青葉区

「横浜の郷土資料を探す」へ
「地図から探す」へ
「区系図から探す」へ


田奈の郷土誌 「田奈の郷土誌」編集委員会/編 田奈の郷土誌編集委員会 1964 309p 22cm
田奈小学校創立90周年を契機として昭和39年(1964)に刊行。長津田・恩田・奈良を総称する田奈地域の移り変わりを学校教育、産業・交通・文化などの事項別に記述している。子どもの国、多摩田園都市の開発事業にも触れている。特別資料として村の先覚者事蹟を付す。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


田奈の郷土誌 続 「続・田奈の郷土誌」編集委員会/編 「続・田奈の郷土誌」編集委員会 1966 240p 22cm
『田奈の郷土誌』の内容の補足と追加を目的として昭和41年(1966)に刊行された。「明けてゆく田奈」として、恩田の土地区画整理事業、東名高速道路の着工、子どもの国開園の記述がある。また、「田奈部隊始末記」として旧陸軍田奈部隊の設立から終わりまでがまとめられている。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


中里郷土史 中里郷土史編纂委員会/編  中里農業協同組合 1969 415p 22cm
中里農業協同組合発足二十周年記念事業として昭和44年(1969)に刊行。中里地区は、明治22年(1889)〜昭和14年(1939)に横浜市に合併されるまで中里村と称された地域を指す。通史編と部落編、農業協同組合史で構成されている。通史編は縄文時代から昭和40年代までの中里地区の歴史を編年体で記述、部落編は昭和14年に独立した13の町それぞれの民俗などについて記述されている。
索引: 年表:昭和26年(1951)〜昭和44年(1969) 中里農業協同組合の重要な処理事項 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報: 所蔵情報


横浜緑区史 資料編 第1巻 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1985 665p 26cm
緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を知る上で欠かせない基本資料。昭和59年(1984)の区制15周年の記念事業として区史の編纂が計画され、昭和60年(1985)に刊行。資料編では、原始・古代・中世は時代区分ごと、近世・近代・民俗は項目ごとに資料を収録している。第一巻は、先土器・縄文時代の考古資料、平安・鎌倉時代の史料、近世の検地帳や宗門人別改帳、近代の地誌、物産表、新治村々勢概要、神奈川県都筑郡統計書などを収録。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


横浜緑区史 資料編 第2巻 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1986 509p 27cm
緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を知る上で欠かせない基本資料。昭和59年(1984)の区制15周年の記念事業として区史の編纂が計画され、昭和61年(1986)に刊行。資料編では、原始・古代・中世は時代区分ごと、近世・近代・民俗は項目ごとに資料を収録している。第二巻は、弥生・古墳・奈良・平安時代の考古資料、南北朝・室町・戦国時代の史料、近世の助郷文書、近代の教育資料、日刊新聞の世相記事などを収録。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


多摩田園都市 開発35年の記録 東京急行電鉄株式会社田園都市事業部/編 東京急行電鉄 1988 549p 図版20枚 29cm
東京急行電鉄株式会社が多摩田園都市の開発30周年を機に編纂を始め、刊行した。昭和28年(1953)から昭和63年(1988)までの開発の様子を、図や写真を多用し、詳細に記述されている。昭和30年代以降の町の変遷が土地開発の歴史と重なる青葉区を知る主要資料の1つ。土地区画整理事業、人口・世帯数の変遷などの資料、年表も充実している。
索引: 年表:大正7年(1918)〜昭和63年(1988) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


都筑の民俗 横浜市・港北ニュータウン郷土誌 港北ニュータウン郷土誌編纂委員会/編  港北ニュータウン郷土誌編纂委員会 1989 852p 図版14枚 27cm
港北ニュータウン周辺地域を知るための基本的資料で、『吉田沿革史』に続く二冊目となり、民俗編の位置づけ。十年にもわたる港北ニュータウン旧集落の民俗的な調査の成果が、豊富な写真・概念図などとともに、詳説されている。同地域での教育委員会・横浜北農業共同組合などによる過去の民俗調査の成果も盛り込まれている。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


歴史の舞台を歩く 横浜・緑区 相沢雅雄/著 昭和書院 1991 159p 25cm
平成6年(1994)に再編成される前の緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を山内、中里、田奈、新治、都田の5つのエリアに分け、遺跡や史跡、神社仏閣、石碑のいわれや伝説、その地域ゆかりの人物などをそれぞれ10項目前後取り上げて紹介している。歴史散歩をする時の参考になるようにとの意図で作られており、1項目を見開き1ページでわかりやすく紹介、写真も多数使用されている。
索引: 年表:明治元年(1868)〜平成2年(1990) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


横浜緑区史 通史編 緑区史編集委員会/編 緑区史刊行委員会 1993 921,521p 27cm
緑区(現在の青葉区と都筑区の一部を含む)を知る上で欠かせない基本資料。昭和59年(1984)の区制15周年の記念事業として区史の編纂が計画され、平成5年(1993)に刊行。通史編は、原始・古代から平成3年頃までの歴史を編年体で詳説している。年中行事や信仰といった民俗についてもまとめられている。
索引: 年表:先土器時代〜平成3年(1991) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


山内のあゆみ 石川編 横溝潔/著 音羽書房 1996 357,22p 26cm
タウン紙『たまプラーザ』に「山内のあゆみ」として連載された驚神社と石川の集落についての記事を加筆訂正し、古代から近代までの石川の通史をまとめた「石川のあゆみ」、「石川の石造物と民間信仰」、「現代の石川」の項目を追加して平成8年(1996)に刊行された。
索引: 年表:承久3年(1221)〜平成7年(1995) 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報 所蔵情報


ハマ線地名あれこれ 横浜篇 相沢雅雄/著 230クラブ新聞社 1996 256p 21cm
神奈川区、港北区、都筑区、緑区、青葉区の横浜線沿いの町名を題材に、地名の由来、歴史、行政沿革、そこで活躍した人物にまつわる話や神社・寺院の縁起、伝承などがコンパクトにまとめられている。(社)神奈川法人会の会報に『管内の地名あれこれ』と題して連載したものをベースに加筆及び一部修正をして、平成8年(1996)に刊行された。
索引: 年表: 参考文献: 本文PDF:
目次情報 写真情報 地図情報: 所蔵情報

ページトップへ

横浜市トップメニュー > 教育委員会 > 横浜市立図書館トップページ > 横浜の郷土資料を探す > 横浜市 教育委員会 横浜市立図書館 青葉区関連資料目録