年11月〕 返翰案
      〔397〕 文久元年11月 仏商購買ノ蚕卵輸出ヲ許可セシニ由リ免状交付スヘシト神奈川奉行ニ指令
      〔398〕 文久元年11月21日 仏商横浜紡場用ノ繭交付云々神奈川奉行ニ指令
      〔399〕 文久元年12月21日 仏公使ヨリ閣老ニ商人購買ノ蚕卵輸出ト横浜紡場用ノ繭交付云々ヲ具陳ノ来翰
                    〔文久元年月日欠〕 返翰案
                    神奈川奉行ニ指令案
      〔400〕 文久元年11月 仏商繭購買請求ニ由リ勘定奉行等ノ申議
                    代官等ニ指令案 
                    〔文久2年正月〕 外国奉行ノ申議
                    〔文久2年正月〕 同別稿
      〔401〕 文久2年7月22日 竹本図書頭ヨリ外国奉行ニ来セシ「フーレツト」ニ繭交付云々ノ顛末書
      〔402〕 文久3年5月30日 在府神奈川奉行属吏ニ仏商ニ交付セシ繭ノ斤量諮問ノ書翰
      〔403〕 文久3年6月2日 右返翰

    蚕卵繭糸販売之件(抄)    

     井伊掃部頭領国産白糸於長崎販売申議1件   
      〔404〕 安政6年12月 井伊掃部頭領国産ノ白糸長崎ニ於テ販売事件勘定奉行ノ申議

     松平陸奥守領国産生糸検束1件   
      〔405〕 慶応3年正月 国産生糸ノ代価支給ノ為メ金円貸与松平陸奥守家臣ノ請願書
      〔406〕 〔慶応3年正月〕 同人ノ添願書
      〔407〕 〔慶応3年4月 前件〕勘定奉行等ノ申議
      〔408〕 〔年月日欠 前件〕無名ノ申議
      〔409〕 〔年月日欠〕 神奈川奉行ニ指令案
      〔410〕 〔年月日欠〕 陸奥守家臣ニ指令案
                    同家臣ニ指令 
      〔411〕 〔年月日欠〕 神奈川奉行ニ指令
      〔412〕 〔慶応3年5月29日〕 閣老ヨリ在京同僚ニ右ノ処置申陳ノ書翰

     喜連川左馬頭領国産蚕紙無検査横浜廻送請願1件   
      〔413〕 慶応3年4月 喜連川左馬頭領国産ノ蚕紙検査セス横浜ニ廻送ヲ同家臣ノ請願書
      〔414〕 〔慶応3年4月〕 先例書
      〔415〕 〔慶応3年5月 前件〕勘定奉行等ノ申議
                    指令
      〔416〕 〔慶応3年6月12日〕 左馬頭家臣ノ再願書
      〔417〕 〔慶応3年6月 前件〕勘定奉行等ノ申議
                    指令

     松平肥後守領国産生糸販売予約神奈川奉行負担請願1件   
      〔418〕 慶応3年11月 松平肥後守領国産生糸外国人ニ販売ノ予約神奈川奉行ノ負担ヲ肥後守家臣ノ請願書
                    指令 

    蚕卵繭糸輸出ニ関スル件(抄)    

     蚕卵繭糸輸出ニ関スル件 2   
     繭蚕卵売買ノ妨碍英仏公使論弁1件   
      〔419〕 文久2年6月13日 閣老英公使ト対話書
      〔420〕 文久2年6月15日 仏公使ヨリ閣老ニ繭蚕卵売買ノ事件弁論ノ来翰
      〔421〕 文久2年7月21日 英仏公使繭蚕卵ノ自由売買申陳ニ由リ外国奉行意見開陳ノ上申
                    〔文久2年月日欠 御書翰掛ノ意見〕
                    〔文久2年7月〕 英公使ヘノ書翰案
                    〔文久2年月日欠〕 仏公使ヘノ返翰案

      横浜英岡士同国人ニ繭輸出免許請求1件   
      〔422〕 文久2年9月26日 英岡士ヨリ神奈川奉行ニ同国人ニ繭輸出ノ免許請求ノ来翰
      〔423〕 〔文久2年11月〕 右来書ニ由リ神奈川奉行意見陳述ノ申稟

      米公使及岡士「ウヲルスホール」社中繭蚕卵購買免許請求1件   
      〔424〕 文久3年6月16日 米公使ヨリ閣老ニ同岡士ヨリノ来紙添ヘ「ウヲルスホール」社中繭自由購買ヲ乞ヘル
                     ノ来翰
                    〔文久3年6月14日〕 米岡士ヨリ公使ニ来セシ書翰写
      〔425〕 文久3年6月20日 右米公使ノ来紙添事実調査迅速報道アルヘシト外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会ノ
                    往復書
                    〔文久3年6月12日〕 米岡土ヨリ神奈川奉行ニ来セシ書翰
      〔426〕 文久3年7月18日 外国奉行意見開陳米公使ヘノ返翰案進呈ノ上申
      〔427〕 文久3年7月13日 閣老ヨリ米公使ニ繭ハ国内ノ剰余ヲ各開港場ニ回送スナレハ出処不正ノ品ハ抑留
                    糾問スヘケレトモ其国民ニノミ禁スルノ謂レナケレハ諒察スヘシトノ返翰
      〔428〕 文久3年7月 右返翰ノ意ニ由リ神奈川奉行意見開陳ノ上申
      〔429〕 元治元年8月2日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ昨年ノ例ヲ以テ「ワルシホール」社中ニ繭購求ノ免許ヲ与ン
                    コトヲ乞ヘルノ来翰
      〔430〕 元治元年8月11日 前件米岡士請求繭ノ斤数丈ケハ購買ヲ許スヘク尤右品ノ処置予テノ申稟ニ指令
                    アルマテハ総テ今般ノ如ク処置スヘシト神奈川奉行ノ上申
                    〔元治元年8月21日〕 指令
      〔431〕 元治元年8月29日 米岡士ヨリ神奈川奉行ニ蚕卵売買ノ免許ヲ「ウヲルスホール」社中及ヒ売込商人ニ
                    与ンコトヲ乞ヘルノ来翰
      〔432〕 元治元年9月朔日 蚕卵交付ノ近例アレハ米岡士請求ノ蚕卵モ交付スヘシト神奈川奉行ノ申稟
                    指令
      〔433〕 元治元年9月8日 米岡士請願ノ蚕卵ハ枚数減省交付スヘシト神奈川奉行ノ上申

     蚕卵繭糸放出ニ関スル件 3   
      横浜生糸払底ノ事由英公使詰論1件   
      〔434〕 文久3年8月10日 生糸横浜ニ廻着セサルニ由リ英公使陳述ノ趣神奈川奉行ヨリ在府同僚ニ来セシ
                    内状抄
      〔435〕 文久3年8月16日 英公使ヨリ閣老ニ横浜ニ生糸廻着セサルニ由リ風説ヲ挙ケ其事由ト処置トノ報道ヲ
                    乞ヘルノ来翰
      〔436〕 文久3年8月22日 生糸ハ已ニ廻着セシコトト思フトノ返翰

     横浜回着ノ生糸抑留英公使難詰1件   
      〔437〕 元治元年正月5日 英公使ヨリ閣老ニ生糸売買障碍云々在浜同岡士ヨリノ書翰送致ノ来翰
                    〔文久3年12月27日〕 英岡士ヨリ同公使ニ来セシ書翰
      〔438〕 元治元年正月11日 前件来意ノ事実調査報道アルヘシト外国奉行ヨリ神奈川奉行ニ照会ノ往復書
      〔439〕 元治元年正月19日 英公使ヨリ閣老ニ横浜ニ於テ生糸売買障碍ノ苦情縷陳ノ来翰
      〔440〕 元治元年正月25日 閣老ヨリ英公使ニ生糸売買障碍ノ事由粗得ヌレハ改メテ令ヲ下シ計画ヲモ施セシ
                ニ因リ追々支障ナキニ至ルヘシトノ書翰

     生糸横浜延着英公使弁論1件   
      〔441〕 元治元年9月2日 英公使ヨリ閣老ニ頃日神奈川奉行ト約セシコトアレトモ条約ニ違背シ生糸貿易ヲ阻止
                    スト詰論ノ来翰
      〔442〕 元治元年9月9日 英公使ヨリ閣老ニ生糸ノ横浜ニ廻着セサルヲ難詰シ24時間ニ効証ヲ示スヘシトノ来翰
                    右和訳 
      〔443〕 元治元年9月10日 英公使ヨリ閣老ニ神奈川奉行岡士ニ送リシ書翰写ヲ添ヘ生糸売買ノ妨碍ヲ弁論ノ
                書翰
                    〔元治元年9月7日〕 神奈川奉行ヨリ英岡士ニ送リシ書翰写
      〔444〕 元治元年9月13日 閣老ヨリ英公使ニ生糸運輸ノ支障ハ政府ニテ禁止スル如ク疑慮セラルレトモ追々
                    荷品回着ニテ疑団氷解セシナルヘシトノ返翰
      〔445〕 元治元年9月14日 閣老ヨリ英公使ニ生糸横浜延着ノ事情ハ神奈川奉行ヨリ其岡士ニ陳述シ疑団消散
                    セシ旨降心ストノ返翰

 生糸横浜延着仏公使弁論1件   
      〔446〕 元治元年9月2日 仏公使ヨリ閣老ニ外国奉行ノ予約ニ違ヒ生糸横浜ニ廻着セス迅速輸送アルヘシトノ
                    来翰
      〔447〕 元治元年9月10日 仏公使ヨリ閣老ニ帰浜後探索セシニ生糸未タ着セス下吏ノ支障アルヘケレハ査糾
                    ヲ請フトノ来翰
      〔448〕 元治元年9月14日 閣老ヨリ仏公使ニ生糸ノ延着弁明ノ返翰
      〔449〕 元治元年9月18日 仏公使ヨリ生糸ノ到着ヲ謝スルノ来翰

     横浜ニ生糸運搬ヲ抑留スト蘭公使疑慮1件   
      〔450〕 慶応3年6月9日 蘭公使ヨリ閣老ニ横浜ニ生糸ノ運搬ヲ抑留セシ旨伝聞ス事実ナラハ迅速改革スヘシ
                    トノ来翰
      〔451〕 〔慶応3年6月10日〕 右来書ニ由リ外国奉行ヨリ勘定奉行ニ照会ノ往復書
      〔452〕 〔慶応3年6月10日〕 同神奈川奉行ニ照会ノ往復書
      〔453〕 慶応3年7月16日 閣老ヨリ蘭公使ニ横浜ニ生糸運輸ヲ抑留セシコトナシトノ返翰

    蚕卵白由売買1件    

      〔454〕 慶応元年6月 横浜商人身元厚ノ者選定蚕卵等販売ヲ許可シ当地回着ノ同品ハ有余ト見做シ販鬻セシ
                    ムト神奈川奉行ノ上申
      〔455〕 慶応元年6月 蚕卵等販売人制限アルハ条約ニ触ルヽ旨ニテ各岡士不服ニ由リ自由売買許可云々
                    神奈川奉行ノ申稟
                    〔慶応元年7月〕 勘定奉行等ノ申稟
      〔456〕 慶応元年6月24日 米公使ヨリ閣老ニ在浜同岡士ヨリ蚕卵売買妨害ノ報道アルヲ以テ神奈川奉行并
                    関係ノ属吏派遣ヲ乞ヘルノ来翰
      〔457〕 慶応元年7月 前件来意ニ因リ神奈川奉行等米公使館ニ派遣ノ下命アルヘシト外国奉行ノ上申
                    神奈川奉行ニ指令案 
                    〔慶応元年7月〕 返翰案
      〔458〕 慶応元年7月2日 仏公使ヨリ閣老ニ横浜蚕卵販売商人ノ制限ヲ立ルハ弊害アルヲ難論シ自由売買ヲ
                勧誘ノ来翰
          〔459〕 慶応元年7月7日 外国奉行ヨリ蚕卵売買ノ方法変革ノ意見報知ヲ神奈川奉行ニ照会ノ往復書
      〔460〕 慶応元年7月13日 英公使ヨリ閣老ニ神奈川奉行不在ナルヲ以テ蚕卵売買商ノ制限外2件出府開陳
                    スヘシトノ来翰
      〔461〕 慶応元年7月14日 閣老ヨリ右件々ハ已ニ神奈川奉行発行セシヲ以テ談判アルヘシトノ返翰
      〔462〕 慶応元年7月15日 英公使ヨリ閣老ニ蚕卵輸出ノ妨害ヲ除去シ自由売買ノ報道ヲ促スノ来翰
      〔463〕 慶応元年7月16日 閣老ヨリ英仏米蘭公使ニ外国奉行ヨリ瑞露孛葡岡士ニ蚕卵白由売買ヲ布達セシ旨
                報知ノ書翰
                〔慶応元年7月17日〕 3港奉行ニ指令〔案〕

    蚕卵販売制規1件    

      〔464〕 元治元年8月22日 各国商人ニ蚕卵売付ノ方法神奈川奉行ノ申稟
                    指令 
      〔465〕 元治元年9月15日 右指令ニ由リ神奈川奉行意見開陳ノ上申
      〔466〕 元治元年9月15日 仏瑞両政府用蚕卵売付并代洋銀交換云々神奈川奉行ノ上申
                    〔慶応元年10月〕 勘定奉行等ノ申議
                    〔慶応元年12月〕 外国奉行ノ申議
      〔467〕 元治元年11月 蚕卵紙検束云々勘定奉行等意見開陳ノ申稟
                    〔慶応元年3月〕 大小目付ノ申議
                    〔慶応元年4月〕 外国奉行ノ申議
                    〔慶応元年3月〕 右申議ノ原稿
      〔468〕 慶応元年3月25日 外国奉行属吏ヨリ外国人蚕卵購買請求ノ際税関ノ処置方法報道アルヘシト神奈川
                    奉行属吏ニ照会ノ往復書
      〔469〕 慶応元年12月 生糸生産ノ諸国ニ於テ夫々検査収税等ノ規則布告スヘシト大目付ニ指令
      〔470〕 慶応3年8月 生糸検査方法改正ノ布達書

    貿易門    

     横浜鎖港1件    

     横浜鎖港1件 1   
      〔471〕 文久3年9月10日 和蘭公使列席ニテ面晤ノ件ニ付差支ノ有無申越サレ度旨米ミニストルヘノ書簡
      〔472〕 〔文久3年9月10日〕 面晤ノ義ニヨリ差支ノ有無蘭公使ヘ照会書
      〔473〕 文久3年9月12日 同件ニヨリ米公使ノ書簡
      〔474〕 〔文久3年9月12日〕 同件ニヨリ蘭公使ノ返翰
      〔475〕 〔文久3年9月12日〕 築地軍艦操練所ヘ相越スベク旨米公使ヘノ書簡
      〔476〕 〔文久3年9月12日〕 同蘭コンシユルヘノ書簡
      〔477〕 〔文久3年9月12日〕 神奈川奉行役宅ニ於テ外国人ヘ応援有之ニヨリ其近傍ノ本陣ヘ出張ノ義使番ヘ
                    達ノ趣大目付外国神奈川両奉行目付ヘノ通達
      〔478〕 〔文久3年9月12日〕 横浜ヘ応接ノ為出張ノモノ賄下賜ノ義目付ヘノ達
      〔479〕 〔文久3年9月12日〕 松平周防守横浜ヘ出張延引ニヨリ使番ヘノ達
      〔480〕 文久3年9月13日 軍艦操練所ニ於テ米人蘭人ヘ鎖港ノ談判有之件ノ達
      〔481〕 〔文久3年9月13日〕 同件ニ付老中登城ノ件
      〔482〕 文久3年9月14日 鎖港ノ応接ニ付達シノ件
      〔483〕 〔文久3年9月14日〕 同事件ニヨリ自然兵端ヲ開クモ難計ニ付海岸最寄ノ者女子供老人ノ類在方ヘ
                    立退ノ件并ニ男子ノ分ハ相残火ノ元取締等ノ件達
      〔484〕 文久3年9月18日 〔鎖港談判ヲ拒ムトノ〕米ミニストルノ書簡
      〔485〕 〔文久3年9月18日 江戸出張ヲ拒ムトノ〕仏ミニストルノ書簡
      〔486〕 〔文久3年9月18日〕 和蘭コンシユルヨリ江戸ヘ出張ノ件断書簡
      〔487〕 〔文久3年9月18日〕 築地操練所ニ於テ和蘭公使亜米利加公使応接ノ大意
      〔488〕 文久3年10月7日 談判委任ノモノ差遣ノ義ヨリ老中ヨリ貌利太泥亜国〔公使〕ヘノ書翰
      〔489〕 〔文久3年10月7日〕 同件ニヨリ老中ヨリ仏公使ヘノ書翰
      〔490〕 文久3年10月8日 横浜運上所ニ於テ外国奉行池田修理河津三郎太郎大目付大久保豊後守目付
                    設楽岩次郎岩田半太郎仏国通弁官フレツキマンワンテルーヘ対話書
      〔491〕 文久3年10月13日 池田修理河津三郎太郎ブレツキマンヘ対話書

      横浜鎖港1件 2   
      〔492〕 文久3年10月13日 鎖港談判ノ儀ハ参政ノ内出張ナラテハ引合難キ旨申越ニヨリ大目付ヨリ貌利太
                    泥亜使臣館書記官ヘノ書翰
      〔493〕 〔文久3年10月13日〕 同件ニヨリ仏書記官ヘノ書簡
      〔494〕 〔文久3年10月〕 竹本甲斐守池田筑後守河津三郎太郎ヘ鎖港談判ノ委任書
      〔495〕 文久3年10月23日 参政出張ニ付仏公使ヘノ書簡
      〔496〕 〔文久3年10月23日〕 仏書記官ヘ参政出張ニ付周旋方依頼ノ書簡
      〔497〕 文久3年10月26日 横浜碇泊フラソス軍艦ニ於テミニストルアトミラールヘ参政対話ノ大意
      〔498〕 文久3年12月11日 各国ヘ使節申付ケラレタルモノヨリ心得方ノ伺書
      〔499〕 文久3年12月16日 鎖港談判中外国人接待振ノ義ニヨリ池田筑後守河津伊豆守河田貫之助ノ〔上申〕
      〔500〕 文久3年12月18日 使節派遣ノ義ニヨリ葡〔萄牙〕孛漏生コンシユルヘノ書簡
      〔501〕 文久3年12月21日 同件ニヨリ仏公使ヘノ書簡
                    同日 同貌利太泥亜〔公使〕ヘノ書簡
                    同日 同亜墨利加合衆国〔公使〕ヘノ書簡
                    同日 同荷蘭コンシユルヘノ書簡
                    同日 同瑞西合衆国特派使節ヘノ書簡
                   同日 同葡岡士ヘノ書簡
      〔502〕 文久3年12月26日 同魯西亜コンシユルヘノ書簡
      〔503〕 〔文久3年12月 将軍ヨリ〕仏帝宛ノ国書案
      〔504〕 〔文久3年12月〕 仏国ヘ遣スベキ国書案并ニ書翰案加除ノ義ニ付池田筑後守等ノ〔上申〕
                    〔文久3年12月27日〕 国書案
                    〔文久3年12月27日〕 仏蘭西国外国事務大臣ヘノ書簡
                    仏帝ヘ正使口上案
      〔505〕 文久3年12月29日 〔他国人民神奈川港ヲ去ルコトニ決スレバ瑞西国政府モソノ人民ヲ同港ヨリ去ラ
                    シムベシトノ〕瑞西国特派全権使節ノ書簡

     横浜鎖港1件 3   
      〔506〕 元治元年正月29日 日本使節ノ姓名並階級承知シ度旨米公使ノ書簡
      〔507〕 元治元年3月9日 〔閣老ヨリノ〕同返簡
                    〔文久3年12月21日〕 使節派遣ニヨリ米ミニストルヘノ依頼書
      〔508〕 〔元治元年3月日欠〕 横浜鎖港ノ義ニヨリ閣老仏新旧公使ト対話
      〔509〕 元治元年4月9日 仏国都府ニ於テ使節鎖港ノ義外国事務大臣「ロイス」トノ対話書
      〔510〕 元治元年4月12日 同断

     横浜鎖港1件 4   
      〔511〕 元治元年4月13日 合衆国ミニストルヨリ鎖港始末ヲ条約済各国名代人ヘ知セシ誠実ヲ大統領満足称
                    美セシ趣ノ書翰
      〔512〕 元治元年4月16日 牧野備前守宅ニ於テ仏国公使トセンデベレクルト対話書
      〔513〕 元治元年4月21日 金川鎖港ノ件ニヨリ仏〔公使〕ヘ周旋頼入ノ書面
      〔514〕 元治元年4月23日 仏国都府外国局ニ於テ使節事務大臣「ロイス」ト対話
      〔515〕 元治元年4月26日 〔神奈川鎖港ノ撤回ト長州ノ処置ヲ求ムル〕合衆国〔公使〕ノ書簡
      〔516〕 元治元年4月27日 〔同件〕仏〔公使〕ノ書簡
                    同断〔和訳〕 
      〔517〕 元治元年5月朔日 仏都府外国局ニ於テ使節事務大臣トワンデロイストノ対話書

     横浜鎖港1件 5   
      〔518〕 元治元年5月7日 仏国都府外国局ニ於テ事務大臣トワアンデロイスト対話書
      〔519〕 元治元年5月17日 同件
      〔520〕 元治元年5月27日 合衆国〔公使〕ヘ鎖港談判ノ義ニヨリ周旋頼入書面
      〔521〕 〔元治元年5月27日〕 仏〔公使〕ヘ長州ニ於テ外国船舶ニ発砲ノ義并ニ金川鎖港ノ儀条約違背云々
                    疑問ニ対スル回答
      〔522〕 元治元年7月30日 鎖港談判并長州征討ノ義ニヨリ合衆国〔公使〕ノ書簡
      〔523〕 〔元治元年7月30日〕 同件和蘭公使ノ書簡
      〔524〕 元治元年8月5日 〔長州処置並ニ横浜鎖港ニツキ〕合衆国〔公使〕ヘノ返翰
                    〔同日 同件〕荷蘭コンシユルヘノ返翰
      〔525〕 元治元年9月2日 会合ノ時老中総テ列座望ミノ旨米公使ヨリノ書簡
      〔526〕 元治元年9月3日 同返簡
      〔527〕 元治元年9月6日 英公使ヨリ〔条約勅許ヲ大君ニ勧告スルノ〕書簡
                    右和訳
      〔528〕 元治元年11月26日 使節派遣差止ノ件魯岡士ヘノ書簡

    銅品雑類附録    

      〔529〕 安政6年6月18日 〔外国船修復用ノ延銅売渡方ニツキ〕神奈川奉行ノ申稟
      〔530〕 安政6年7月21日 〔同件〕勘定奉行同吟味役ヨリ外国奉行ヘノ照会
                    〔安政6年8月 外国奉行回答〕
      〔531〕 安政6年7月29日 〔外国人ヘノ銅器売渡方ニツキ〕外国奉行神奈川奉行ノ申稟
                    右指令 
                    長崎係官吏ノ意見 
                    浄銅各種ノ形状 
      〔532〕 安政6年8月 〔銅器外国売捌方ニツキ〕銅座吏員ノ申稟
      〔533〕 安政6年8月 〔同件〕銅仲買総代ノ申稟
      〔534〕 安政6年9月 〔唐銅真鍮器取扱方ニツキ〕外国奉行神奈川奉行ノ申稟
      〔535〕 安政6年9月4日 〔同件〕神奈川奉行ヘノ指令
      〔536〕 安政6年9月 〔銅器製造ヲ取締ルべキ旨〕外国奉行ヘノ諭達
      〔537〕 安政6年10月 〔銅器ハ江戸問屋ヲ通ジテ廻スべキ旨〕神奈川奉行ヘノ諭達
      〔538〕 万延元年正月 〔不正ノ銅器ヲ没収スベシトノ〕長崎吏員ノ意見
      〔539〕 万延元年正月 〔不相当ノ銅器廻送禁止ニツキ〕神奈川奉行ヨリ町奉行ヘノ照会
      〔540〕 万延元年2月 〔銅器売渡取締ニツキ〕勘定奉行ヨリ神奈川奉行ヘノ照会并覆答
      〔541〕 万延元年閏3月 〔没収ノ銅器処置ニツキ〕神奈川奉行ヨリ勘定奉行ヘノ照会并覆答
                    〔万延元年4月〕 神奈川奉行ノ附箋再照会
      〔542〕 万延元年4月6日 〔丁銅直段ニツキ神奈川奉行ヨリ勘定奉行ヘノ照会并覆答〕
      〔543〕 万延元年10月 〔銅物横浜廻方ニツキ〕銅物問屋ノ申稟
      〔544〕 万延元年11月13日 〔同件〕銅物問屋ノ申稟
      〔545〕 万延元年11月17日 〔銅器類神奈川廻方ニツキ〕町奉行ノ申稟
      〔546〕 万延元年12月7日 〔同件〕神奈川奉行申稟
      〔547〕 万延元年12月28日 〔同件〕町奉行ヨリ神奈川奉行ヘノ照会
      〔548〕 文久2年3月29日 〔外国人ヘ銅舟釘売渡方ニツキ〕監察局ヨリ神奈川局ヘノ照会并覆答
      〔549〕 文久2年4月16日 〔外国船修復用ノ銅渡方ニツキ〕箱館奉行ヨリ神奈川奉行ヘノ照会并覆答
      〔550〕 文久3年正月12日 〔外国軍艦修復用ノ銅板廻送ニツキ〕町奉行神奈川奉行連署ノ申稟
                    右指令
      〔551〕 文久3年2月13日 〔同件〕町奉行神奈川奉行連署再度ノ申稟
                    右指令 

ページトップへ

付図目次
掲載ページ 付図
28〜29第1図〔ヱンテレポット絵図〕
34〜35第2図石炭庫略図
266〜267第3図〔横浜居留外国人遊歩期程絵図〕
654第4図印鑑并木札ノ小影
巻末挿込第5図〔明治4年横浜居留地全図〕

ページトップへ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ> 横浜の郷土資料を探す > 横浜市の歴史 > 横浜市史 資料編4 目次

教育委員会事務局中央図書館調査資料課- 2010.1.22作成 -
ご意見・お問合せ
©2010 City of Yokohama. All rights reserved.