2013年12月

タイトルをクリックすると、くわしいしょうかいへとびます
種類タイトル著者出版社
えほん ピッキーとポッキーのはいくえほん あんざいみずまる 福音館書店
物語 青い鳥 メーテルリンク 講談社
使用している表紙画像は出版社より使用許可を得たものです。無断転載はできません。

<えほん>
幼児から
ピッキーとポッキーのはいくえほん おしょうがつのまき
「ピッキーとポッキーのはいくえほん」の表紙画像

あんざいみずまる/え

あらしやまこうざぶろう/ぶん

福音館書店

2013年11月発行

ページ数:26p

本体価格:900円

おしょうがつ、ピッキーとポッキーは やぎせんせいに「はいく」を おそわりました。いつつ、ななつ、いつつの おとのことばでつくる みじかいしです。
「しんねんは なにかいいこと ありそうだ」
「かぜよふけ たこたこあがれ やまのうえ」
ピッキーとポッキーの本(ほん)3さつめ。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●


<物語>
小学校高学年から
青い鳥
「青い鳥」の表紙画像

メーテルリンク/作

江國香織/訳

高野文子/絵

講談社

2013年10月発行

ページ数:311p

本体価格:680円

貧しい家の兄妹チルチルとミチルは、妖精(ようせい)にたのまれて、青い鳥を探(さが)す旅に出ることになりました。渡(わた)されたのは、ものごとのほんとうの姿(すがた)がみえる帽子(ぼうし)。かざりのダイヤモンドをまわすと、犬や猫がしゃべりだし、光の精があらわれました。

●リストへもどる● ●しょぞうじょうきょうを見る●