2015年10月

前の月 << 10月 >>次の月
タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます
種類タイトル著者出版社
えほん アンドルーのひみつきち ドリス・バーン 岩波書店
えほん クラゲすいぞくかん クラゲかんちょーのクラゲじまん 村上龍男
なかのひろみ
ほるぷ出版
物語 白いイルカの浜辺 ジル・ルイス 評論社
使用している表紙画像は出版社より使用許可を得たものです。無断転載はできません。

<えほん>
小学校中学年から
アンドルーのひみつきち
 「アンドルーのひみつきち」の表紙画像

ドリス・バーン/文・絵
千葉茂樹/訳
岩波書店
2015年7月発行
ページ数:1冊(ページ付なし)
本体価格:1300円

アンドルーはものづくりが大すき。でも、家族はめいわく顔。そこで道具を持って森へ行き、はらっぱにひみつきちを作った。そのうちに、子どもたちが次々とやってきた。アンドルーは、一人一人にぴったりのひみつきちを作ってあげたんだ。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<えほん>
小学校低学年から
クラゲすいぞくかん クラゲかんちょーのクラゲじまん
「クラゲすいぞくかん クラゲかんちょーのクラゲじまん」の表紙画像 村上龍男/しゃしん
なかのひろみ/ぶん
ほるぷ出版
2015年6月発行
ページ数:31p
本体価格:1300円

ここはクラゲすいぞくかん。ピアノくらいおおきなもの、にじ色(いろ)に光(ひか)るもの、どくばりじまんに、くいしんぼう。クラゲのせかいは、ふしぎがいっぱい。クラゲかんちょーといっしょに、見学(けんがく)にしゅっぱつ!64しゅるいの くらげを うつくしいしゃしんで しょうかいしています。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
中学生から
白いイルカの浜辺
「白いイルカの浜辺」の表紙画像 ジル・ルイス/作
さくまゆみこ/訳
評論社
2015年7月発行
ページ数:294p
本体価格:1600円

父さんと入り江の町に暮らすカラ。野生のイルカの調査中に行方不明になった、母さんの帰りを待っている。ある日、傷ついたイルカの子が岸に乗り上げた。海で母イルカが待っている。「助けたい!」カラの思いがまわりの人を動かし始める。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●